• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • ミュンヘン安保会議

    2019-02-19 22:59
    103pt

    昨年に次いでミュンヘン安保会議に出席しました。

    2月15日
    01:05 羽田発

    05:35 フランクフルト着

    07:25 フランクフルト発

    08:15 ミュンヘン着

    10:30 日韓外相会談
    ダボス会議以来、今年二回目の外相会談になりました。

    msc1

    11:30 打ち合わせ

    12:15 昼食

    14:00 日エジプト外相会談
    AUの議長国エジプトとは今年のTICAD7で協力していきます。

    msc12

    15:00 パネル・ディスカッション「防衛協力」
    ノルウェーの首相、ポーランドとカナダとフランスの外相、リンゼイ・グラム米国上院議員と私の六人でパネルを務めました。

    msc123

    欧州における防衛協力、大西洋を挟んだ防衛協力、インド太平洋における防衛協力の三つのテーマで議論が行われました。

    17:30 日ラトビア外相会談
    ミュンヘン安保会議に出席した外相、国防相同士のバイの会談が多く、会場となっているホテルの場所に制約があるため

  • ダバオ出張

    2019-02-14 17:00
    103pt

    日本人がフィリピンのダバオに移住を開始したのは1903年、そしてダバオにはかつてはアジアの中で最も日本人が多く住んでいたこともありました。

    戦後、日系フィリピン人の中には、日系人ということが知られると迫害を受けるということから、山奥に逃れ住んだ人も多くいます。

    その後、再び日系フィリピン人というアイデンティティが大切にされるようになりました。

    そして、ダバオにはフィリピン日系人会インターナショナルスクールが設立され、日本語教育や日本式の教育が取り入れられるようになりました。

    また、ミンダナオ国際大学(MKD)が設立され、幼稚園から大学までの日本語教育、日本式教育ができるようになりました。

    また、ミンダナオではイスラム系の住民による独立闘争が長年続いていました。 そして、近年、ISの影響がこの地域にもおよび、ミンダナオ島のマラウィでは、国軍・警察と、ISとつながるグループとの間で武力衝突も起

  • おすすめの一冊

    2019-02-07 21:35
    103pt

    久しぶりのおすすめの一冊です。

    「旧約聖書を推理する 本当は誰が書いたのか」
    リチャード フリードマン著

    原作は「Who Wrote the Bible?」 by Richard Elliot Friedman

    私が卒業したジョージタウン大学は、1789年にカトリックのイエズス会が創設した大学です。

    学部を卒業するためには、神学を2科目履修しなければなりません。

    「神の問題」または「聖書学入門」のどちらかが必修で、さらにもう一科目とらなければなりません。

    私は「聖書学入門」をとり、旧約聖書を読むことになりました。

    この授業の内容は、聖書はどうやって書かれたのかということでした。

    旧約聖書の最初の5書をモーゼ五書(創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記)といいますが、これはモーゼが書いたということになっています。

    でもモーゼの死の場面が書かれていたり、モーゼは最も謙虚な人物だと書かれてい