• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 記者会見 12月6日

    2022-12-07 12:2216時間前
    105pt

    おはようございます。

    まずは国家公務員制度担当大臣として、国家公務員の育児休業の取得状況についてご報告いたします。

    まず育児休業につきまして、昨年令和3年度に新たに育児休業を取得した男性の職員の割合が34.0%と第5次「男女共同参画基本計画」の目標30%を上回りました。

    ただ省庁毎に取得状況には極めて大きな差があります。

    もちろん業務の内容や職場環境によるところもあると思うんですけども、目標に達していない組織、特に大幅に未達になっているところには、早期に達成できるように努力をしていただきたいと思っております。

    またおかげさまで目標を達しているところ、大幅に超えている組織、いろいろありますが、目標を既に達成してしまったところは目標を引き上げて、より一層努力をしていただきたいと思っております。

    どういう目標に新たにしていくかは、これから検討していきたいと思っております。

    男性職員に対して、育児

  • 記者会見 12月2日

    2022-12-02 19:31
    105pt

    おはようございます。

    まず消費者担当大臣として、「寄附の不当な勧誘の防止に関する法案」を閣議決定をいたしました。

    法人などからの寄付の勧誘を受ける個人の権利を保護するという観点から、不当な勧誘を禁止し、不当な勧誘を行う法人などに対する行政上の措置を定めます。

    また、寄附の意思表示の取り消しの範囲を拡大します。

    それから扶養義務などに係る定基金債権の保全のための債権者代位権、これの行使に関する特例を創設をいたします。

    悪質な寄附被害の予防、あるいは救済を図るため、この国会で成立を期して万全の対応をしていきたいと思っております。

    一昨日、第16回になりますデジタル臨調の作業部会におきまして、コンビニ業界における年齢確認のガイドラインを議論していただきました。

    コンビニでは、セルフレジの導入が進んでおりますが、セルフレジでは酒・たばこの年齢確認をどうするのかというのが課題になっておりました。

    日本

  • 記者会見 11月29日

    2022-11-30 23:23
    105pt

    今日は冒頭3件です。


    まずマイナンバーカードと健康保険証の一体化に関する検討会についてお知らせをいたします。


    マイナンバーカードと健康保険証の一体化のメリットをなるべく早期に実現するために、2024年秋に保険証の廃止を目指すということにしております。


    保険証の廃止後は、マイナンバーカードで保険診療を受けていただくということになります。


    このため、デジタル大臣・総務大臣・厚生労働大臣による『マイナンバーカードと健康保険証の一体化に関する検討会』を設置いたします。


    マイナンバーカードの取得が困難な方へのカードの交付手続の見直しですとか、マイナンバーカードを失くしてしまったときのような例外的なケース、資格を確認する方法の更に細部への対応を充実させることについて検討していきたいと思っております。


    12月上旬に初回の会議を実施する予定にしております。


    検討会のもとに医療関係者などを含め