• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

租税条約
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

租税条約

2019-06-09 22:34
    日本は、現在、71カ国・地域と租税条約を、11カ国・地域と租税情報交換協定を結び、96カ国・地域が締約国となっている税務行政執行共助条約に加入しています。
     
    これにより、金額ベースで、すでに日本からの直接投資残高の99%をカバーしています。
     
    租税条約では、進出先の国は、進出企業の事業利得に対して、恒久的施設(支店・代理人等)がなければ課税することができないことを規定しています。(注1)
     
    また、租税条約は、企業の配当・利子・使用料に対する投資先国での課税を制限します。
     
    そうしたことに加えて、脱税の防止のための当局間での情報交換に関する国際標準に沿った規定を設けたり、お互いの国での税の徴収について相互に支援を行うための規定を導入したりしています。
     
    企業にとっては租税条約があることで、進出先国における課税所得の範囲が明確になり、法的安定性や予見可能性が高まるとともに、投資所得については投資先国にお
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。