• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

不発弾処理
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

不発弾処理

2020-07-01 21:43
    2019年度に自衛隊が行った不発弾処理は、陸上で発見されたものの処理件数1,441件、処理重量約33トン、海上における爆発性危険物の処理個数が509個、処理重量は約3.5トンでした。
     
    不発弾処理に関しては、処理件数、処理重量ともに沖縄県が占める割合が大きく、2019年度では処理件数が529件、処理重量は約18トン、それぞれ全体の37%と55%を占めています。
     
    海上における爆発性危険物(魚雷・爆雷・爆弾・砲弾など)の処理は年による変動が大きく、阪神淡路大震災の港湾復旧作業が行われていた1995年度、1996年度には1,074トンもの処理が行われ、2006年度には舞鶴西港の工事で94,448個もの爆発性危険物が発見され、2016年度には横須賀港の工事で、やはり20,000個を超える爆発性危険物が発見され、処理されています。
     
    この他、海上では機雷の処理が行われますが、2019年度はありませんでし
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。