• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

災害救助の求償書類
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

災害救助の求償書類

2021-03-08 22:00
    大きな地震や集中豪雨などが起きた場合、災害救助法に基づき、被災した自治体以外の都道府県等が救助の応援を行うことがあります。

    その場合、応援した自治体は、後日、被災自治体に自治体職員の旅費や人件費をはじめ救助費用を求償することになっています。

    ところがその際、統一された書式がなく、被災自治体が独自に定めた様式で書類を作成しなければなりません。

    また、レシートなどの莫大な証拠書類を手作業で分類し、手計算することになります。

    応援した自治体は、派遣先ごとに異なる様式で求償書類を作成してきました。

    さらに被災自治体は、各応援自治体から送付された証拠書類を確認する必要がありますが、たとえば熊本地震の時にはそうした書類が引越用段ボール20箱分にもなりました。

    こうしたことから、内閣府防災と調整し、救助事務費に関する様式は3月中に統一様式を作成し、自治体に通知します。

    求償事務については、3月中にシステ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。