• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

災害復旧事業における写真撮影の合理化
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

災害復旧事業における写真撮影の合理化

2021-05-03 21:31
    縦割り110番に「災害復旧事業における写真撮影の合理化」についての要望がありました。

    地方自治体が維持管理する施設が被災し、それを復旧するための事業費の一部を国が負担する場合、地方自治体は、施設の被災状況を示す写真を国に提出しなければなりません。

    被災した場所の写真を撮る場合、測量の目標や尺度として用いる赤白二色のポールを設置することが規定されています。

    そのため、二次災害のおそれがあるような危険な場所でも、写真を撮るために自治体の職員が立ち入り、ポールを設置し、写真を撮って、その後に再度その危険な場所に入って撤去しなければなりません。

    こうした状況を改善するため、私の直轄チームのメンバーが農林水産省や国土交通省と調整したところ、
    「ポールを現場に設置せずとも、撮影後の写真において、起点、終点などを記載したものを用いるなど、起点、終点の位置が明確に分かればどのような方法でも構わない」
    との
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    ごまめの歯ぎしり メールマガジン 応援版 (ニコニコ)
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:2021-05-08 16:47
    チャンネル月額: ¥770 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。