• このエントリーをはてなブックマークに追加
弁理士試験
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

弁理士試験

2021-09-12 14:11
    縦割り110番に、弁理士試験の負担軽減についてご要望が寄せられました。

    弁理士試験では、関係する博士・修士の学位を有する方については、論文選択科目の試験を免除できることになっています。

    2020年度は、332名が免除申請をしました。

    免除を受けるには、事前に審査を受ける必要がありますが、その際に「学位論文概要証明書」の提出が求められます。

    「学位論文概要証明書」は、膨大な論文を1000字程度にまとめたうえで、指導教授の署名をもらうことが必要です。

    そのため、論文を1000字程度にまとめて、母校へ郵送し、送り返されたものを提出しなければなりません。

    指導教授が退職あるいは異動している場合は、後任の教授や研究科長に署名を依頼する必要があるので、関係者も含めて負担が大きいようです。

    そのため2021年10月以降は、「学位論文概要証明書」に代えて、論文そのままの写しの提出でもよいことになりました。
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。