• このエントリーをはてなブックマークに追加
原油を巡る情勢
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

原油を巡る情勢

2022-06-17 00:04
    ロシアのウクライナ侵攻に端を発した原油価格の上昇は、WTI原油の5月の平均価格が109.60ドル/バレルまで上昇するにいたりました。

    2022年のここまでの平均価格も98.95ドルに達しています。

    21世紀に入ってからのWTI原油価格の年次平均の推移をみてみると
    25.92 2001(ドル/バレル)
    26.09 2002
    31.11 2003
    41.44 2004
    56.44 2005

    66.04 2006
    72.28 2007
    99.56 2008
    61.65 2009
    79.43 2010

    95.05 2011
    94.16 2012
    97.94 2013
    93.11 2014
    48.71 2015

    43.19 2016
    50.91 2017
    64.82 2018
    57.01 2019
    39.31 2020

    67.96 2021
    98.95 2022

    2020年末の世界の原油生産
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。