• このエントリーをはてなブックマークに追加

このチャンネルに入会する

今後の生放送予定

1日後

放送予定 10/28 19:00 - 

【ポリタスTV 10/28】 1⃣私たちの選択――ポリタスTV 総選挙SP(5) 2⃣辻田真佐憲さん @reichsneet との月イチ時事放談 今月は社会学者の宮台真司さん @miyadai を特別ゲストに迎え、総選挙と選挙後の日本について語ります。 #ポリタスTV 【出演】...

メールマガジン最新記事

  • 【芸術監督はつらいよ】津田大介の「メディアの現場」vol. 457

    今年の10月で、あいちトリエンナーレ2019が閉幕して丸2年。あいトリで起こった騒動や、その後に起こったリコール署名問題、負担金をめぐる訴訟などについてはポリタスTVやメルマガでも語ってきましたが、不自由展以外の展示の舞台裏や芸術監督の苦労については、じつはそれほど話せる場がありませんでした。そこで、今年7月末、あいトリ2019の開幕から丸2年を記念して、あいちトリエンナーレ2013の芸術監督を務めた五十嵐太郎さん(@taroigarashi)をゲストに、あらためてあいトリ2019を振り返ったトークを採録します。相手が五十嵐さんだからこそ話せた初めて明かすエピソードも多いですし、さすがにこの先、あいトリについてここまで真正面から語る機会はないだろうと思うので、楽しんでいただけると幸いです。

    13時間前

  • 【福島から見たコロナ禍】津田大介の「メディアの現場」vol. 456

    コロナ禍が長引くなか、コロナの危険性やワクチンの安全性をめぐってSNSでは情報が錯綜し、人びとが分断されています。この状況は、原発事故後の福島をめぐる状況とよく似ているのではないか。コロナのパンデミック当初からそんな指摘がなされていました。たしかに原発事故でもコロナでも、政府や行政が的確な情報発信をできず、世の中に玉石混交の情報があふれていく状況には既視感があります。そこで今回は、原発事故の直後に福島でボランティア団体を立ち上げた安東量子さん(@ando_ryoko)をゲストに、危機下におけるリスクコミュニケーションのあり方について、福島での経験をふまえてお話をうかがいました。

    2021-09-30

過去の生放送

最新動画

2021/03/11 19:10 投稿

【3月11日配信】東日本大震災から10年|この10年被災地を取材して見えてきたことと、メディア状況の変化が社会にもたらした影響 #ポリタスTV(3/11)

【ポリタスTV】今夜は1⃣東日本大震災から10年2⃣この10年被災地を取材して見えてきたこと3⃣メ...

再生 145

コメ 0

マイ 1