• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

このチャンネルに入会する

今後の生放送予定

次回放送予定をお待ちください。

メールマガジン最新記事

  • 【津田大介が選ぶ2018年重大ニュース】津田大介の「メディアの現場」vol. 331

    今年3月、朝日新聞が森友問題をめぐる財務省の文書改ざんをスクープ。同月、安倍政権が放送番組の政治的公平性などを定めた放送法4条の撤廃を検討しているとの報道があり、波紋を広げます。7月には新潮社の総合誌『新潮45』が「『LGBT』支援の度が過ぎる」という論文を掲載して炎上。その後、同誌は休刊に至りました。さらに10月にはシリアで拘束されたジャーナリストの安田純平さんが解放されて帰国し、議論を呼ぶなど、今年もメディアをめぐるさまざまなニュースが注目されました。そこで「メディアはいまのままで大丈夫なのか」をテーマに、ノンフィクション作家の吉岡忍さん、ジャーナリストの大谷昭宏さん、東京大学大学院情報学環教授の林香里さんに2週にわたってお話を伺いました。後編となる今回は、新聞と放送の未来について考えます。

    2018-12-31

  • 【2018年メディア業界総括】津田大介の「メディアの現場」vol. 330

    今年3月、朝日新聞が森友問題をめぐる財務省の文書改ざんをスクープ。同月、安倍政権が放送番組の政治的公平性などを定めた放送法4条の撤廃を検討しているとの報道があり、波紋を広げます。7月には新潮社の総合誌『新潮45』が「『LGBT』支援の度が過ぎる」という論文を掲載して炎上。その後、同誌は休刊に至りました。さらに10月にはシリアで拘束されたジャーナリストの安田純平さんが解放されて帰国し、議論を呼ぶなど、今年もメディアをめぐるさまざまなニュースが注目されました。そこで「メディアはいまのままで大丈夫なのか」をテーマに、ノンフィクション作家の吉岡忍さん、ジャーナリストの大谷昭宏さん、東京大学大学院情報学環教授の林香里さんに2週にわたってお話を伺いました。前編となる今回は、『新潮45』問題と雑誌の未来について考えます。

    2018-12-30

過去の生放送

最新動画

2015/04/24 12:14 投稿

【野添剛士×加藤友規×津田大介】イノベーション・エンジン Vol.3

アークヒルズサウスタワーを舞台にイノベーターが集う セミナーシリーズ「イノベーション・エ...

再生 464

コメ 0

マイ 3