• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 【ゴミ問題をおさらいしよう~中編~】ウラノミ!! ブロマガ 第249発目

    2019-01-17 13:00
    162pt
    bc80af2d0b39b416fbddce7b2161dc7a10333223

    引き続き「ゴミ問題」のおさらいです!お笑いコンビ・マシンガンズと並行してごみ収集会社の正社員としても働く滝沢 秀一先生をお招きして、N高では珍しく(?)有意義な授業をお届けしています。「なるほど!」と思った知識は、今すぐ生活に役立てていきましょう!


     
    「ゴミを集める人のお仕事」

    続いては、収集作業員の方お仕事についてです。清掃業は「行政サービス」の一環ですが、自治体に勤務する公務員、民間社員、民間非正規などいくつかの形態があるとのこと。

    清掃業界の仕事の流れは①自治体から下請け会社に委託②下請け会社が回収しきれないゴミを孫請け会社に委託③作業員派遣会社が、下請け会社または孫請け会社から依頼を受けて作業を行う…という仕組みになっているそうです。

     
  • 【ゴミ問題をおさらいしよう~前編~】ウラノミ!! ブロマガ 第248発目

    2019-01-10 13:00
    162pt
    efb4a62966bbeb51f2d8f37b1fe9a6f22a9a615a

    11/27配信「西川学園高等学校、略してN高!」は、お笑いコンビ・マシンガンズのツッコミであり、現在はごみ収集会社の正社員としても働く滝沢秀一先生をお招きして、「ゴミ問題」について学びました。すべての人の生活に密接した今回のテーマ…じっくりしっかりおさらいしていきましょう!


     
    もうすぐゴミの捨て場がなくなる!?

    毎回さまざまなテーマでお届けしているN高ですが、11月の題材は「ゴミ問題」。珍しく社会派な切り口の特集です。

    2018年7月、「微細なプラスチック製ゴミによる環境汚染への懸念が高まっている」として、あのスターバックスが、2020年までに世界中の店舗でプラスチック製の使い捨てストローの使用全廃を発表。今、ゴミに関する問題は世界が抱える共通の重要課題なのです。

    もちろん、ゴミの問題はストローの話だけではありません。例えば、東京23区では「燃えないゴミ・燃やさないゴミ」などを東京湾の埋め立て処分場に捨てているわけですが、長年に渡ってゴミを埋め立て続けてきた結果…現在使っている東京湾内の新海面処分場がいっぱいになったら、もうゴミを捨てられなくなる事態に。現在のペースでゴミを埋めていった場合、限界を迎えるのは50年後の計算といわれています。

    そして、この東京23区のケース以上に深刻なのが地方。地域によっては、海ではなく山に埋めて立てる所もあり、山の場合は新たな処分場の設置には厳しい条件があるため、もうあと20~30年で限界が来るところも…このままだと次世代の時代には、ゴミが行き場を失う事態が待っているのです…!
       
  • 【「サムシング・ロッテン!」開幕記念 西川貴教金言プレイバック~ミュージカル編②~】ウラノミ!! ブロマガ 第247発目

    2019-01-03 13:00
    162pt
    48670cd483020632449123a55a2a7a8ffd95a512

    新年あけましておめでとうございます!2019年も『西川学園高等学校~略してN高』、『放課後』、そして『ウラノミ‼ブロマガ』をよろしくお願いします。

    昨年、東京での19公演を終えた西川貴教出演ミュージカル「サムシング・ロッテン!」ですが、1月11日(金)~14日(月・祝)にはオリックス劇場での大阪公演がスタートします!今回のブロマガでは前回に引き続き、過去の取材の中からミュージカルに関する西川チャンの金言を振り返っていきます。


     
    ミュージカルで勉強になる点について

    西川 ミュージカルをやらせてもらって勉強になるなって思うことは多いですよ。いつも思う。なんていうか、普段の活動というのは、僕が中心になって考えるものが多いわけで…「作・演出・主演」みたいな部分があるじゃないですか。迷った時にも、ある意味では僕ひとりで判断したり、決着をつけられる部分がある。

    でもミュージカルの現場だと、自分がこう思うからとか、自分ができていると思うからOK、とはいかない。周りと合わせていかないといけないわけです。自分だけテンションが高くても浮いてしまうし、自分のセリフを追うだけだったり、完璧に覚えているだけでもダメだし…そこまでの流れを聞いて、呼吸を合わせていかないとね。ただセリフを言うだけだと観ている人が冷めてしまうし、あの人だけ「全然(会話を)聞いてないじゃん」って分かるんだよね。

    だから感覚としては、その舞台が始まった瞬間から最後まで、一本のバトンをどんどん次の人に渡していく…みたいな感じなんだよね。駅伝のリレーみたいなね。何よりも、観てくれた人に楽しく笑ってハッピーになってもらいたいわけだから、「苦労しただろうな~」とか「大変だったろうな~」みたいな空気は必要ないし、それが出たら楽しめないしね。