• このエントリーをはてなブックマークに追加
そば畑を見ながらそばを食べる…至福のときをご紹介。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

そば畑を見ながらそばを食べる…至福のときをご紹介。

2015-06-08 15:00
    ●埼玉県狭山市地域編集長 ディー・ノイシの記事をご紹介します!

    c9ae07b72f88a5df9af11a8b5466ef9af4980137

    埼玉県、秩父市街から彩甲斐街道を4kmほど下ると、この時期ならではの旬の風景が。
    荒川地区に広がる「そば畑」を見ながら、屋外で食べられる本場の「秩父蕎麦」をご紹介します。



    6a6a2c41a9d3356764cb6fdf081acab4b50ec41c

    「ちちぶ花見の里」を見ると、そば畑の奥に横たわる“牛舎”のようなものが。
    近づくと、そこには「秩父蕎麦」を提供する店舗の存在が確認できます。



    14b9d022be1b089f768df808b0b2c9c61ced4465

    秩父連山や武甲山に挟まれた盆地に位置する「ちちぶ花見の里」。
    近くを流れる荒川の清涼感、吹き抜ける心地よい風を感じることができます。
    魅力的かつ贅沢なロケーションで食べられる秩父蕎麦は格別の味です。


    メニューはシンプル。
    もりそば、天ぷら、そば粉の入った花見やきの3種類。

    be27cc7535e035aaa68f873b91a5ad68fb8368f1

    ▲目の前の畑で採れた“二八そば”です

    bc9a36abdea61057049d3979e683dfb7447ada84

    ▲地場産野菜を使った天ぷら

    376f2bd751b49191d6b44bb1e776759c463a3ca2

    ▲とん平焼きのようなモッチリ感が特徴です



    af3b31db07fbed32bfcf78f838970c33886b6aea

    締めの蕎麦湯を口にしながら目を閉じると、実に爽快な気分に。
    そば畑は、6月上旬が見ごろとのことです。

    cebb3066824a4a3db240e5b4706fc3f77217f1c2

    ▲左を見渡せば秩父武甲山

    0693535deaacd08c3aa99624cb985c3189a6b0fa

    ▲情景を引き立てる秩父鉄道のローカル音

    ddf2124963bdc03410bca371a836fbb194c9fe89

    ▲1周約450mのそば畑です!


    【ちちぶ花見の里】
    住所/ 秩父市荒川上田野413-3
    もりそば/ 500円
    天ぷら/ 100円
    花見やき/ 100円
    最寄り駅/ 秩父鉄道 武州中川駅(徒歩約10分)
    詳細HP/ http://navi.city.chichibu.lg.jp/p_sightseeingr/898/



    ※埼玉県狭山市地域編集長 ディー・ノイシの記事はこちらから読めます。
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。