• このエントリーをはてなブックマークに追加
キャンパスクイーンが新型プリウスの「車庫入れ駐車機能」を試してみた!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

キャンパスクイーンが新型プリウスの「車庫入れ駐車機能」を試してみた!

2016-02-19 09:49
    みなさんこんにちは。ウォーカー編集部です。
    2月20日(土)発売の東京ウォーカーでは、「春の鎌倉を巡る」ドライブプランを掲載。イチゴ狩りをはじめ、鎌倉グルメや名所を訪ねる企画です。ぜひご一読ください!

    9c90e447fb00771b1d5b2fa3b6cde3d6cbe98d4c

    さて、今回ドライブを共にしたクルマは、昨年12月末に発売した話題の新車、トヨタの4代目プリウス!
    一日中、このクルマに乗って実際に鎌倉を巡りましたが、車内は静かで長時間の移動でも快適。取り回しもよく、とても快適なロケでした。途中、何度か渋滞にハマったり、道に迷ったりしたけれど……。

    f91201ab40fba0beb2e9d9da6246c2eb84e02e20

    プリウスは世界初の量産型ハイブリッド車としても知られていますが、実はもう一つ、世界で初めてがあります。それは、2003年発売した2代目に搭載した、駐車時のハンドル操作を自動化する「インテリジェントパーキングアシスト(IPA)」。この機能は進化を続け、新型プリウスでは、車庫入れ駐車の他、縦列駐車と、その出庫に対応する「シンプルIPA」を搭載しています。
    そこで実際に「車庫入れ駐車機能」を、今回の誌面でモデルを務めた、成蹊大学ミスコン2014グランプリの岡田彩花さんと、獨協大学ミスコン2015グランプリの井上綾夏さんに試して頂きました!
    ※シンプルIPAは安全運転をサポートする機能ですので、シフトレバー・アクセル・ブレーキ操作は自身で行う必要があります。



    ちゃんと切り替えしをして、枠にキッチリ納まりました。運転席に座った岡田さんは「3年ぶりに運転席に座って緊張しましたが、わたしにも車庫入れすることが出来るなんて!技術の進歩に感動しました!!」と、勝手に動くハンドルに大興奮! 

    車庫入れって、慣れないと難しいですよね。これなら、ペーパードライバーの方でも、安心して車庫入れができますから、おでかけが苦にならないかも!ホントに便利なので、ぜひ活用してください!

    ■トヨタ・プリウス

    ■東京ウォーカー最新号はこちら
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。