• このエントリーをはてなブックマークに追加
5:00~14:00の間だけ有料の謎とはいったい?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

5:00~14:00の間だけ有料の謎とはいったい?

2015-06-20 15:00
    ●埼玉県狭山市地域編集長 ディー・ノイシの記事をご紹介します!

    蓮のシーズンを迎える時期になりました。
    埼玉県内で蓮を観賞できるスポットとして有名な「古代蓮の里」
    6/20から本格的な営業が開始。


    現地で目にした“駐車場の看板”には
    「5:00~14:00までの時間帯、有料となります」の文字。

    「14:00以降はタダじゃん」とも解釈できます。
    一体、何を意味しているのでしょう…。



    ■古代蓮の里

    3843d5a15d97e202d5247f94b339aa126918186c

    住所:埼玉県行田市小針2375番地
    TEL:048-559-0770
    開花期間:6月20日~8月2日
    アクセス:JR行田駅および秩父鉄道行田市駅から市内循環バスに乗車(25分程度)
    下車:古代蓮の里バス停(運賃200円)
    車:熊谷バイパス・渡柳交差点を東方向(約3km) 国道125号線・下須戸交差点を南方向(約1km)


    ■蓮の開花時間と関係が

    af6e3c48479641e604b75a1507effcaaa1d0b25c

    蓮はピークを迎えると、午前7時から9時にかけて花びらを開かせます。
    その後は花びらを閉じ蕾の状態に戻り、お昼時には開花活動を終えているというのが一般的です。


    というわけで、あっけなく謎が解明されてしまいましたが、
    せっかくですから「古代蓮の里」について少しだけご紹介。


    ・行田蓮

    a90e779183bdc1aa53eb963fc8fdba74ce2f2b57

    こちらで咲く古代蓮は通称「行田蓮」。
    花びらの数が少ない原始的な形態で、今から約1400~3000年前に誕生したといわれています。

    ・古代蓮の里

    b857ecdef85ae89741c98c567b573c0927dafe28

    古代蓮の里は、牡丹園をはじめ、梅林や桜などが点在する四季折々の自然と触れ合える場所。
    園内中央部に位置する展望タワーから、全景を見渡すことも可能。



    2f058f3f62d4b4a83f47eedc6a2482db278d33be

    「古代蓮の里」で名物の“うどん店”は、開花期間に合わせて大繁盛。
    期間中は、通常より早い時間から営業を開始するそう。



    5cba4d171c6463bc815c81f9ff1d7c2df9851108




    ※埼玉県狭山市地域編集長 ディー・ノイシの記事はこちらから読めます。
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。