• このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログの件名はいつも三田が考えていました【実務ブラック】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ブログの件名はいつも三田が考えていました【実務ブラック】

2013-12-02 12:00
    今までは私の文章ではありませんでした。今回からは私です。

    前回「まどかマギカ」に書くと言いましたが、もっと書きたい事が出来てしまいました。
    ネタバレ有りますので最後に軽く書いています。

    んで、今回の映画は「ばしゃ馬さんとビッグマウス」です。



    主演は麻生久美子と安田章大。安田章大とは関ジャニ∞の人です。
    関ジャニ∞、と初めてタイピングしました。「カンジャニエイト」と声に出したのも今が初めてです。∞と言ったら無限大だろうが。

    そんな関ジャニ∞童貞だった私はこの映画にとても感銘を受けました。
    「風立ちぬ」が「夢に囚われた天才」のお話でしたが、こちらは「可能性に囚われた凡才」のお話です。

    若い頃から脚本家を目指すも全く芽の出ない30代喪女(麻生久美子)と、口だけは達者で何も書こうとしない若造(安田章大)。
    この若造の方は「描かないマンガ家」にも通じるものがありますが、器根田刃先生ほど痛々しくはありません。

    ポスターなんかはライトな恋愛ものに見えるかもしれませんが、現実をドストレートでぶつけてくる殺人ビーンボール的な映画でした。
    「夢を追う」と言うは「現実を見据えた気になった現実逃避」なのかもしれません。
    私はまたも泣かされました。オススメです。

    この監督の前作「さんかく」も面白かった。



    高岡蒼甫、田畑智子、小野恵令奈(AKB)が主要キャストなのですが、
    それぞれ[ヘタレDQN][メンヘラ][ロリビッチ]と見事なまでにイメージ通りの役柄なんです。
    映画も100分以下ですので、気軽に痛々しさを楽しめます。超オススメです。




    以下まどかマギカに関して。(最後にネタバレ有ります)

















    ほむほむ≒バイオレンスジャックの身堂竜馬、と言うことでとても悲しいお話でした。
    でもオリジナルの「死すならば戦いの荒野で!」ラストがとても感動したので、私は複雑な感情を持ちました。
    まあ14歳だからやっぱり寂しくなっちゃうよね。
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。