• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Twitter

ブログ・メルマガ

  • (有料)10月16日までの家計の資産動向の週間レポート 安倍政権が決定した消費税10%の引き上げという最悪な政策の解説

      先週から10月16日までの家計の資産動向をまとめてレポートにしました。 また、家計の資産に影響を与える情報を掲載しました。 今回は 「安倍政権が決定した消費税10%の引き上げという最悪な政策」 について解説します。 <参考記事> ・安倍首相の消費税10%増税強硬表明 国民生活破壊宣言 しんぶん赤旗  10月16日 https://blog.goo.ne.jp/sugito-jcp/e/edf2380e1b98b9dc002f24c51d2ac7ba (以下有料)   クリックして拡散のための応援をお願いします ↓ 社会・政治問題ランキング      先週の家計の資産動向の一覧のレポートです。  先週から18日までの為替は、 ドル円は1ドル113.2円から112.18円と若干の円高ドル安。 ユーロ円は1ユーロ130.4円から1ユーロ129.92円とほぼ変わらず。 ↓ https://nikkei225jp.com/fx/ 先週の米国ダウ平均株価は2万6440ドルから2万5570ドルと若干下落。 ↓ https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?co...

    4時間前

    • 0 コメント
  • 【勉強会】11/3(土)IMFが金融危機の可能性を警告 トランプとFRBの対立 10月記事の解説

    2日前

    • 0 コメント
  • 【音声】さよなら金貸し戦争屋さま 前半 なぜ世界金融不安は起こりはじめたのか?

    2日前

    • 0 コメント
  • (有料)トランプ大統領が「株安はFRBのせい」と国際銀行マフィアFRBの独立性をけん制

    先週起こった世界同時株安はFRBの利上げのせいで起きたと トランプ大統領が批判した。 これは米国の大統領が国際銀行マフィアが作り上げた民間が 所有する中央銀行FRBを批判した珍しい事例である。 株価下落の背景と米国の政治とFRBの関係を解説する <参考記事> ・ 株安「FRBに責任」 米大統領、ドル高けん制  10月12日 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO36409500S8A011C1MM0000/ クリックして拡散のための応援をお願いします ↓ 社会・政治問題ランキング          (以下有料)   トランプ大統領がFRBの利上げのせいで世界同時株安が 起こったと批判した。 「FRBは狂っている」 とまで述べている。 先週、米国の株価は3日連続で続落し、7月23日以来の安値になった。 米国の株価に連動して日本も含めた世界中の株価が下落した。 この株価下落の原因をトランプ大統領はFRBの利上げに 求めている。 トランプ大統領は中間選挙前のこともあり、景気を過熱...

    3日前

    • 0 コメント
  • Twitter10月12日 ベネズエラの2018年インフレ率、137万%に達する見通しと原因等

    5日前

    • 0 コメント
  • (有料)国際高利貸しIMFがリーマンショック級の金融危機の可能性を警告

    9日にIMF国際通貨基金(国際高利貸しで米国の独占機関)が 米利上げなどの悪影響が本格化すればリーマンショック級の 金融危機が起こる可能性を指摘した。 そのことについて解説する <参考記事> ・ 新興国、11兆円流出の恐れ IMF報告 米利上げなどで 金融危機時に匹敵    10月10日 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO36300420Q8A011C1MM0000/ クリックして拡散のための応援をお願いします ↓ 社会・政治問題ランキング          (以下有料)   IMFが9日に発表した報告には以下の内容が書かれている。 ・この半年で世界の金融のリスクが高まった ・原因は米国FRBの金利引き上げや、米中の貿易摩擦の激化など ・その結果、新興国が資金流出に見舞われている ・さらに不安定要因が重なれば、5%の確立で新興国の市場から 年間で1千億ドル(約11兆円)以上の資金流出が発生 ・その規模は10年前に起きたリーマンショックに匹敵する規模になる ・新興国は資金流出に...

    6日前

    • 0 コメント
  • (有料)10月9日までの家計の資産動向の週間レポート 米国の10年物国債の金利上昇の背景と市場に与える影響

      先週から10月9日までの家計の資産動向をまとめてレポートにしました。 また、家計の資産に影響を与える情報を掲載しました。 今回は 「米国の10年物国債の金利上昇の背景と市場に与える影響」 について解説します。 <参考記事> ・ 「強い米景気」危うい楽観    米長期金利3.2%台 インフレ拡大警戒も    日本経済新聞 10月5日 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO36157060V01C18A0EA2000/ (以下有料)   クリックして拡散のための応援をお願いします ↓ 社会・政治問題ランキング      先週の家計の資産動向の一覧のレポートです。  先週から18日までの為替は、 ドル円は1ドル113.9円から113.2円とほぼ変わらず。 ユーロ円は1ユーロ131.5円から1ユーロ130.04円とほぼ変わらず。 ↓ https://nikkei225jp.com/fx/ 先週の米国ダウ平均株価は2万6760ドルから2万6440ドルと若干下落。 ↓ https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?c...

    2018-10-10

    • 0 コメント
  • ドストエフスキーの名著「カラマーゾフの兄弟」の大審問官の章におけるフリーメーソンに対する考察

    2018-10-09

    • 0 コメント
  • 【音声】さよなら金貸し戦争屋さま 後半 リーマンショックとは何だったのか?トランプと米国支配層

    2018-10-08

    • 0 コメント
  • (有料)イランへの経済制裁で世界的石油危機が起こりうるか、ロシアエネルギー相が発言

    米国のトランプ大統領がイラン産原油の全面輸出禁止を11月までに 実現するように各国に働きかけている。 そのため、市場では原油価格の上昇圧力が高まっている。 世界経済の大きな影響を与える今後の原油市場に関して 緊張が高まる中東情勢もふまえて解説する。 <参考記事> ・世界的石油危機が起こりうるか、ロシアエネルギー相が発言 スプートニク 10月6日 https://jp.sputniknews.com/russia/201810065423837/ クリックして拡散のための応援をお願いします ↓ 社会・政治問題ランキング          (以下有料)   ロシア国営メディアのスプートニクの以下の記事には 米国によるイラン産原油輸出禁止の圧力が強まる中 原油価格の上昇が危機的なレベルに達するのでは ないか? という懸念についてロシアエネルギー相の発言を取り上げている。 ↓ ・世界的石油危機が起こりうるか、ロシアエネルギー相が発言 スプートニク 10月6日 https://jp.sputniknews.com/russia/201810065423837/ それに...

    2018-10-07

    • 0 コメント

生放送

放送済みの番組はまだありません。

動画

動画が見つかりませんでした。