• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ご利用の皆様へ

【チャンネルへの感想、生放送やブロマガに対するご意見、ご要望】

http://ch.nicovideo.jp/bureaukikuchi/letter

決済に関するお問い合わせ、動画が再生できない、生放送が見れないなど
参照URL:http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&event=TE0008

※ニコニコのシステムを利用している為、システム部分のご不明点は
上記のニコニコへプルをご確認の上、ニコニコユーザーサポートまでお問い合わせください。

月額のお支払方法などにつきましてはniconicoヘルプをご覧ください。
http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&event=CE0002&cid=10307

2018/5/13 ※全編視聴※『TABOO LABEL Presents GREAT HOLIDAY』ライブ生中継

2018/5/13 『TABOO LABEL Presents GREAT HOLIDAY』ライブ生中継

マネージャーTwitter

ブログ・メルマガ

  • <菊地成孔の日記/2018年6月18日午前7時半記す>

    何か買うだとか食いに行くだとかに際して「自分へのご褒美」というのダメで、「えっと、これは、うふふ。自分へのご褒美に」うー、寒気がする。  おそらくそれは、幼少期に「はい、これ、何々したご褒美」という言葉を聞いたり口にしたりした経験則から来ている系列と考えられる(非経験則、反経験則的な系列では、全く同じ言葉が逆層を成す。例えば「そちが今宵4曲目でクソヤバいソロを取った。褒美を遣わす」「は。ありがたき幸せ」は、特に面白くないけど、寒気は全くしない)、奴らは「ご褒美」をもらった事があるのだ。家庭とか、塾とか、ジジイやババアの家で。オレはご褒美なんてもらったこともやったこともないね。親父が「お前、毎晩よく客のゲロを拭いてるな。ご褒美をやろう。ほれ」と言って、ビニール袋を出したなら、ちょっとは面白いけど。  と、わざわざこんなことを書いたのは、「これは自分へのご褒美ではない」と、マルセル・デュシャンみたいなことが言いたくて、だ。  特に理由がなかろうと、プレゼントは自分にも他者にも買う。日常的な事だ。55歳の誕生日に、フレッドペリーとラフシモンズの...

    3時間前

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記 / 2018年6月17日午前7時記す>

     もうラジオではガンガンには話せなくなってしまったが(一番面白い所が、大陸からのお客様の話しなので)、深夜のファミレスほど面白い所は無い。3丁目や代々木上原にある、バーやバル、お洒落トラットリアなんて、面白い奴は1人も居ない。それは彼等が人生を謳歌し、楽しんでいるからで、それはそれで素晴らしいのだが、見ていて面白いのは、苦しんでいる人や極端な人だ。  さっき、代々木上原のジョナサンに午前3時に行ったら、オムスがいて一瞬びっくりするも、すぐにオムスではなくて、オムスに憧れる若者であると解り、オムスももう一人前だよなと確信すると同時に、彼から目が離せなくなった。カメラにズームはかけていない。この距離なのに、完全に自己沈潜し、没入している彼は、こうして写真を撮りまくっても(あげてるのは2枚だが、40枚ぐらい撮った)まったく気がつかないし、とにかく、ずっと小声でラップし続けては「あ、クソ、ダメだ」とか「あ。(良いのが浮かんだ時の彼の反応)」とか言いながら、何度も何度も細部を書き直している。  と、同時に、物凄くほっとした。危うく、そーっと後ろから回って、ネックロッ...

    3日前

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記 / 2018年6月16日午前7時記す>

     「55歳になって最初の」という言い方は一番ダメだと思うのだが、55歳になって最初に観た映画が「万引き家族」というのは記しておく価値はあると思う。是枝監督は同い年だが、彼から学ぶべきことの第一は「どんなに期待されて外してしまう、という行為を繰り返しても、メゲずにずーっとやり続けているうちに、パルムドームまで行くことはあるのだから、メゲずにずーーーっとやり続けることだろう。それは、本作の唯一のセックスシーンにおけるリリーフランキーの「出来た、、、」という喜びがトレースしている。    長いキャリアと、二転三転するその時々のテーマ。ここ10年ほどは「家族とは何か?という、余りに ベイシックな問いを、メロドラマ形式で、そして必ずアクロバティックが設定を入れて、浮き彫りにしようとする」と言ったもので、要するに家族の意義である。僕は元々の家族の構造に、歪さ(いびつさ)というか、偏差があるので、むしろ「家族とはこういうものだ結局」という答えを出してくれる映画のが好きだ。どうせ全ての答えは違っているのである。各人の持論を聞いて回るようなものだ。    ところが...

    4日前

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記 / 2018年6月15日午前4時記す>

      AKB 48歳からやっとコント55歳になった事は、平成最後の夏の出来事としては大変にめでたく(誕生日がめでたいと言っているのではない)、つまりは昭和に逆行したのであって、 AKB 48の、そしてコント55号のブレイクスルーを見ている者の一人として、中南米文学のような感覚に囚われている。もうアンドレ3000まで意味のある数字はない。  中国人は数字には力があるという。とにかく6と8が好きだ。と、アラビア数字ではわからない。「六」と「八」は末広がりなので縁起が良いのである。永六輔、藤田敏八、確かに。助六、長屋の八っつあん、確かに。森進一も、森進六だったら、もっと売れていただろう。今よりもずっと。岩井俊二が岩井俊八だったら、万引き家族になんか遅れをとらなかったはずだ。    名前に数が入っていない身としては、この1年をとても大切にしたい。中国人ではないので(とまれ、自分が一番、どこの国の人間に近いか?と考えるに中国人だが。中国人は、外国人とは思えない。生まれて初めて青島に行った時、子供の頃から何十年も夢で見続けていた景色が、そっくりそのまま実在していて腰が抜けた)「...

    5日前

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記 / 2018年6月14日午前0時3分記す>

     55歳になった瞬間の顔である。さすがに枯れて来たなとは思うが、45の時の予定では10年後はもう少し禿げるか白髪が増えている予定だったので、ガンガン変わって行くのが好きな身としては単純に面白くないのだけれども仕方が無い。2人の魔女の呪いが解けるまでは若いままで閉じ込めらるだろう。魔女は1人この世から去ったが、何と姉妹なのだ。これが僕の55歳になった瞬間の顔だ。人はもっと、自分の顔と身体。特に背中や性器や肛門までじっくり見るべきである。 僕は内視鏡と MRI で、内部まで見ている。ポルノ女優から活動家になったアニー・スプリンクルは言った「多くの女性は、自分のヴァギナと肛門をよく見るべき。それが自分を知るという事なんだから。下手すると、一生見ないで終わる女性もいるわ。それじゃあ誰とも闘えないでしょ」    今、世界は自撮りの写真で溢れている。インスタグラムという物をやってみて初めて解ったのだが、あれは自分の顔を知るナルシシズムではなく、自分の顔から逃れるナルシシズムである。ナルキッソスは水面なのだから、そもそも鏡面であり、本当の自分ではないという、ラカン的な自己愛論...

    6日前

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の昨日 / 2018年6月13日午前4時半記す>

     ドナルド・トランプのマスイメージを形成しているフロントラインは髪型や知性のあり方だろうが、白人である上に尋常性白斑(数十年後には「マイケル・ジャクソン病」と呼ばれているかもしれない。もちろん同病者の方を差別しているのではありません)があるという、ある意味で強烈なルックを持った大統領であることは余りイメージされないだろう(「指摘されていない」ではなく、それ以前に)。 僕にとって彼は、チェ・ゲバラ、ブルーザー・ブロディ、大塚寧々と並ぶ、「同じ誕生日の有名人」なので、物凄いシンパシーがある。要するにやってる事は違っても気持ちがわかるのである(ゲバラやブロディや大塚寧々や、ついでにマーカス・ミラーの気持ちもわかる。それはそれは、痛いほどに、折れるほどに)。    彼がジョンウンを振り回して、今日会う事にしたのは、間違いない、バースデープレゼントを待っているのだ。何故か?彼はジョンウンの事が大好きだからである。僕もジョンウンが好きだ。ジョンウンが嫌われる理由は、粛清や独裁とかではない。だったらプーチンだって嫌われる筈だし、それ以前に我々は、粛清を行う独裁者を何人知っ...

    1週間前

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記 / 2018年6月12日7時50分記す>

     今日もいろいろあったのだが(最後は早朝にストーカー被害があって、警察に行った。 統合失調者にブチ切れられるのは、育ての母を思い出し、キツいが懐かしい。今一番めんどくさいのは、ミッドエイジクライシスで苛立っているおっさんーーとはいえほとんどが僕より年下。甘えてんじゃねえぞ若造・笑ーーで、いちいち詳述しないが、本当にめんどくさい。まあ、今、中年男性で自己実現できてなかったら、さぞかし辛かろう。 SNS で毒を吐く以外は、犯罪でもするしかない。とっても気の毒だ。せいぜい僕に甘えて、ツンデレの少女のように毒づけば良い。「中年男性のツンデレ」という現象は面白い。これからもっともっと大きい問題になる。どんどん来い。みんな受け止めちゃうよ~・笑)、イベントというか、カルチャーとしてのピークは、もう第二回目なのだが、無声映画に DJ する、と言うものだ。現代活弁士の、片岡さんという、大変にスマートな方と、アーロン先生という、日本映画を研究しているアメリカ人の先生と3人でやるイベントだ。     DJ の具体的な内容とか、このイベントの意義とかもいろいろ面白くはあるんだが、僕が今...

    2018-06-12

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の昨日 / 2018年6月11日早朝記す>

     実際のインスタグラムを始めてしまったので(今更言うのも野暮だが、 OD は書いてない)、こちらを毎日更新の、写真1枚の短文にしました。30分で書きます。私も日課にするので、読者の皆さんも日課にしていただけると嬉しいです。  昨日は「時の記念日」だったらしく、 J-WAVE の番組、しかも生放送に出たのだが、テーマは「時間」だというので、てっきりポリリズムが生成する時間感覚、とか言った話になるのかと思っていたら「マルチな仕事をしている人の時間術」とか「寝るのが遅いそうですが」とかいった話でした。まだまだ話の使い回しは効く。次あたり、よくわかってないゲスト仕事(別名、「そこそこ有名な人仕事」)が来たら、「歌舞伎町に住んでいる」と言ってみようと思う。驚かれるかもしれない。    短い出演時間だったので、「 SNS をやってゲームもやって、漫画も読んで、 Spotify とかああいう類にも加入して、<時間を効率よく使いたい>などと願ったらうつ病に一直線だ。生命体自体がコスパの悪さで出来ているのである。私は金も時間もドブに捨てたい。ビチビチに予定が入っているときに彼氏でも彼女でも痴話喧嘩...

    2018-06-11

    • 0 コメント
  • <菊地成孔のやっぱ戻りました1ヶ月に申し訳ない。2018年5月>

     ブロマガで「更新が遅れて申し訳ない」と謝る事ほどみっともない事は無いのではないか?「 CD なんてもうオワコン」とか「ジャニーズに何かが今起こっている」とか言って、何か、ちょっと面白い事でも発言しているつもりにしげるなっている人物の口と変わらない。恐ろしい。更新が遅れて申し訳ありません。グレートホリデー無理しすぎたよ!!(笑)。と、自分にキレています。    とまあ、長時間生放送を含む動画コンテンツとテキストの特別編によって、コンテンツ自体が切れた訳ではないのだが、「会員にだけ読めるテキスト」が求められているのは火を見るよりも、水を聴くよりも、土を食むよりも明らか。今まで、会員専用のテキストが流出した事故は無いと思うので、思いっきり内輪な感じで(それはもう、行きつけのバーのような。夏の遊園地のお化け屋敷のバックヤードのような内輪感で、「ああ、金を払ってまでこの人の書いた物を読んで良かった」と思わせるべく、5月のスケジュール帳を開くに、ずーーーーーーーーーーーーーーっとグレートホリデー全体の準備と最終スパンクスのデビュー準備と、ダイエットしかしていなかった自分の生真面...

    2018-06-09

    • 0 コメント
  • <「song-XX」デビューライブにご来場される皆様へ>

    来る 5 月 24 日、先行的にデビューした最終スパンクハッピーと共に、もう一つ新たなバンドを立ち上げます。   オリジナル DCPRG と二期スパンクハッピーがそうであったように、双子座 AB 型母親二人、という性の産物か、私が何かを新規で(特に、意欲的に)新規立ち上げる場合、必ずシンメトリックかつ本質には大差ない二つの集団に分離します。めんどくさそうですが、その方が自然なのです。最終スパンクハッピーの相方の名は OD 、 song-XX の相方の名は QN と言います。両方ともトランスセクシャルな天才です。   「 song X 」は、特にジャズサイドのヘッズには有名だと思いますが、あのパット・メセニーが、あのオーネット・コールマンとコラボレーションすることで創出された奇跡の異形で、そのクレイジーさとガーヴェッジ感覚が、極端に統御された音楽美に律された、今聴いても戦慄するような天才的音楽からその名をストールンしています。ヒップホップサイドのヘッズも、未聴のジャズマニアも、聴いていて損はないです。動画サイトで全部聴けますので、ぜひ、ご経験ください。   「 song-XX (ソング ダブ...

    2018-05-18

    • 0 コメント
  • GREAT HOLIDAYにご参加いただいた総てのお客様へ

    TABOO レーベル代表の菊地でございます。この度は我々のレーベルフェスにお越し頂き、満員御礼、感謝に絶えません。また、絶賛に近いお声を多数頂戴し、どのバンドがどうという事ではなく、長時間にわたるフェス全体へのお褒めの言葉を賜ることで、成功と自認させていただきます。音楽産業の構造不況の中、我々のようなマニアックなレーベルがフェスを成功できたことは大袈裟ではなく奇跡に近く、すべてのアーティスト、スタッフ、協賛企業の皆様、何よりもオーディエンスの皆様、お一人残らず全員に、感謝と友愛を捧げさせていただきます。有難うございました。   古来より現実は過酷という点で不変であり、人間は自らも知らぬ間に自らを拘束し、過度の自制によって呼吸すらもままならぬ生物ですが、我々音楽に関わる者は皆、ワイルドにエレガントに生きることで、皆様の心身の健康と長寿を約束する者としての使命があります。今後とも、極端に遊戯的に、禁忌までも児戯のごとく楽しむことで、音楽家としての使命を全うしつつ、弱小レーベルながら維持と発展を志して行く所存ですので、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します...

    2018-05-16

    • 0 コメント
  • 「菊地成孔の一週間/番外編<スパンクハッピーOD顔出し>」

      OD とは今年の2月ぐらいにストリートで知り合った。私の娘以下と言って良い年齢で、当然スパンクハッピーなど知らなかったのだが、歌が素晴らしく、ルックスは、簡単に言うとボーイッシュなのだが、もっとアンドロジーナス的である。性別不肖と言うのが正しい、本人も知らない節がある。    今期のスパンクハッピーは「55になった明智小五郎と、本当は少女である小林少年」という感じである、と言えよう。    実はもう既に、レコーディングは、三越伊勢丹のキャンペーンソング「夏の天才」以外にも2曲済んでおり、アー写、三越伊勢丹のキャンペーンサイト用の写真、動画、配信用のジャケットの撮影も済んでいるのだが、この段階では、先ずは「どのぐらい踊れるのか?」のチェックが最重要事になっていた。以下はその経過である。    番組で OD の名前を出した所、さまざまな(ウソ。大体ひとつの)憶測が飛び交ったようで、あれだけ番組内で「<あ、解った。○○○○さんでしょ!>とかいった野暮な事はせず、<何でも OD というらしいよ(笑)>ぐらいで収めておいて欲しい、別に、シークレットへの興味で集客するわけでもなし、...

    2018-05-10

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の一週間/ODダンス開始。2018年4月第5週~5月第1週>

      OD とは今年の2月ぐらいにストリートで知り合った(として下さい・笑)。スパンクハッピーなど知らなかったのだが、歌が凄く、スパンクハッピーを再開するきっかけを作ってくれた(として下さい・笑)。ルックスは、簡単に言うとボーイッシュなのだが、もっとアンドロジーナス的である。今期のスパンクハッピーは明智小五郎と、本当は少女である小林少年だという感じである(として下さい・笑)    実はもう既に、レコーディングは、三越伊勢丹のキャンペーンソング「夏の天才」以外にも2曲済んでおり、アー写、三越伊勢丹のキャンペーンサイト用の写真、動画、配信用のジャケットの撮影も済んでいるのだが、この段階では、先ずは「どのぐらい踊れるのか?」のチェックが最重要事になっていた。    (この間に神戸で UR との共演、とかあったんだが、マジどうでも良いんで割愛する)    結論から言うと、 OD はそこそこ踊れて勘も良かった。これには助かった。スポーツが好きらしく、トレーニングウエアもシューズも持っていて、私が組むコレオグラフをどんどん真似出来る。ただ、ひとつ問題があるのは、まる...

    2018-05-08

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の一週間/スパンクハッピー活動再開に向けて/4月第1週~4週>

    「もう<写真撮り飽き>の話はいいよ」とおっしゃられるだろうが、今回とうとう、ローストビーフの写真以外、全て自分で撮っていない、まあ、実際のインスタグラムもそんなものかもしれないが。    とうとう、「今週の」とか言いながら4週ぶち抜きになったが(予想通り、、、、申し訳ない)今、私が何をしているかというと、圧倒的にスパンクハッピー活動再開の準備で、余った時間で仕事をしているにすぎない。    もちろん、手を抜いているというわけではない、そのぐらスパンクハッピーの活動再開は大仕事で、我ながら、いつもながらだが海苔でやってしまい、失礼、ノリでやってしまい、これは DC/PRG の活動再開も同じである。私の人生は完全な、完膚なきまでの受動性(周囲からの期待や外圧)と、完全な、完膚なきまでの直感、この両輪で動いている。    今、スパンクハッピーの活動を再開する必要性がどのぐらいあるのか全くわからない。だがそれは DC/PRG の活動再開(嵐の野音)と同じで、初めてしまうと、物凄い運命の求心力がでっかい工業用ドリルみたいに動き出して、あらゆる事を生み出し続け、正当...

    2018-04-23

    • 0 コメント
  • ペンギン音楽大学生徒募集のお知らせ

    菊地成孔です。長らく新入生(正規入学、短期ワークショップ共に)の募集を行わなかった、ワタシの私塾「ペンギン音楽大学」ですが、以下の3つのクラスを4年ぶりに生徒募集いたしますので、応募される方は pendai1804@gmail.com まで、タイトル「ペン大入学希望」として、メールをお送りください。詳細に書いた要綱をお送りいたします。(稀に、こちらから送信した要綱が、迷惑メールに振り分けられることがありますので、メールをいただいた後は、迷惑メールもチェックしてください。基本的には、入学希望メールを頂戴してから、要綱の送信は数日以内には必ずお送りいたします) <ペンギン音楽大学2018年度新規募集> すべてのクラス、曜日内でのスケジュール変更、 入学時、手続料、初回から6回分(←これは入学金ではなく、最初の6回分の前払いです、以後、授業ごとのお支払いと成ります)を支払うことを了承いただける方 「モダン・ポリリズム」 (既存のクラスに、下記カリキュラムの間のみ合流=非正規入学)  金曜20-22時(定員20名)  講師菊地成孔が、自他の作品を分析、作曲するために編んだ「モダン・ポリリズム」のオリ...

    2018-04-13

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の一週間/2018年3月第4週>

    3月23&24日      一週間の出来事のうち、たった二日しか写真が撮れていないというのは、いよいよもう「ノンフォト・インスタグラム=一番最初の頃のウエブ日記」に向かうしか無いのか、と思う訳だが、もし脱会者が急激に増えたら、もうしょうがないので、カメラマンを雇い、常にスマホで写真を撮って貰う事にする。スマホの自撮り機能に対するアゲインストである(ウソ)。私は長い間、いわゆる自撮りは鏡に映してやって来た。その頃から、「左右反転は面白いけど(ブログの写真を見てライブに来た人等が違和感を感じるだろうから)、なんかこう、ビデオカメラみたいに、自分でモニターが見れるデジタルカメラが出ないかな?」と思っていたら、出た(まあ、スマホの自撮り機能に押されてくっ付けただけ)。即購入してみたら使いづらいわ特に良い事もないわ、すぐ使わなくなってしまった。スマホの自撮り機能はもう便利過ぎて凄過ぎて、逆にもうアップアップである。竹槍で良いし、最近は竹槍も尽きた。    昔日人々は、まず言葉を発し、そこから誘導的に連想される写真やイラストを添えて来た。それが逆転している...

    2018-04-13

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の3週間/2018年3月第1、2、3週>

     小磯が敷く手、失礼、小忙しくて、メルマガ(そろそろ死メディア)のクリシェだが、更新が遅れて申し訳ない。という訳で、一気に3週まとめてしまうことにした。  写真を撮ることに抵抗が生じているという症状はまだ続いていて、というか悪化している。食事に行った際に食べたものの写真を撮れなくなってしまった。  SNSの誕生よりはるか前、ブログに食事の写真を載せるに際して(私はこの世代である)、店の店主と、勝手に写真を撮った客が揉める。などという牧歌的な時代があった。  現在、「写真お断り」なんていう店は、無いか、あってもものすごく少ないだろう。情報を封鎖する「取材お断り」の店だった数少ない店だけが、恐らく今でも写真は撮らせていないと思うが、面倒なので詳述はしないけれども、私はこの問題に非常に興味がある。  メディアで何度も繰り返し言っているが、言われる方がフロイド的失視(ヒステリー症状の一部)によって、見えなくなっているのだろう。誰からも反応がないが、ネットカルチャーの最大の属性は無法性だ。インターネットを規制する国内法も国際法もなく、特に問題なのは後者だが、まあそれはと...

    2018-03-19

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の一週間/2018年2月第4週>

    2月20日火曜  写真はロシア大使館近くの「サウンドシティ」というスタジオで、東京でも老舗に類する。私が使用するのも随分と久しぶりだ。  あらゆるジャンルで、宅録とも卓録とも書かれる、所謂ミ二マルなデスクトップミュージックの驚異的な発達によって、昔日にはクリシェだった「どこそこのスタジオの音が素晴らしい」「このアルバムはどこそこで録音されているから偉い」的な、まあ、アビーロードだとかハンザウォールだとかロスのキャピタルだとか何とか、ああいう話は、現在ほとんど口にされない。  限定的に、生楽器による演奏に関してのみこのクリシェは健在で、まあそれはおかしな事でも何でも無い。むしろ、初期のヒップホップやテクノやエレクトロを「有名なスタジオで録音していた」としていた、という事実の方が、黎明期の混乱、牧歌的な時代の遺物として語り継がれるだろう。  ここで、市川愛氏の、バンドを使った最終レコーディングが行われた。フライングで書くが、アコースティックピアノが林正樹、アコースティックベースがトオイダイスケ、そしてアコースティックギターが今堀恒雄である。...

    2018-03-06

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の一週間/2018年2月第3週>

    2月12日  サロン・ドゥ・ショコラに関して、特にそれが、やがてコミケになる可能性について指摘したのは、銀河系で私が最初であり、最後であったと思うのだけれども、<バレンタインデーまで開催される>別イベントである<スイーツコレクション>については全く言及していなかった。    これは、プレ・メゾン・ドゥ・ショコラであるという以上に、「昔の、良い時代だった(とにかく今のメゾン・ドゥ・ショコラは、メゾン・ドゥ・ショコラではない)メゾン・ドゥ・ショコラのルネサンス」としての意義に固定している。    もう新しいメゾン開拓といった若い情熱は失っている私はプレスタとバビとマゼを買うだけになってしまったが(それだと、都内で1年中買えるが。このイベントで伊勢丹の催事場で買う事に意義がある)。さすがにハローキティとのコラボは買わないが、結局自分は、バビが一番バビっていると思う。 2月15日    銀座のグッチ路面店、っつうか本館でT-シャツを2枚買った。嫌みにはならず、むしろ様々な考えるヒントになると思うので書くが、Tシャツ2枚で12万円で...

    2018-02-26

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の一週間/2018年2月第2週>

     レコーディング太りという言葉がある。最近はもう使う者もほとんどいないが、すげえ簡単に言うとハッピーターンとカントリーマアムによって肥満することだが、最近は「おもたせ」カルチャーもひと段落、誰もがお勧めの菓子屋だパン屋だ弁当屋だと言って、不味い物が根絶した、この星でも有数のディストピア、トーキョーシティーで、旨い物だけを貪り、世界最高のフォアグラの様になっている状況、やはりレコーディングスタジオには、コーヒーとコケインだけしか無いという、70年代のニューヨークに戻しましょうよコッチ市長。でないと私は、次回明らかになるが「薄毛で小太りで刺青が入っている地方のダメなヤクザ」という、何かちょっと憧れないでもない姿で「ブルータス」誌に載ることになるのである。    もう情報が出ているからガンガン書くが、「素敵なダイナマイトスキャンダル」で荒木経惟先生をモデルにした「あらきさん」を演ずるにあたり、最も留意したのは体型である。役作りに体型の変化が含まれる事が名優の条件(デニーロ・メソッド。デニーロだから、「メソルド」とした方が良いかもしれない)と聞いたので、「80年代の荒木先...

    2018-02-17

    • 0 コメント

会員限定動画

27:39会員無料

再生20 コメ0 マイ1

2018/06/20 00:00 投稿

「ゼロからの音楽文法」 第55回

2年に渡った「モダンポリリズム」を終え、ビュロー菊地/菊地成孔が満を持してスタートする「ゼロからの音楽文法」。ドレミの...

ニコニコポイント432pt30日間

20:36会員無料

再生592 コメ0 マイ13

2018/06/11 14:03 投稿

TABOO LABEL Presents「GREAT HOLIDAY」VOl.1 SPANK HAPPY

2018年5月13日、新木場スタジオコーストにて行われました"GREAT HOLIDAY"からSPANK HAPPYの再始動LIVEをお届けいたします。

ニコニコポイント432pt30日間

41:44会員無料

再生206 コメ10 マイ2

2018/06/13 00:00 投稿

ポップアナリーゼリローデッド2018 第8回

 「ビュロー菊地チャンネル」創成期の名コンテンツ「ポップアナリーゼ」が帰って来た!!「モダンポリリズム」の終了ととも...

興味満載 下方倍音列興味ありま こんちわ 興味あるが、脱線しそ 音楽理論って四度をど 恋人とイチャつく歌詞 聞きたい 興味ある 聞きたいです! 下方倍音列の話、閑話

ニコニコポイント432pt30日間

関連HP

TABOO レーベルHPはこちらからどうぞ!
http://taboolabel.net/

Rinbjö Twitterは、こちら!
https://twitter.com/

レギュラー番組、連載

TBSラジオ「菊地成孔の粋な夜電波」毎週日曜日18:30~20:00
http://www.tbsradio.jp/denpa/index.html

UOMO(集英社)「売れている映画は面白いのか?」
http://www.webuomo.jp/thismonth/


2017/05/02 08:43

5月のビュロー菊地チャンネル動画コンテンツアップスケジュールに関しまして

いつもビュロー菊地チャンネルをご購読いただきまして、誠にありがとうございます。今月の「ゼロからの音楽文法」「ポップアナリーゼリローデッド」は5月10日(水)から隔週で順次更新いたします。 今週の更新はございませんので、ご了承ください。 今後とも宜しくお願いいたします!

2017/04/01 10:22

2017年3月29日 TABOO LABEL Presents『HOLIDAY』菊地成孔ソロ アップロードのお知らせ

いつもビュロー菊地チャンネルをご購読いただき、誠にありがとうございます。 3月29日(水)に生放送をしておりましたTABOO LABEL Presents「HOLIDAY Vol.1」ですが、21時頃から21時30分頃まで回線の不具合により、放送できませんでした。誠に申し訳ございませんでした。 本日の12時より菊地成孔ソロの全編をPart1、Part2に分けてアップロードさせていただきます。 チャンネル会員の皆様におかれましては、無料でご覧いただけますので、ぜひご覧ください。 今後は今回のような事故の無いような運営をしてまいります。今後とも宜しくお願いいたします。

2017/02/02 19:18

ビュロー菊地チャンネル「ゼロからの音楽文法」 第20回の配信につきまして。

いつもビュロー菊地チャンネルをご購読いただき、誠にありがとうございます。 2月1日(水)に配信を予定しておりました、“ゼロからの音楽文法 第20回”ですが、大変申し訳ございませんが、都合により一週間延期させていただき、2月8日(水)の配信とさせていただきます。 これにより、その後の“ポップアナリーゼリローデッド 第20回”も一週間ずつリリースを延期させていただきます。お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご了承ください。 今後ともビュロー菊地チャンネルを宜しくお願いいたします。

菊地成孔プロフィール

ビュロー菊地チャンネル

ビュロー菊地チャンネル

菊地成孔(きくち なるよし)

音楽家/文筆家/音楽講師
ジャズメンとして活動/思想の軸足をジャズミュージックに置きながらも、
ジャンル横断的な音楽/著述活動を旺盛に展開し、ラジオ/テレビ
番組でのナヴィゲーター、選曲家、批評家、ファッションブランドとのコラボレーター、映画/テレビの音楽監督、プロデューサー、
パーティーオーガナイザー等々としても評価が高い。「一個人にその全仕事をフォローするのは不可能」と言われるほどの驚異的な多
作家でありながら
、総ての仕事に一貫する高い実験性と大衆性、独特のエロティシズムと異形のインテリジェンスによって性別、年齢、国籍を越えた高
い支持を集めつづけている、現代の東京を代表するディレッタント。

公式HP“第三インターネット
http://www.kikuchinaruyoshi.net/

チャンネルタグ

2012/08/21 開設 302動画