• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ご利用の皆様へ

【チャンネルへの感想、生放送やブロマガに対するご意見、ご要望】

http://ch.nicovideo.jp/bureaukikuchi/letter

決済に関するお問い合わせ、動画が再生できない、生放送が見れないなど
参照URL:http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&event=TE0008

※ニコニコのシステムを利用している為、システム部分のご不明点は
上記のニコニコへプルをご確認の上、ニコニコユーザーサポートまでお問い合わせください。

月額のお支払方法などにつきましてはniconicoヘルプをご覧ください。
http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&event=CE0002&cid=10307

2018/5/13 ※全編視聴※『TABOO LABEL Presents GREAT HOLIDAY』ライブ生中継

2018/5/13 『TABOO LABEL Presents GREAT HOLIDAY』ライブ生中継

マネージャーTwitter

ブログ・メルマガ

  • 「2つのリストラ<(2)SONY>」

    「 TABOO レーベル」をご愛顧頂いたカスタマーの皆様へ(レーベル閉鎖→運営母体移動のお知らせ)      残暑お見舞い申し上げます。というのもすっかり手遅れな感じですが、御健勝をお祈り申し上げます。    まず最初にレーベル運営状況のご報告を。現在我々は、 SONY 傘下の最後の一枚、オーニソロジー(新人、辻村泰彦のソロユニット)のデビュー作「 101 」の製作を終え、発売日程が決まり、ジャケットと MV 製作に着手したところです。極めて大雑把に、年内にリリースされます。    そして、本作のリリース、およびプロモーションの初動をもって、我々 TABOO レーベルは、 2013 年のクリスマスから 5 年強の時を経まして、 SONY 傘下であることを止め、運営母体、並びに体制を変えてレーベル運営を継続します。    今の所、新しい経営母体に関しては契約関係が完全にフィクスされてはいないので、まだ詳細は「移動第 1 作が<「最終スパンクハッピー」の 1st アルバムになる>」ということ以外は、現在のところ何も申し上げられません。    タイトルに「 2 ...

    1週間前

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年11月11日午前1時記す>

     筒井康隆先生に続いて、よしもとばなな先生と来まして、文壇バーみたいですが(まだ行ってねえのかよ!もうちょっとで行くよ!笑)     こっちでもファンのていでいくか人格迷いましたが、 とりあえず同志の線でいってみます。 それから、万が一公開されても全然恨みません。   ラジオとレーベルのこと、大変でしたね。お疲れ様でした。 これが、今の日本なので、私のようにとっとと外国に軸を置きながら、 そして日本に、東京にいてください。   菊地さんが人々にもう1回音楽を教えた功績は必ず残っていくと思います。   私は子どもの頃野球が好きだったのですが(王長島の時代に田淵江本衣笠が好きだったが)、 それはほんとうに満塁になったりそこでホームラン打つ人がいたりして、 または9対0的なときになぜかあれよあれよと外野陣とピッチャーがミスしてひっくり返されたりして、 「試合ってマジどうなるかだれにもわかんね〜、すげ〜」と思ったからで、 そして選手の側も「今気をぬくと命取られる」...

    2018-11-11

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年11月10日午前4時記す>

    くか 比較的早い時間に書いているのは荷造りしているからですが、これは、夜電波が打ち切られ(笑)、 TABOO レーベルも SONY さんから離れ(「2つのリストラ(2) SONY 」は、月曜日に、コチラと、ビュロー菊地 Facebook にアップされます)、両腕と両脚をもがれたんで、もう来年からやることがなく、今の内から夜逃げ屋本舗(92年 / 監督 原隆仁 / 主演 中村雅俊 高木美保→パニック障害カムアウト組。僕が見る限りこの人も一応の完治は見ておらず、活動を制限しながら活動中。すっきり治した組と分けるべきよね)するのではなく(笑)、気分転換に地中海のマルタ島まで秋バカンスに行くのであります。  マルタ島は、「マルタ島由来の」という言葉である「マルチーズ」が一番有名かもしれませんが(犬の名前だけでなく、マルタ島のメイン食肉であるウサギの料理は、ハンバーグなら「マルチーズ・ハンバーグ」、ソーセージなら「マルチーズ・ソーセージ」って言うのよね。最初、犬食かと思ってワクワクしたよ・笑)、スペイン語とフランス語とイタリア語と、日本でいうと沖縄みたいな島言葉の合成語で、全然通じない(「 YES 」のこと、確...

    2018-11-10

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年11月8日午前11時記す>

    「ダークナイト・ミッドナイト / 筒井康隆(文學界2018年3月号)」      やあ今晩は。老年の希望の星筒井康隆をやっております筒井康隆です。今年で戌年の84歳。私と同い年に生まれた作家だと吉田知子、長谷部日出雄、ハーラン・エリスン、内田康夫、山田太一、井上ひさし、眉村卓、灰谷健次郎、宇能鴻一郎なんて人たちがいて、その他では財津一郎、ケーシー高峰、黒川紀章、原哲男、宝田明、白木みのる、中村メイコ、堤義明、愛川欽也、米倉斉加年、田原総一郎、坂上二郎、海老沢勝二、石原裕次郎、司葉子、牧伸二、横山光雄、倉本聰、大橋巨泉だなんてたくさんおりましたが、だいぶ死にましたね。    (中略)   驚くべきことには当時「昨日生まれた豚の子が弾に当たって名誉の戦死。豚の遺骨はいつ帰る」なんてひどい替え歌が流行ってたんですよ。あれで憲兵に引っ張られた奴、だいぶいるんじゃないかな。というところで、最初の1曲と参りましょう。この曲は昭和二一年の「エノケンの千万長者」という映画の中で、二村定一と、私の大好きな女優、それはもうヴィデオを見ている間ずっと射精...

    2018-11-08

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年11月5日午前9時記す>

     筒井康隆先生と対談して来ました。しのごの言えない仕事で、とにかく御歳84、のけぞるほどお元気で圧倒されました。僕が緊張している姿を見れるのは(トランプと対談しても、 JAY-Z と対談しても、西口茂男さんと対談しても全然緊張しない自信あるので)、筒井先生との対談だけです。前は10年以上前で、クイックジャパンの対談で、あんまり僕が緊張して喋らないもんだから、進行役の大谷君がキレたっていう(笑)。ただまあ、僕しか指摘できないであろう事はちゃんと申し上げたので、とりあえずホッとしています。  相倉先生よりも長生きされ、瀬川先生( 10歳上!)との対談を、結構ストレートに怖がっていたのと(「あんな恐ろしい人はいない。話すのが今から怖い」と何回か仰ってましたが、瀬川先生が怖い、という人は結構珍しいと思います・笑)、笑顔が悪ガキそのものだったのと、私物のオークションのオークショニアをやったんですが、普通のオークションみたいに高額まで吊りあげる方式ではなく(僕、「原宿第 1 期の時に描いた、唯一の油絵」のために現金100万用意して行ったんですが)、先生の思う「適価(だいたい、すげー安い...

    2018-11-05

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年11月2日午前8時記す>

     みんな CD を買わなくなったし、自分でまめに小品の映画を観なくなった。本だって新刊の文学は売れなくなっている。とあらゆる人が嘆いていまして、僕はあんま嘆いてないけど。夜電波で、何を聴き、何を観るべきか、少々ながら紹介してこれたし、でも夜電波が終わっちゃったら嘆く立場に逆戻りですね。  しかし、こんなバカでもわかる図式と別に、恐るべき別の図式が、 CD や本を買わなくなり、非シネコン的映画を自分で選べなくなってしまう傾向を突きつけている、、、、、しかも、、、、ほかならぬこのワタシ本人にである、、、、、、。なんつって怖いですね。ブレアウィッチプリジェクトみたいだ。あれの1作目が日本でまるっきり評価も興行もダメだったことが、中原昌也さんの転向に次ぐ転向を促したのでは?と僕は思ってるんだけど、まあそれはいいとして(中原さんとは、またしても映画のトークイベントやるので。僕の役割が天才のケツ持ちだということがイヤっちゅうぐらいにわかるイベントですので是非)、とにかく僕は今、ある図式によって、 CD を買わず、本も買わず、映画に関しては、自分で選んで見た最後の映画が「亀止め...

    2018-11-02

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年10月31日午前8時記す>

     せっかく小説書いたのに、夜電波終了の報に出鼻くじかれたぜ!って言うか、その小説ドミューンでテメエで言ってしまったわけですが(苦笑)。とにかくいつでもトピックが二重になるのは母親が二人いたからよ。間違い無いわよ。多分オレが死ぬ日にこの国が戦争を始めると思います。    だってイングリッドバーグマンが映画監督やキャメラマンばっかし好きになったのは、お父さんがムッチャクチャ写真が好きで、いつでもイングリッドの写真を撮っていたからなんですと。「愛する人は、カメラの向こうから褒めてくれる人」だったんですってよ!親の縛りってきついわー。てな訳で小説に関しては「サイゾー」の次の号に、ガッツリ出るんで、コンビニでチェックしてください。買いたくなるから(笑・まずはサイゾーを)。  今何やってるかっていうと、夜電波の本の二冊目のゲラなんだけど、これ、大丈夫かね。終了のラストランの中、のんびりとシーズン6、7、8だけのが出るって(笑)。後の8シーズン分どうすんだ(笑)。まあでも、二冊目もむちゃくちゃ面白いですよ。今回は、書き起しに忠実というより、少し仕事して、読み物として読...

    2018-10-31

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年10月29日午前5時記す>

     ちょっと古いんですけど、「アナザースカイ」の剛力彩芽さんの回を録画して、何回も観ています。繰り返し見ている録画がキンプリか剛力かよ!とか言いそうになるでしょ。全然繋がってんの。    僕は、そもそも ZOZO の事、全然知りませんでしたし、社長さんがどういう人か、剛力さんとどんなスキャンダルがあったのかなんて全く知らないから、単に「アナザースカイ」の、パリのやつはみんな一回は観るんですね。録画して。名作が多いんですよ。貴乃花のとかね~、あれ映画にできるよ。    んで、剛力さんがパリかあ、、、、へえ、、、、とか思いながら見てみたら、そうかそうかそういうことか。 ZOZO の社長さんって、そういうことで、剛力さんはそういうことで、こういうことなのね。って、一瞬でみんなわかっちゃう。    番組開始からもうトランスしてるんですよね。サンローラン着て、瞳孔も開いちゃってて、話す内容も支離滅裂で「今の悩みですか?、、、、ああ、ありますねえ、、、、自分がわからない」「お仕事をいただいてるっていうのはありがたいんですけど、それじゃダメだなって、だから、...

    2018-10-29

    • 0 コメント
  • 「二つのリストラ <(1)TBSラジオ>」

     この歳で、というか、この歳になると、というべきでしょうか、いやあ、今年はでっかいリストラを二つも喰らったんで、もう両手両足をもがれたようで、55歳怒涛のオワコン感に泣きそうです(笑)。もうアンチやヘイターの人が喜んじゃうじゃん~(笑)、後、だるまフェチの人もねスンマセン悲しすぎて江戸川乱歩みたいな事言いかけました(笑)。小林少年ー!!( OD のこと)      それにしても星野源さんの「アイデア」を「恋」の二番煎じぐらいに舐めてる人はダメダメですよー!!「アイデア」の MV 、もうシャボン玉ホリデーみたいだもん!!「 YMO +クレージキャッツ&( aiko が好き)そして短躯コンプレックスとコント」って、あの人コンテンツほぼオレと一緒じゃんよ!!(笑)どうしてこれほど差があるんだ!!(笑)やっぱマイルスが邪魔か!!(笑)小田さーん!!!(小田和正さんのこと)        しまった、最初から悲しすぎて錯乱してしまいました(土下座12年間)とまれ、こういった仕事ですから、僕本人よりも、カスタマーの皆さんのメンタルを守らないといけません。昨今...

    2018-10-28

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年10月28日午前3時記す>

     いやあー、ドミューンで口滑らせちゃったなあ(苦笑)。ドミューンがあんなに Twitter コンシャスな番組だと知らず(出演者には見えなくなってるんですよ。まあ、スマホ持って、タイムライン見ながら出演すれば見えますが、ご存知の通りガラなので)、こんなに拡散するとは思ってませんでした(苦笑)。    以下、もう、放送でも発表しましたし、<大拡散希望>ということで、あちらこちらにばらまいて頂けると、いつもは宿敵(笑)の SNS さんですが、今回だけはお友達、という事で、一時的に野合しましょう(笑・最終スパンクハッピーのインスタグラムによって、局面的な和解が始まっている事もあり)。   ⇩ ここから    これから、当欄と、ビュロー菊地 FB に「ダブルリストラ1&2」というタイトルで、 TBS さんから「粋な夜電波」の年内打ち切りを、 SONY さんから「 TABOO レーベル」の今年度でのレーベル閉鎖を、もう、笑うぐらい唐突に告げられた件について、詳細を(1) TBS 、(2) SONY 、の順で、書ける範囲内ぎりぎりまで書きますので、ご興味ある方はお読みください。   ...

    2018-10-28

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年10月23日午前6時記す>

     何の媒体の、どんな仕事かは言えませんが、今日、バカリズムさんと仕事をしてきました。無茶苦茶良い人だったんで軽く驚くぐらいでした。すんげえ良い人。    まあ人格に良いも悪いもないというか、僕の知り合いの名言で「よく<悪い人じゃないんだけどね>っていうけど、本当に悪い人なんてそうそう居ないんだよ!!」というのがありますが、例えば「性格悪い」という言い方ありますよね?あれもフロイドなんか介さなくても、性格(人格)に、良いとか悪いとかいうことはできないじゃないすか。性格(人格)には、驚くべき多様性と、驚くべき類型性があるだけで。  それでも「あー、この人良い人!」って思わせる瞬間がありますよね人生には。大げさー!  例えば、こないだ、「タモリ倶楽部」に出た時、麒麟の川島さんとご一緒させていただいたんですが、全然嫌な人じゃないんですが、バイブスが神経質で暗いんですよ。ものすごく仕事の完成度に向けて入り込んじゃってるタイプで、本番直前まで、沈思黙考していて近づけないの。これ、バナナマンの設楽さんも同じタイプで、それこそ類型性になるんでしょうけど...

    2018-10-23

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年10月21日午前5時記す>

     いやあ、ものすげえびっくりした事があるんで書きますが、ついさっき、 Rinbjyo (菊地凛子さん)にメールして「菊地さん菊地です。<獣になれない私たち>見てます。やっと日本の現場に適応された感じですね。素晴らしいです」と送ったら、すぐ返事が来て「 qn ?」とだけ書いてあるので、え?「菊地です」って言われて「 qn ?」って返す人って一体?と思い、「きくちなるよしですよ」と書いたら、「あれ?これ菊地凛子さんのアドレスじゃないですよ」という返事が来たんで?「うっそ!君誰?」って書いたら、とんでもない方向から返信がきまして、さてここでクイズですが、誰でしょうか?「菊地です」と言われて「 qn ?」と返す人(あいつ一時期「菊地一也」って名乗ってて、凛子さんに、あの声で「それって犯人みてえな名前だよ!」って言われてから数ヶ月で捕まっちゃったんですよね・笑)、ヒントは男性のバンドマン。シンキングターイム(絶対誰にもわからないから6年間あげよう) はい!6年後です!みんな元気でよかった!!わかったかな?       正解は、「 OKAMOTO ’ S のドラムスのオカモトレイジ...

    2018-10-22

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年10月21日午前5時記す>

     「 サカナとヤクザ 」は僕の本の引用あってもなくても名著だと思いますが、何が良いってタイトルですよね。だって「サカナクション」が「ヤクザクション」に変換できることを見事に証明しているし、サカナちゅうのは海の幸でしょう。海の幸は港湾を経由しないと街に流通しない訳で、麻薬も密入国者もそういう意味では海の幸なんですよね。だから任侠の人が管理しないといけないじゃないですか。これは原理ですよね。任侠の方はキノコとかイノシシの肉とかは管理しないですよ。つまり漁師はヤクザと凌ぎを削るけど、猟師は削らないの。  その代わり猟師は半端ないよ。クマとかイノシシとかと削るからさ。僕が信頼するジビエマニアの人は(ちなみに女性なんだけど)、日本狩猟協会?だったかな?の会員なんですけど、クマって、大木の中で冬眠したりするのがいるんですよ!「え?え?どういうこと?」って思うでしょう。こう、なんていうかな、一番近いのはゆるキャラですけど、大木の樹皮だけを、こう着ぐるみみたいにして、中で立ったまま大の字になって冬眠してるのとかいるんだって、そんな面白いやつ、獲らなくてもいいんじゃない?って思う...

    2018-10-21

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年10月12日午前5時記す>

     「 サカナとヤクザ 」という本に、僕が書いた銚子について引用して頂いたり(これすげー良い本。ある意味で「スペインの宇宙食」の副読本にも読めます。ホントやばかったんだから銚子は)、話題の「カメラを止めるな!」を観たり (素晴らしいんですが、全部ネタバレちゃうので、何も書けませんね・笑・1箇所だけ「足の怪我がシールだと分かるシーンの処理、はあれでいいのだろうか?」ということ以外、全部素晴らしいと思いました。あと主題歌も最高!)、光州事件を描いた「タクシー運転手」を観たり(おそらく「デトロイト」とかをやりたかったんでしょうけど、光州事件の再現は驚くべきものがありますが、手に負えないぐらい重い話になるのと、「デトロイト」と全く同じ、「これは史実を基にした」というエクスキューズを基に、ドラマティックやりたい放題なので・笑・リアルサウンドの皆さん、やっぱ欧米映画にしてください・笑)、蓮見先生の「シネマの記憶装置」再発の帯を書かせていただいたり、オーニソロジーのアルバム「101」が素晴らしすぎたり(もうジャケ写も終わったし、今 MV の準備中です。夜電波でも特集しますのでお楽しみに!)...

    2018-10-14

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年10月11日午前10時記す>

     いやー、先週の金曜から、一昨日まで5日間ツアーに出ていたんですが、谷王と OD という、天才児2人と一緒だったんで死ぬほど疲れました(笑)。僕を安らがせてくれたのは、ブラックスモーカーの悪い人たち(笑)で、ああ、やっぱり自分は WBO が周りにいないとダメだな。と再確認しました。最近、疲れてるよなあ(笑)。  この模様は「キクチカメラ」でお届けします。久々の長尺ですのでお楽しみに。小説も、装丁がかっこよくて嬉しいです。ネットでも立ち読みでも読めないから、誰も読まないかもしれないけど(笑)。明日はオーニソロジーのジャケット撮影に行きます。ううううもう目があかない(苦笑)おやすみなさい。また明日。

    2018-10-11

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年10月4日午前8時記す>

     すげえ日記っぽいなーと思うんですが、今日、23年ぶりに歯医者に行ったんですよ(笑)。23年ってヤバくないすか? OD と僕の年齢差ですよ(笑)。それは兎も角、まあ、厳密には、「形成歯科」っていう、演奏用のマウスピース作ったり、取れちゃった差し歯を差し直して、噛み合わせに合わせて修正するための特殊な歯科には行ってるんですけど、普通の「歯が痛いから」つって行く、一般的な歯科医さんには23年ぶりに行ったんですよ。しつこいようですけど、 OD が9歳の時よ(笑)。そん時歯医者に行ったのが最後なの。    しかもそれ、一期スパンクハッピーの「フリークスマイル」の、ジャケット写真の撮影前日なんですよ。左の鼻の穴の中にでっかい突起ができて、最初はニキビだと思ってたんですけど、潰して膿み出せば終わると思って、工作用のカッターで先端を切り取って、消毒して、ものすごく膿みが出たから、 1 日がかりでティッシュで拭いて、それでも全然止まらないの膿みが(食事中の方、ゴメンなさい)。    それで、しつけえなあコレ、と思ってら、急に思いついたんですよ...

    2018-10-04

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年10月3日午前7時記す>

     最終スパンクハッピー早くアルバム出して欲しいです。というお声をすげく頂戴するんですが、レーベル的に、まずオーニソロジーをしっかりデビューさせて、プロモの初動期間もしっかりやり、リリパもしっかりやるまで出せないという事情があるんですよね。オーニソロジーは、今まで僕が見てきた若手の音楽家の中で、 QN やオムス(彼らはもう、新陳代謝の早い HH の世界ではすっかり中堅だけど)と並ぶ、驚異のアンファンテリブルなんですけど、残念ながらまだ知名度が全然ない、っつうか、今日、発売予定日が決まったばかりのアルバムがデビュー作ですからね、最終スパンクハッピーと被っちゃうと、再び残念ながら、プロモとか話題とかで霞んじゃう可能性があるでしょ。  月日まではかけませんが、 11 月末にリリースされ、年内にプロモ、来年頭に MV 四本絨毯爆撃(全部、監督は菊地成孔さんです。どんだけ金がねえんだよ!!・笑・でも僕、 MV 監督としては自信あるもんね)、来年1~ 2 月にはリリパやって、ちゃんとデビューしました。という一式をこなしてから、最終スパンクハッピー出しますね。    スパンクスは、音楽性やソ...

    2018-10-03

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年10月2日午前8時記す>

     「毎回、<また明日!>って言いながら、明日になっても来ない」と評判の当連載ですが(スンマセン)、何が執筆を阻むのかというと、睡眠なんですよね。もう、書き始めると眠くなるんですよ。何度 PC 前で寝て、何度書き直したかわかんないです。凄い時とか、半分ぐらいのコピペが数回続けられてて、中原くんの小説みたいになっちゃって(笑)。    「いっそのこと、朝書けばいいんじゃないの?まあ、書いてる時間見ると、一般的には朝だけど」とか「移動中の暇な時間にさっと書けばいい」という発想もあるんですが(どうせ「今日、こんな事があって」というような日記ではないので)、やっぱなかなかね、ノートブックすら持ってないんで。  こういう連載を、スマホで書いてる人もいるんじゃないかなと思うんですよ。何せ携帯小説があったんだからねえ。実際書いてる人、見たことあるし、下北沢のミスドで10年前ぐらいに。あれ面白かったなあ。彼女と二人でなんとかクルーラー食いながらコーヒー飲んでて、ずっと二つ折りの携帯ガチャガチャやってるんで、彼女が笑いながら「ねえ、なにやってんの?」って言ったら、すげえダル...

    2018-10-02

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年9月28日午前5時記す>

     久しぶりで短い小説を書きました。詳細は コチラ     まあ、バタイユ擬きですよね。新宿歌舞伎町バタイユ。店の名前みたい。エロすぎて怖くなるようなやつです。    小説はとにかく苦手で、読むのはそこそこ好きですけど、少なくとも自分に自由な作家性を求められた純文学作品、というのは書いたことがないです。なぜなら書けないので。と、絵に描いたようなトートロジー。  「スペインの宇宙食」に入ってる「(パタフィジークによる)危機の数は13」というのは、楽しく書いて、未だに気に入ってるんですけど、あれはユリイカのボリス・ヴィアン特集に、ボリス・ヴィアンがやってた「パタフィジーク学会」という、学会パロディみたいな(あれが日本の「全日本冷やし中華研究会」だ、という説があって、、、、とか書いても、もう誰もわかんないでしょうなあ)手のこんだ遊びについて、小説の格好でオマージュを捧げるという枠組みだったんで書けたんで、主観上は小説書いてる気はしてないですね。    そのあと、断っても断ってもオファーが来るんで、なんだったか...

    2018-09-28

    • 0 コメント
  • <菊地成孔の日記2018年9月26日午前8時記す>

     しまったやっちゃいました(笑)。ドミューンと夜電波でプレイした。「 Prix Presque Rien Prize 」の3枚組を「非売品」と言っちゃったんですが、しっかり売ってました!(笑)セロニアスモンク・コンペティションかなんかとごっちゃにしてました!改めまして関係各位に深くお詫び申し上げます!イサイくんごめん!!    詳しくは コチラ (プリクスリエン協会)  「 Prix Presque Rien Prize 」というのは、シャレみたいなもんですが「賞金(賞品) / ほとんど / 何もない / 賞」ということで「ほとんど何もないで賞」などと訳されたりしますが、凄いですよ受賞作みんな。リュック et ブリュンフェルド・フェラーリの感覚と精神をがっつり継承して、まあまあフランス産の、しかもフェラーリ調、しかもそれが超国籍的(世界中に受賞者がいるので)というスタイル。セロニアスモンクコンペティションとか、別にモンクっぽくない人もたくさん出るしね。すごく作曲家に対する愛と敬意に満ちた(とまれ、フェラーリだけに、さりげなくクールに)作品ばかりですマストバイ。つうか、オレこれから DJ で使い倒すし(笑)。 ...

    2018-09-26

    • 0 コメント

会員限定動画

33:09会員無料

再生613 コメ6 マイ5

2018/11/02 10:00 投稿

キクチカメラ第四十四回「キクチカメラ山口県YCAMへ行く」

久々のキクチカメラは、山口県のYCAMで行われた<レーベル・キャンプ>に、TABOO代表として出演した最終スパンクハッピーと、...

若いのに白髪多いのね よっしゃーーーーーー ODカメラ! yoshioとyoshikiは同 きたー! べし

34:16会員無料

再生320 コメ11 マイ5

2018/10/31 00:00 投稿

「ゼロからの音楽文法」 第62回

2年に渡った「モダンポリリズム」を終え、ビュロー菊地/菊地成孔が満を持してスタートする「ゼロからの音楽文法」。ドレミの...

毎回毎日観てます 先生ありがとうござい ナゾの具材の正体は、 B♭7に行くフリ 憂鬱読んだらもっと分 DC? 最初2つ一緒なんか 裏コードでしょうか 家庭 なんじゃろ

30:09会員無料

再生318 コメ27 マイ4

2018/10/24 00:00 投稿

「ゼロからの音楽文法」 第61回

2年に渡った「モダンポリリズム」を終え、ビュロー菊地/菊地成孔が満を持してスタートする「ゼロからの音楽文法」。ドレミの...

毎回見てますよ 先生ありがとうござい Ab Eb 平行Cm 笑 丸の内サディスティッ あとゼロ文のタグをつ 動画説明欄に前後回へ Fマイナーに味付け 混じってる感じ A♭メジャーかな

関連HP

TABOO レーベルHPはこちらからどうぞ!
http://taboolabel.net/

Rinbjö Twitterは、こちら!
https://twitter.com/

レギュラー番組、連載

TBSラジオ「菊地成孔の粋な夜電波」毎週日曜日18:30~20:00
http://www.tbsradio.jp/denpa/index.html

UOMO(集英社)「売れている映画は面白いのか?」
http://www.webuomo.jp/thismonth/


2017/05/02 08:43

5月のビュロー菊地チャンネル動画コンテンツアップスケジュールに関しまして

いつもビュロー菊地チャンネルをご購読いただきまして、誠にありがとうございます。今月の「ゼロからの音楽文法」「ポップアナリーゼリローデッド」は5月10日(水)から隔週で順次更新いたします。 今週の更新はございませんので、ご了承ください。 今後とも宜しくお願いいたします!

2017/04/01 10:22

2017年3月29日 TABOO LABEL Presents『HOLIDAY』菊地成孔ソロ アップロードのお知らせ

いつもビュロー菊地チャンネルをご購読いただき、誠にありがとうございます。 3月29日(水)に生放送をしておりましたTABOO LABEL Presents「HOLIDAY Vol.1」ですが、21時頃から21時30分頃まで回線の不具合により、放送できませんでした。誠に申し訳ございませんでした。 本日の12時より菊地成孔ソロの全編をPart1、Part2に分けてアップロードさせていただきます。 チャンネル会員の皆様におかれましては、無料でご覧いただけますので、ぜひご覧ください。 今後は今回のような事故の無いような運営をしてまいります。今後とも宜しくお願いいたします。

2017/02/02 19:18

ビュロー菊地チャンネル「ゼロからの音楽文法」 第20回の配信につきまして。

いつもビュロー菊地チャンネルをご購読いただき、誠にありがとうございます。 2月1日(水)に配信を予定しておりました、“ゼロからの音楽文法 第20回”ですが、大変申し訳ございませんが、都合により一週間延期させていただき、2月8日(水)の配信とさせていただきます。 これにより、その後の“ポップアナリーゼリローデッド 第20回”も一週間ずつリリースを延期させていただきます。お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご了承ください。 今後ともビュロー菊地チャンネルを宜しくお願いいたします。

菊地成孔プロフィール

ビュロー菊地チャンネル

ビュロー菊地チャンネル

菊地成孔(きくち なるよし)

音楽家/文筆家/音楽講師
ジャズメンとして活動/思想の軸足をジャズミュージックに置きながらも、
ジャンル横断的な音楽/著述活動を旺盛に展開し、ラジオ/テレビ
番組でのナヴィゲーター、選曲家、批評家、ファッションブランドとのコラボレーター、映画/テレビの音楽監督、プロデューサー、
パーティーオーガナイザー等々としても評価が高い。「一個人にその全仕事をフォローするのは不可能」と言われるほどの驚異的な多
作家でありながら
、総ての仕事に一貫する高い実験性と大衆性、独特のエロティシズムと異形のインテリジェンスによって性別、年齢、国籍を越えた高
い支持を集めつづけている、現代の東京を代表するディレッタント。

公式HP“第三インターネット
http://www.kikuchinaruyoshi.net/

チャンネルタグ

2012/08/21 開設 317動画