• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • <ビュロ菊だより>No.104「リバウンドはじめました(「オリンピックの経済効果を期待してる奴は、民主党になった時に期待した奴と同一人物だ」というT-シャツを作りました。寝る時に着ています)+」

    2016-05-18 09:00
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

     dCprGのライブの時、MCで「北野きいさんと、ワタシとドラムスの田中ちゃんの痩せ太りの波は完全にシンクロしている。なので、田中ちゃんにずっと会ってなくても、北野きいさんと自分が太っていれば田中ちゃんも太っていることになる」と、ほんの思いつきで言ったのが、またしてもバットの真芯を捉えてしまったか、北野きいさんを毎日見てから寝る身としましては、「きいちゃん来たねー!可愛いねー!プックプクで!ソプラノ歌手みたい!!」とか言いながら、体重計に乗ると、せっかく落とした6キロがリバウンドして更に2キロ増えているので、ヤバいなーと思っています。

     

     この歳ですし、そもそも別に、痩身が美しいとも、また、デブ専的なフェチもないんですけど、とにかくスーツを着てサックスを吹くのがキツくなるのが困るんですよね(笑)。プレーに支障が出るのはやっぱりね。

     

     と、気がつけばダブセプテット、ペペトルメントアスカラー
  • 公演告知「ペペトルメントアスカラール(ft I.C.I)公演は今年最後(の可能性高し)」

    2016-05-02 06:20


    「自分が才能に目をつけてバンドに誘い、そのプレイヤーがとんでもない売れっ子に成って、自分のバンドのスケジュールが組めなく成る」というアンビバレンスは、なんというか嬉しい悲鳴というか、困った吉事というか、ワタシが主催している3つのバンド(dCprG/ペペトルメントアスカラール/ダブセプテット→JAZZDOMMUNISTERSは、ワタシが主催ではなく、大谷くんとの双頭ユニット)のスケジュールがぜんぜん組めず、まあとはいえ、そんなの最初からなんですが(うち2つが大人数だし)、年々凄くなって来て、今年後半に向けてのスケジュール帳を見て唖然としております。
     


     これはチケット売り文句では決してないのですが、というか、ワタシ自身がもっとも、そんな事態は招きたくないんですけれども、5/5のペペトルメントアスカラールの公演は、ペペの今年最後の公演に成るかもしれません、、、、、うそでしょお、、、、ねえ、うそよね?、、、、き、、、き、、、菊地ん、、、、うそだって言ってよ!!言ってよおおおおおおっ!!!!!



     先日のモーションブルーもお陰さまで満員御礼(大変有り難うございました。初めての方はお解りに成ったと思います、ネットとラジオだけで知ってるワタシは、あなたの職場に来ている、ちょこっと面白いバイトの子で、普段何やってるか、まったく知りもしないと)、その際申し上げましたが、セプテット(7重奏団)ですら、しかも今や仙人の域にあるパードン木村さんや、結構仕事選んでる系の坪口や鈴木くんがいても、スケジューリング出来ないのです。



     フジに滑り込んだdCprGですが、45分じゃエギジビジョンにもならないし、それが終わっても年内に1回「新メンバーお披露目」の公演をやるのだ、、、、な、、、なるべくな。という感じです。


     これじゃあミュージシャンの草野球の試合や、タレントさんの麻雀なんかと一緒で、



     「すんげえやりたいんだけど、メンツが揃わないんだよね(苦笑)」



     と言うしか無い。しかし、遊びに関してこの台詞を、気の置けない友だちに「ちょっと困った笑顔」で、言う。というのはまあ、楽しき哉、といった所ですが、本職に関してこの台詞を、演奏を渇望しているファンの皆様に「ちょっと困った笑顔」で、言う。というのは、ぜんぜん楽しくないというか、狂ってますよね正直。



     「やってる?最近、コッチの方(投球かバッティングのポーズ)」



     「すんげえやりたいんだけど、メンツが揃わないんだよね(苦笑)」



     ↑コレはいいけどね。


     「菊地さん、ペペはツアーやらないんですか?凄くライブ行きたいんですよ。菊地さんだってライブに来なきゃ何も解らないって仰るじゃないですか」



     「すんげえやりたいんだけど、メンツが揃わないんだよね(苦笑)」


     ↑極悪人ダこりゃ。 


     というわけで、あらゆる手段(出演料の水増し、土下座、脅迫、恫喝、誘拐等々)を使ってでもスケジュールしマネージする所存ですが、ダメなのよね。もう、いっその事、「出世したら退団」というルールを敷こうかしらやってるメンバーは全員出世してないって事になっちゃうだろバーカ!!!(自分に。念のため。「バーカ」と言っただけで見に来る。という病人だらけになってしまったので。ネットって)



     <入ったときから実力者だったけど、一緒にやる様になってから出世し、もう、滅多にスケジュール取れないメンバーベスト10(ベスト10なんて、本当のバカがやることだが。さっき自分に「バーカ!!!」と言ってしまった手前)>



     1位 大村くん(dCprG


     2位 類家くん(dCprG/ダブセプテット)


     3位 林くん(ペペトルメントアスカラール)


     4位 OMSB(いろいろ)



    勿論これ、「オレ様が奴等をフックアップしてやったんだフフフフ」とか言ってんじゃないですよ。バカが勘違いすると面倒なの念のため(どう考えてもフックアップされてるのはワタシの方です・笑)



     ベスト10つって4位までしかいないというのもバカに拍車をかけていますが、とにかく日本の生物学者の方々に申し上げたい。神の領域に手を染める。という学問的な倫理が問われているのはワタシにだって解ります。が、とにかく1日も早く、人クローン技術を完成させて頂きたい。そしたら大村くんや類家くんを50人ぐらい作って、ウチの事務所に寝泊まりさせます(っていうか、この4人がバンドやってて、月に一回同じライブハウスで楽しくライブしてたりしていたら、手製の爆弾でその店ごと吹き飛ばしてしまいそうになり、しかし出来なく、手製の爆弾を握りしめながら、泣きながら大戸屋とかで定食みたいな物を噛み締めると思います。そんな悲しみがありうるのか?それだったら人クローンが先だろうがっ!!!!)



     ここに持って来て



    <もともと売れっ子のプレイヤーで、未だに365日毎日仕事をする人>



     という、とんでもない人々もいて



     1位 大儀見元(dCprG/ペペトルメントアスカラール)


     2位 本田珠也(ダブセプテット)



     これ、トラ(*バンド用語、代役の事)立つか?



     立てた事あるよ勿論、過去に数回、でも、やればやるほど解るんだよねウチのバンドは変わった競技だし、高いスキルが求められるから代役なんかじゃ無理だって(ピットインでソロやったときの、オムスの代役のUSOWAくんは超カッコよかったけど)。



     残りの人々はみな、(そんなもん言うまでもないけど)仕事が無いわけではなく、「上記の人々の様に、ほぼ毎日演奏し、予定が1年先まで入っている」人々ではない。という事です。


     また

     <やや特殊な楽器が故に、けっこう暇な人>


     もいる。特に実名は秘すが、堀米と早川である。



     もう良い、この2人とだけ一緒に毎日、近所のインチキなフレンチレストランとかで演奏して暮らそう。そうすれば毎日演奏が出来る。と思いきや、この2人は新婚かつ幼子がいて(早川くんおめでとう)、物凄く可愛がっているので、ワタシの様な悪くて頭がおかしい、幸せな家庭とう物を崩壊させる怨念に凝り固まった危険人物の夜遊びにつきあってくれるわけが無いのである。

     というわけで、勢い、ベーア(独身)やカンちゃん(独身)や中村くん(独身)とばっかりつるんでるオレです。とまあ、ワタシの遊び仲間は兎も角


     5/5の日本橋三井ホール/ぺペトルメントアスカラール公演



     は、ペペの今年最後の公演に成る可能性が高い、、、という事を、悲しみを抱えた、お洒落なお客様達の勘が働いたか、残席僅少です。 


     とはいえ、まだ残席はありますし、最後の手段で、「どうしても」という方には立ち見もご用意出来るかもしれません。(当日券の方はお問い合わせのうえ、ご来場ください。)あの建物の中に入って、周囲を見回すだけでも素晴らしい経験ですよ。今回、準備期間が足りなく、休憩時間を作ってシャンパン出したり。が出来ませんが、I.C.Iと合流して、セクシーもエレガンスもヴァイオレンスも総て3割増、で参りますんで、是非御来場ください。



  • <ビュロ菊だより>No.103「「ガンダムからお越しの方」は一回前の回にどうぞ+」

    2016-04-27 10:30
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

     <ちょっと時間がズレたらマエケンに救急処置していたかも知れないね>

     

     プリンスが亡くなったショック、それに対するコメントはラジオでさせて頂くとして、マエケンが、毎日ワタシが通る路上(というか、良く行くワインバーの脇)で亡くなったのには驚きました、、、と驚きたい所なのですが、全く驚かないです。

    あの位置は、伊勢丹を中央に置いているものの、新宿ものまねパブの牙城「そっくり館キサラ」と、二丁目を繋ぐルートの内の1本だったので。

     もし路上で亡くなるとして、知らない街の、知らない薄暗い路上が良いか、そこに寝そべって寝れるぐらいの、自分の縄張りが良いか、第一には神が決定するでしょうし、第二には本人が願うでしょう。ワタシはどちらでも良いので、つまりは後者でも良いのですが、ワタシが観る限り、テレビのコメンテーターでこの線で発言している人1人もいなかったので念のため。10秒ですむのにね。「キサラから出て、伊勢丹の後ろ回って、マヤビルで飯喰って二丁目に繰り出す途中ですよね」

     

    <世間が知らないうちにルックスが変わっていたりするものよ。というか、誰もが人のルックスを無料でパブリックイメージしている。ワタシだけが、芦田愛菜が(とっくに)大人の女になってしまっていたのを知っていたのかも知れないね>



     こちら今、無料世界向けに書いているので、お読みに成る方も好事家ばかりでしょうし(タイトルの通りです。一回前に詳しく書きましたヨ)、何せ最近一番大きかった、外野席の方からのお声は「タモリ倶楽部でのルックスがみなみらんぼう氏/YOU THE ROCK氏/みずしましんじ水島新司氏になっていた」というもので、世間という物は、まだ芦田愛菜さんがちっちゃい子のままであるとか、金の亡者ミランダ・カーがブロンズのロングヘアであるとか思って疑わない、牧歌的な人々の集まりですから、メガネがカザールに変わっていた事など言うまでもなく、ワタシが今年に入ってから8キロ近く太ったという事も、それを一ヶ月で取り戻したという事も知らずにいる訳ですが、とにかく炭水化物抜きダイエットを信ずる者にとっては「セブンのサラダチキン」という主食が飛ぶ様に売れている事も御存知ありますまい。ワタシは1日1個として、20個買いまして、そろそろ食べ終わります。

      

     <ガンダムOSTと大西順子さんの復帰作「Tea times」が一週間おきで出るんで、しかもガンダムOSTのピアノは大西さんだから、混乱を招く、と思いがちだけれども、「ガンダムのファンと大西順子のファン」はぜんぜん重ならねえから、大丈夫。とか思っていると、これが意外に何万人も重なっているかも知れないね>



     予約だけでAmazonのトップ10圏内ですとか言われているので、「どうしよう<あまちゃん>みたいになっちゃったら。あんな成功、端から見ててもキツそうだ。でも、そんな心配ご無用かも知れない。オレは金遣いが荒いし(ゴルフと不動産と車をやらないだけ)、そもそもスピンオフだから、また本道の先生が戻って来られるだけの話しであろう。ルパン三世のときと同じである」とか思いながらサラダチキンを貪り、腹筋運動に勤しんでいるのですが、とにかくこの歳のダイエットは気をつけないと健康に悪いので、血管や内蔵を鍛えるサイドメニューもくっつけています。

     

     と、「ガンダムOST」は、前回も書きましたが、大西さんや梅津さん入りのジャズサイドもヤバいのは言うまでもありませんが、ポップスサイドもワタシのオールディーズ愛が溢れて我ながらガッチガチに素晴らしいですよ。歌う人みんな凄く上手いし(ワタシとICI以外は・笑・でもICIは女子らしく徹底的な整形手術を施してますがーー声に。念のため、顔はどうしているか知りませんーー男の中の男であるワタシは一切のチューン操作無しで90年代のヘタウマ感をバリバリに出しているので、ヘタウマファンは必聴ですよ。ふっふっふっふっふっふっふ←rinbjoの笑い方)、特に作詞とアレンジは我ながら良い仕事したなと思いました。

     

    *前回書いた通り、dCprG「ロナルド・レーガン・アザーサイド」も入ってまして、ヘタすっと、追注のコレが全部もってっちゃうかも(笑・なんだよそれー)つうぐらいヤバいです。事務所のアレで名前出せないんですけど、大村くん(挟間美帆さん似)はもう、入団当時とは別人ね。やっぱ世界ツアーは行った方が良い。○○B○○が出てる合衆国のTVショーとか観たけど、ヤバいもんもう、ウケ方が。ワタシも山下組と大友組でワールドツアーがあったんで今があるのだなあ。と思います。ワタシは、音楽に関してだけは100%自身がありますが、この点だけは不甲斐ないっすよー。来年から何とかします。



     <まあ、ライブがドカーンとある訳ですよ。5月と6月に。併せて6本も。秋以降は正直、メンバーが集まらないんで、非常に苦戦しています。この夏に今年分を全部楽しんでしまわれませんか皆の衆?でも、ダブセプテットも、ペペも、ジャズドミュニスターズも、ワタシのソロも、パシフィコ横浜のガンダム祭りも、ブルーノートのガンダム祭りも全部来る日本人なんて、地球上で3人ぐらいだと思うし、それが健康的だし、まだ53になっても、全貌をキャッチ出来ない人のまま、でいるのかも知れないね>

      

     4月30日 モーションブルー横浜 ダブセプテット

     

     今年は何とか、このバンドの公演数増やして、駒野さんが類家くんをたじたじさせる所とか見たいんですよ(類家くんまだ若いのに、出来上がりかけてるから)。変わらずジョージ・ラッセルと菊地成孔の曲ばかり。現在アコースティックジャズで出来るタイムアプローチ、リズミックアイデアの実践に於いて、世界最高峰の物をお見せします。  

      

     5月5日 日本橋三井ホール ペペトルメントアスカラール

      
     新しいストリングセクションをメンバーとして奪回し、平均年齢をぐっと下げた11人フルメンバーでネクストステージに向かいます。これは定番のナンバーで行われる、あと何回かのライブのうちのひとつ。来年にはほぼ全曲刷新します(マジで)。ICIも来て「ICIC」「スーパーリッチキッズ」のパフォーマンスを見せます。ワタシは2CD-Jを壇上に上げて、今までに無かったレヴェルのペペの騒音性、官能性を、拷問的な轟音のレヴェルに引き上げます。

      
     5月14日 「森道市場2016」 JAZZ DOMMUNISTERS
      

     とうとうHIP HOP系のフェスも我々の様なキチガイを呼ばざるを得なく成ったようで、「菊地さん。これ新曲です」という大谷くんのニューシッは「イルな場所にいる/常にイルな場所にイル/余裕で千年ぐらいはこのままミマル」とか「生産性の反対だ/正反対の賛成だ/ナンセンス!!!(ベトナム戦争)生産性の反対だ/正反対の賛成だ/ナンセンス!!!(ペレストロイカ)」とか延々と言ってますね。良いんじゃない?地球上の誰にも理解出来なくたって。HIP HOPを19世紀と22世紀に飛ばす。それがドミュニスト。
      

     5月27日  JZBrat 菊地成孔ソロ

      
     いいかげんこのバンドにも名前付けようかなあと思っています。今一番いいなと思ってるのが「オッドフューチャー」なんだけど、これはもう使われてるから「ネプチューンズ」もしくは「ネプチューン」かなあ、とも思ってるんだけど、何と驚くべき事にどっちも使われているので、「ソウル・オリンピック」もしくは「グルーヴ・ダダイスト」にしようと思っています(ウソ。もっと大学二年が喜びそうな、ワックスポエティックス~ニューチャプター系のカッコいい名前にしようっと)

      
     6月12日 パシフィコ横浜 ガンダムエキスポ

      
     出た!遂に何万というオタクの皆さんの前でトークイベントをする事に(笑)。歴代のダンダムシリーズ(?)の、総ての主題歌が披露されるそうで、森口博子さんとか(汗)もご出演されるらしく、ワタシはICIに和装させてエスコートして行きます(「サンダーボルト」チームからはICI aka 市川愛さんが複数の主題歌から、モータウン風の「あなたのお相手」を歌います)。

      

     6月23日  ブルーノート東京 ガンダムOSTレコ発記念ライブ

      
     これは前回を参照して下さい。ブルーノートはハイになってますので(笑)、1ミリも臆する事は無いです。興が乗ったら、ですけど、大西さん、ワタシを始め、ICI、坂本さん、ギラ・ジルカさん、矢幅くんなどもみんな繰り出して「サンボル一座」でサイン界とかしてしまうかも知れないです(しないかも知れないです)。

      
     

     <まあ、とにかくガンダムに関してはアルバムを買って頂く事にして、問題は大西さんのアルバムそしてレコ発だよね。これはガンダムどころじゃねえオールスターなんで。でも、この日に、ワタシと大西さんは、いろんな事を知っちゃうのかも知れないね>

      
     大西さんの「Tea times」は本当にグラミー獲れるんじゃないかと思うんですけど、テリオン・ガリー、ウニオール・テリー、挟間美帆、日本のジャズオーケストラのトップから30人近く、OMSBJUMA、吉田沙良、矢幅歩を全員集めないと出来ないので、少なくともブルーノートでもコットンクラブでも5日から一週間やらないといけない。インターナショナル販売にしましょうよー。SONYの偉い皆さんー(プロデューサーからレコード会社に、公式サイト乗せてマーケット拡大を要求。これは業界でも稀に見る訴状と言えるのではないだろうか)。

      

     <dCprGフジロックに出演、そして「現行でのメンバーによる最後の演奏」とすることを宣言。年末12月まで延ばしてもメンバー全員揃う日が一日も無かったぜ。年内にやるライブは、新しいメンバーのお披露目となります。でもまあ、それが良いのかも知れないね>

      
     7月24日 フジロックフェスティヴァル dCprG

      
     この日を、田中教順とアリガスの卒業ライブ(大学を「卒業」するから)とさせて頂きます。現在、まだ新メンバーはエントリーを募っている最中ですが、年内にはお披露目のライブを行います。また名前を変えないとね。因に24日のラインナップハンパないすよ。レッチリ、横山験、バットルズ、BABY METAL、カマシ・ワシントン、DJハーヴェイ、MARK ERNESTUS’ NDAGGA RHYTUM FORCE

    VIDEO TAPE MUSIC×CERO
    などなど。まあ余裕で一番ヤバいパフォーマンする自信アルネー(*一部メンバーが重なるが)

      

     <大いなるPSかも知れないね>
      

      
    そして今日、4/27はTABOOのダークホース、ペン大卒業生のビート集「PCM15 BEAT MUSICS/ペンギン音楽大学院2015年度ブラックミュージッククラス卒業制作集」が配信販売開始されます>moraitunes storeなどでご購入いただけます。


    *)アルバム単位でのクレジットは「菊地成孔」となっています。これは担当者のミスです。速やかに各曲の作曲者名を明記致します

     


    M-1
     作者名 クルクルBeパーっぷ
       楽曲名 「Automatic Colors
      
    M-2
     作者名 森佑允
       楽曲名「The Last Class ft N/K Tommy-H

    M-3
     作者名 森佑允
       楽曲名「The Last Class ft 菊地成孔 松i Dye-Kong 森佑允 Tommy-H

    M-4 
    作者名 森佑允
       楽曲名「The Last Class

    M-5
     作者名 森佑允
       楽曲名 「Teacher ft sisterX N/K 菊地成孔」

    M-6
     作者名 森佑允
       楽曲名 「Teacher ft 菊地成孔」

    M-7 作曲者 松i
       楽曲名 「Door

    M-8
     作曲者 貴嶌田
       楽曲名 「CAPTAIN his SAX ft MC源①Low

    M-9
     作曲者 貴嶌田
       楽曲名 「CCCMMM ft MC源①Low

    M-10
     作曲者 大和比呂志
        楽曲名 「New York2997

    M-11
     作曲者 大和比呂志
        楽曲名 「New York2997 ft 菊地成孔」

    M-12
     作曲者 丸山桂
        楽曲名 「○△」

    M-13
     作曲者 丸山桂
        楽曲名 「SARU NO AYUMI



      

     「え?なにそれ?」というかたはアナタ管とヴェルヴェッツ&ニコで「粋な夜電波」の2月26日オンエア「ビートミュージックの現在」並びに3月18日オンエア「ペンギン音楽大学卒業制作特集」をご覧下さい。



     <偽インスタグラム>