• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • <ビュロ菊だより>No.110「<フジロックに出る>という事」

    2016-07-26 10:00
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

     

     もう何年前か忘れてしまったけれども、我々(デートコースペンタゴン・ロイヤルガーデン=当時)が初めてフジロックに出る時、ワタシはまだ精神分析の治療中で、「フジロック(の、ような有名でステイタスの高いフェス)に出たら死ぬ」と思っていた。本当に思っていたのである。 

     

     何度か書いている一般論だが、神経症とは、複数の症状に対して、複数の要員がある。これを複合体(コンプレックス)というのだが、それを言葉によって構造を読み取り、最終的に解体することが分析行為であるのも、また一般論である。 

     

     「フジロックに出たら死ぬ」と思うこと、これは不感症の女性と似ている。勃起不全、射精不全の男性とは、「取りあえず」区別する。 

     

     オルガスムスを最悪徳と最重罰と自己決定し、イク(物凄い快感を得る)と死ぬ。と思い、イク前に(それが直前なのか遥かに前かは個人差があるとして)自分で醒めてしまう。パニックの傾向がミックスされれば、イク直前に相手を投げ飛ばしてベッドから闘争する患者もいる。 

     

     何れにせよ、そんなに深刻な症状ではない。イカなくても(実際は、もちろん「イッても」)死にはしない。リスクがあるとすれば、相手の男性(或は女性)を追いつめてしまうか、場合によっては相手が、プライドを守る為に暴力を振るったりする可能性まである。それだけである。 

     

     罪悪感=宝の在処を移動させてやれば治りそうなものだが、複合的だからそうはいかない。絡んだ糸である。 

     

     それにワタシは、不感症の女性と違って、というか、逆転的に、いくら真剣に「出たら死ぬ」と思い、過換気になっても、眠れなくなっても、結局出た。つまり、さきほどの例えで言えば、イったら死ぬと思いつつイッた訳で、なんだかんだ苦しいフリ(勿論、演技ではないが)をして、お宝の価値を上げ、そして、出ても死なない事によって、下ろした。つまり、神経症者がよくやるマッチポンプをしただけとも言える。 

     

     神経症の話はどうでも良い。フジロックの話だ。神経症の話の方がフジロックの話なんかよりずっと興味がある。という方には、悪い事は言わない。退会をお勧めする。 

     
  • <ビュロ菊だより>No.109「ルックスを変える+」

    2016-07-22 10:00
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    <7月某日 アレクサンダー・マックイーンでスーツと靴を揃える。伊勢丹メンズ館のマックイーンのバイヤーは私の事を知っていて、特にラジオが好きで、最近だと「ノンストップ・ビートルズ」が最高だった。と言った>
     

     「マイルスのカプセル怪獣」こと、「となりでサックスを吹く男達」がいるが、その中でも私が最も愛するのはデイブ・リーブマンに他ならない。このあいだ、「なんとかサックス」みたいなサックス・マガジン(意外といっぱいあるのだコレが)の特集記事で「マイルスの隣の男」みたいな感じで、歴代のサックス奏者のうちで、あなたは誰が一番好きですか?理由は?ベストプレイは?みたいな、結構突っ込んだアンケートの仕事があったので「自分の母体になっているのはウエイン・ショーターだけれども、他人事だと思って眺めるとしたら(全部他人事だ・笑)、圧倒的にデイブ・リーブマン」と解答した。
     

     あれこそホワイト・ドーベルマンであろう。一番マイルスが吹かない(吹けない)時期に、マイルスの、何だか意味の分からないソロが終わると、猛然とサウンドに噛み付いて、吠えまくり、引きずり回した。マイルスが「豹を連れて歩いた黒人たち(今更、誰とは言わないが)」に強く憧れた事を、最も鮮やかにトレースしている。ウエイン・ショーターは「物凄く頭の良い(主人より良いかもしれない程の)忠犬」という感じではないだろうか。私は野良犬の友人だが、野良犬を最高位に置くほど不良ぶりたい訳ではない。マイルスが連れた野良犬の代表は言うまでもない、ジャッキー・マクリーンである。
     

     とまれ、今回は「伝説の<ライブアンダーザスカイ・マイルスコルトレーントリビュート>の2トップ(2ソプラノ)試合」が、一般的には「圧倒的にリーブマンの勝利」と看做されがちだが(私もそう思っているが)、今改めて、特に音源だけで聴くと、ショーターは既に現在のカルテットのスタイルを取っており、少なくとも先鋭性に於いては、無用なほど高かった、つまり「速すぎたが故の、観客からの圏外」という立ち位置を、我が身に比そうなどという、身の程も恥も知らぬ不細工な行為をするつもりではない。
     

     マルチリード奏者とまでは言わないが、ソプラノを筆頭にテナー、日本ではついぞ披露しないが、アルトやバスクラも吹かいではないデイヴ・リーブマンは、「楽器の持ち替えに」ついて、私の世界認識の一角を形成するほどの強烈な金言を残している(そもそもリーブマンは大変なカマシ屋でフカシ屋であり、でないと金言など引き出せる訳が無い*「M/D」参照)。
     

     「持ち替えた奏者が思っているほどの差を、客は感じていない」
     

     凄い。ユダヤ人にしか言えない言葉だこれは。
     

     私はペペトルメントアスカラールでのみサックスを持ち替えるが「おお、いまアルトになった」「やっぱテナーはいいなあ」とか観客は思っていないだろう。ただ、私自身も思っていないので、考えようによっては、私は小林信彦が自称した様に日系のユダヤ人なのかもしれない。
     

     日系ユダヤ人にとって、「ルックスを、能動的に変えて行く」事は、宗教上の規律だ。私は6歳、15歳、18歳、飛んで30歳、飛んでイスタンブール、飛んで39歳、50歳の時に、能動的に自らのルックスを一変させた。マイルスの様に、女(母や妻)の影響ではないのが我ながらかわいげの無い所だと思うが、必要性があって思い立ち、さっき「一変」と書いたが、ある日一度にしたのではない。徐々に確実に行うのである。
     

     ちょっと前に心的予兆があり、「禿げたデブになろう」という心の声を聞いてしまった、と書いたら(書かなければ良かった)、物凄い数のメールが届いて、「禿げは構わないからデブはいかん」と言われた。「何故デイブ・リーブマンの話しから?」と思っていた方で、デイブ・リーブマンについて熟知している方であれば、流れの自然さはご理解頂ける筈だ。
     

     最近はファンメールも数名の決まった方(私のメールボックスの中で日記を連載している様な方など)からしか来ないし、驚いたのは「こんなに沢山、<ビュロ菊だより>を読んでる方がいる」という事である。ここ数年で、飛び抜けて多かったので、腰を抜かしていたら、次に多かったのがすぐつぎに来た。内容は「ズッカのPコートください」(笑)。余りに驚いたので、「肥りたい」という欲望は無理矢理封印する事にした。そのツケとして、痩せたままルックスを変えて行かねばならない。自分でも何をしでかすか解らない。

     
  • <ビュロ菊だより>No.108「鳥」

    2016-07-11 09:00
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

     タイトルは「ヒッチコック映画がいま、韓国の、複数のテレビドラマに影響を与えている。という、非常に奇妙な現象」について考察しようというのではない。 

     

     ここ数年で私は「ポスト韓流」とも言うべき、韓国のヒップホップならびに、韓国映画とテレビドラマに、耽溺と言って良いほどのハマり方をして来て、それは現在も続いている。これを書き終えたら、イ・ソングクとチャン・ナラ主演の「君を憶えている」を、夜通し全巻観る事だけを楽しみにしている。 

     

     韓国のテレビドラマで、タイトルが「君を憶えている」では、とにかく先入観の抜けない頑固な人々は「冬のソナタ」のような物だと思うに違いない。そういう人々には電気について「<ああ、知ってるよ。コミカルラップの新人だろ♪痩せない痩せない痩せないよ~。そんなに食べてちゃ痩せないよ~♪とかいうフックの>と、言われたらどう思うかね?」と言うだけの事だ。