• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

チャンネルとチャンネル主の紹介

○プロフィール

 1978年新潟生まれ。いまどきエンタメ解剖中。

○Twitter

@kaien(https://twitter.com/kaien

○メールフォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5c360b2b32384

○サンプル記事(無料)

http://ch.nicovideo.jp/cayenne3030/blomaga/ar37

○チャンネルコンセプト

 「いまどきエンタメ解剖教室」はほぼ毎日更新で月額324円です。ぜひご購読ください。

チャンネル基本情報

海燕のチャンネル

海燕のチャンネル

 エンタメを解剖します。

2012/08/21 開設 4動画

最新記事

  • 非モテはほんとうに辛いのか? 宮台真司の本を読んで考える。

     誤って未完成の記事を配信してしまいました。ごめんなさい。  さてさて、宮台真司『君がモテれば、社会が変わる。』という本を読みました。ミヤダイさんの本は良くも悪くもとにかくクセが強くて、くどいところがあるので普段はあまり読まないのだけれど、たまに読むとやはり面白い。  この本のテーマはタイトルにもある「モテ」。といってもモテるための態度とか小噺とかそういうことではなく、「ひとがモテるということはどういうことなのか」を巡る話が展開しています。  いわばモテ哲学。中二少年のごとくモテにあこがれる(しかしモテない)海燕さんとしては興味津々なテーマです。  男と犬と子供にはモテるんですけれどねえ。女子にはモテないなあ。なぜだろうなあ。まあ、女性を怖がって近寄らないようにしているということもひとつの理由ですよね。  恋人とか伴侶はともかくとして、女性の友人はもう少し欲しいところ。ウソです。恋人も欲しいです。モテたくてたまらねえ。モテに渇いている。  で、この本、「モテ」について書かれていることは間違いないのですが、内容の大半は一見すると「モテ」とは関係ない日本社会論です。「モテ」...

    57分前

    • 0 コメント
  • 特報! noteでも有料ブログを始めるよ!

     noteに「弱いなら弱いままで。」の出張版を作りましたー。 https://note.mu/kaien/m/m9202126d0f5b  ニコニコチャンネル版の「弱いなら弱いままで。」と同じくブログとメールというふたつの機能で読めます。内容的にはニコニコチャンネル版と同じ。そして月に何本かおまけ記事が付く予定です。  さらに! note版ではゲスト記事としてかんでさんとてれびんの記事も読めます。海燕さんが日ごろよく話題にする友達のかんでさんやろくでなし医師のてれびんってどういう人なの?という興味がある人はぜひnote版をご利用ください。  また、noteには音声をアップロードする機能もあるのでnoteでしか聞けないラジオなども放送したいところです。あと、コメントなどもニコニコチャンネルより簡単に付けられるはずです。  価格はニコニコチャンネル版よりちょっとだけ高くなって月500円! でも、当然ながら海燕さんに入るお金も増えるので、「もっと海燕さんに楽な生活をしてほしいわ」という人(いるのか?)はnote版をご利用くださるといいかもしれません。ちなみに、これも当然ですがてれびんとかんでさんにもお金が入ります。  何ならニコニコチャ...

    21時間前

    • 0 コメント
  • 『ガールズ&パンツァー最終章』で考えるアニメ映画ビジネス。

     『ガールズ&パンツァー最終章』見て来ました。  見る前までのぼくは「え? 何? 最終章? いまさら蛇足じゃね? 何より1話50分の映画が全6話ってどういうことよ? もちろん、『ガルパン』だから出来がいいのは間違いないだろうけれど、こういうビジネスってどうなん?」などといかにもオタクっぽい思い込みにひたっていたのですが、じっさい見てみるとこれは傑作。  いやもう、面白いのなんのって。記念碑的な大傑作だった『劇場版』に匹敵するか、あるいは上回りすらするクオリティだといっていいでしょう。愉快痛快、たまらない出来です。  女の子たちが戦車に乗り込んで競技を行うというアニメーションならではの荒唐無稽なアイディアはここに至っていよいよ洗練され、テンポの良い演出のひとつひとつがそれはもう見事。50分をあっというまに駆け抜けます。  テーマがどうとかメッセージの深淵さとかそういうことはともかく、ただ面白いかどうかでいえば、今年見た映画のなかでも抜群の出来といえるかもしれません。いや、ほんと、凄かった。  すでに『劇場版』を見ているからそれなりの出来を予想していったのだけれど、それにしても素晴...

    1日前

    • 0 コメント
  • アニメさえあればひきこもり生活も苦しくなんてない!?

     ども。最近のアニメは『ブレンド・S』とか見ている海燕です。まったくどうということはない日常系なのだけれど、まあ、ほっとするというか癒やされるというか。この手のアニメはたしかに一期にひとつくらい必要だよなー。  積みアニメ(?)もいいかげん溜まりに溜まっていて、どうしたものか。いや、コツコツ見ていくしかないのだけれど、ぼくはどうもそのコツコツというのが苦手なのです。  性格が短気にできているのですね。もしコツコツやっていくことができる性格だったら、いまごろこのブログの会員ももっと多くなっていることでしょう。  それにしても、最近のテレビアニメってほんとうにレベル高いよね。作画だけじゃなく、物語もよくできている。ひきこもり生活がはかどるわけだわ。  ぼくの人生、ある意味、何十年も続く夏休みみたいなものだから、オタク的にはめちゃくちゃ幸せなのかも。仕事といえば毎日ブログ書くことくらいで、うん、それ仕事っていわないよね。わかってはいたんだ。  今期は『ネト充のススメ』とか面白かったのですが、来期は何か見るものあるかなあ。『カードキャプターさくら クリアカード編』とかですかね。 ...

    1日前

    • 0 コメント

Twitter