• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

チャンネルとチャンネル主の紹介

○プロフィール

 1978年新潟生まれ。いまどきエンタメ解剖中。

○Twitter

@kaien(https://twitter.com/kaien

○メールフォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5c360b2b32384

○サンプル記事(無料)

http://ch.nicovideo.jp/cayenne3030/blomaga/ar37

○チャンネルコンセプト

 「いまどきエンタメ解剖教室」はほぼ毎日更新で月額324円です。ぜひご購読ください。

チャンネル基本情報

海燕のチャンネル

海燕のチャンネル

 エンタメを解剖します。

2012/08/21 開設 4動画

最新記事

  • 都市のなかにコミュティを作る。

     Phaさんの「シェアハウスの限界」という記事が面白い。 http://pha.hateblo.jp/entry/2017/04/22/210504  意義深くはあるものの色々とトラブルの火種を抱えたシェアハウスという概念を拡張し、都市のなかにひとつのコミュニティを作ろうという企画らしい。niryuuさんという方が書いている「ニアハウス」という構想のリピートだということだ。  これはとても面白いと思う。ペトロニウスさんは普段から「歳を取ったら近くに集まって暮らそうぜ」みたいなことをいっているわけだけれど、それはまさにこのニアハウス構想に近いんじゃないか。  もちろん、いままでにも気の合う仲間だけで小さなコミュニティを作り出そうというコミューンの構想はあった。たとえば佐々木俊尚さんの『そして、暮らしは共同体になる』で紹介されているエコビレッジ「サイハテ」などまさにそうだ。  しかし、この「ニアハウス」概念が興味深いのは、べつだん都市から離れたところに拠点を作るのではなく、都市の内側に小さなコミュニティを作ろうとするところだ。Phaさんはこんなふうに書いている。 ここでもう一歩考えを進めてみると、「そもそもシェアハウスという形...

    1週間前

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 愛とモテについて語るらじお。

     22日午後9時からラジオを放送します。お相手はいつもの……と見せかけてそうでもない感じ。 http://live.nicovideo.jp/watch/lv296302361  ラジオ放送中です!

    2017-04-21

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 非モテなう。

     うに。既に夜明けが近くなっているのですが、昼夜逆転生活の結果、まったく眠気がやって来ないのでもう一本記事を書くことにします。  ちなみに、あまり関係ない話ですが、ある国のお姫様が魔物たちにさらわれてしまった後、幽閉の魔王城で安眠を求めて試行錯誤する様子を描いた『少年サンデー』連載の『魔王城でおやすみ』は非常に面白いのでお奨めです。何か最近の『サンデー』でいちばん面白いのはこれじゃないかと思うくらいなんですけれど。  閑話休題。さて、前回の記事では「暮らし」テーマの話をしたわけですが、今回はより直球に「恋愛」と「モテ」の話をしたいと思います。  いままでも恋愛工学とかの話はしてきたわけですが、ぼく個人の恋愛観とかパートナーに希望することについてはほぼまったく語って来なかったと思います。  というのも、ぼくは片思いも含めて恋愛の経験が一切ないからで、語ることが何もないんですね。ひょっとしたら40近くになるまで恋をしたことがないという男も珍しいかもしれないですね。  べつに恋愛欲求がないわけではなく、恋に恋することそこらの女子高生にも劣らないと思うのですが、なかなか女性と縁が...

    2017-04-17

    • 1 コメント
    ダウンロード
  • 女性たちに学ぼう。「日常系マンガ」のように日常を生きる。

     前回の話の続き。前回は、女性たちの真似をしてクオリティ・オブ・ライフを上げようと試みているというところまで話しました。これはほんとうのことなのですが、意外にこういう人はまだ少ないのかもしれません。  まあ、たしかに南青山のオサレなレストランはカップルばかりでしたし、『ドラえもん』の映画をひとりで見に行ったら子連ればかりでした。  世の中にはどうやら「男ひとりで入るところ」、「女ひとりで入るところ」、「男同士で入るところ」、「女同士で入るところ」、「男女で入るところ」、「子連れで入るところ」といった場所柄の「常識」があるようです。  いまはもうそうでもないかもしれませんが、昔はラーメン屋なんかは女性ひとりでは入りづらかったようですね。  フェミニズム的にいうとジェンダーの問題ということになるのだろうけれど、ぼくはほぼ無視しまくっているのでまったく気になりません。  ひょっとしたら周りからは「あの人たち、男同士でこんな場所に来ているわ。場違いだと気付かないのかしら。ひそひそ」とか噂されているかもしれませんが、まあ、べつにいいんじゃね? そういうジェンダーにもとづく常識なんて...

    2017-04-17

    • 2 コメント
    ダウンロード

Twitter