• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

チャンネルとチャンネル主の紹介

○プロフィール

 1978年新潟生まれ。いまどきエンタメ解剖中。

○Twitter

@kaien(https://twitter.com/kaien

○メールフォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/5c360b2b32384

○サンプル記事(無料)

http://ch.nicovideo.jp/cayenne3030/blomaga/ar37

○チャンネルコンセプト

 「いまどきエンタメ解剖教室」はほぼ毎日更新で月額324円です。ぜひご購読ください。

チャンネル基本情報

海燕のチャンネル

海燕のチャンネル

 エンタメを解剖します。

2012/08/21 開設 4動画

最新記事

  • すべての表現は「本物」と「偽物」に分けられるのか?

     映画『グレイテスト・ショーマン』を見ました。  『レ・ミゼラブル』や『アナと雪の女王』、『ラ・ラ・ランド』などのヒットで最近、人気を取り戻しつつあるミュージカル映画です。  この作品の主人公は貧しい身の上から興行によって成り上がった男、P・T・バーナム。  かれと、かれが生み出した史上初の「サーカス」がこの映画の中心です。  このバーナムさん、実在の人物で、それどころかアメリカではとても有名な人のようです。  史実のかれは、相当に後ろ暗いビジネスにも手を染めたペテン師まがいの男だったようですが、この映画のなかのバーナムはあくまでヒーロー。  ときに判断を誤り、差別的な行動に走ることもありますが、基本的には家族を愛し、仲間たちを守ろうとする心優しい人物として描かれています。  アメリカの批評家界隈では、この、主人公の「いい人化」が史実をねじ曲げているということで評価を下げている人も相当多くいるようですが、日本人のぼくとしてはまったく気になりません。  そもそも史実を知らないのだからいくらかねじ曲げられていても問題はないというものです。  ただ、それでも少々、人間ドラ...

    14時間前

    • 0 コメント
  • 『コードギアス』劇場版はダイジェストを超える出来。

     映画『コードギアス 反逆のルルーシュ 叛道』を観て来ました。  ダイジェスト版『コードギアス』三部作の第二章にあたるわけですが、いやあ、面白かった。  本来、50話ある『コードギアス』本編を2時間超の映画3本にまとめあげるという無茶な企画であるわけですが、実によくまとまっていると思います。素晴らしい構成力。  しかも今回は相当にオリジナル演出が入っていて、良くも悪くもテレビ版『コードギアス』とは別ものになっています。ここまで来るとダイジェストというレベルじゃないですね。  よくいわれることですが、『コードギアス』という作品は、ある意味でそのちょうど10年前に発表されている『新世紀エヴァンゲリオン』へのアンサーという側面があると思います。  『エヴァ』は、長い戦いの果てに大義を見失い、戦うべきモチベーションをなくしてしまった主人公を描いた。  そして、『コードギアス』はその迷路から脱出するために意識的に悪を選択する主人公の物語を綴っているわけです。  LDさんはその系譜を「悪を為す系」と呼んでいるようですが、つまりは「世界を変える」という大局的な目的のためにあえて悪の道を進ん...

    2日前

    • 0 コメント
  • 庵野秀明のオリジナル幻想と奈須きのこの偽物論。

     『ファイブスター物語』の第14巻が出ました。今回は魔導大戦序盤のベラ国攻防戦。ソープとラキシスを初め、オールスターキャストが関わる豪華な巻となっています。  また、今回は一巻まるまる戦争ということで、凄まじい量のキャラクターが登場し、情報量も膨大です。  憶え切れない読者をかるく振り落としていくこの傲慢さ。これぞ『ファイブスター物語』という感じですね。  前巻の総設定変更で不満たらたらだった読者にもこの巻は好評のようです。作家が実力で読者をねじ伏せてしまった印象。  『HUNTER×HUNTER』なんかもそうだけれど、読者の不満を無理やり封じ込めてしまうくらいの実力って凄いですよね。  ここには作者が神として君臨する形の作品の凄みがあります。  ぼくはソーシャルゲームの『Fate/Grand Order』を遊んでいるのですが、『ファイブスター物語』のような古典的な作りの作品とはまるっきり印象が違う感じです。  『FGO』はどちらかといえば作り手と受け手、そして受け手同士のコミュニケーションに面白さがあると思うのですよね。  つまり、作り手が作品を投げかける。すると、読者がそれを二次創作を初めとする...

    2018-02-13

    • 0 コメント
  • ブログでお金を稼ぐためにはどうすればいいのか? ひとつの実験。

     お金のことをずーっと考えています。  このブログでは月額300円ほどいただいて購読してもらっていて、そのうち何割かがぼくの懐に入るシステムになっています。  常日頃からプアなぼくとしてはありがたいことこの上ない話なのですが、同時に「広く記事を読んでもらえない」という問題も発生しています。  会員数が何千人もいればそれでいいのですが、どうしたってそこまでとどかない以上、せっかく記事を書いてもわずか数百人の人にしか読んでもらえないことになるわけです。  正直いって、これは残念な話。有料で書いている以上、ほかのブログに転載するわけにもいかないし。どうしたもんじゃろうのうとここ何年間も考えているのです。  ユーザーの側の利便性からいえば、無料で手軽かつ無限に読めるシステムがいちばん良いわけです。  ブロマガのシステムはそれを歪めているということもできるでしょう。でも、お金をもらうためにはそうやって歪めるしかないのが現状なんですよね。  ここらへんの議論はブロマガが導入されたときにさんざん行われたと思いますが、でもアンサーは出ていません。  ぼくとしては、ほんとうはブロマガを...

    2018-02-12

    • 1 コメント

Twitter