• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 『君の名は。』ネタバレ感想。物語を形づくる三枚のカード。

    2016-08-29 04:531
    50pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

     先ほどまで映画『君の名は。』のネタバレラジオを放送していたのですが、そこで話したことを記事の形でもまとめておきます。

     以下、『君の名は。』のネタバレを含みます。未見の方はなるべく読まないでください。オーケー?

     さて、『君の名は。』では、クライマックス、ふたりの主人公、瀧と三葉はすべての記憶を失って離ればなれになります。

     瀧は何かを失ってしまったという喪失感を抱えながら日々を過ごし、そして数年後、ふたりが運命的に再開するところで物語は終わります。

     感動的なハッピーエンド。しかし、ぼくはここでもう少し印象が弱いものを感じたのですね。いや、作品そのものは傑作で、クオリティ的には文句なしなのですが、いわば99点で、100点は付けられないようなところをどこかに感じたのです。

     それはどこなのかといえば、いまにして思えば、このハッピーエンドそのものに「嘘」を感じ取っていたのだと思う。

     つま
  • 『君の名は。』ネタバレニコ生。

    2016-08-29 00:44
    50pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

     映画『君の名は。』について深夜に話していたらちょっと面白い話になって来たので、タイムシフトに残すべくニコ生を決行します。リアルタイムに聞く必要は特にありません。もしよければ後で聞いてください。

  • 水とパンと図書館。

    2016-08-28 18:32
    50pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

     インターネットにふれることが増えてから、ずいぶん紙の本を読む機会が減ったように思う。

     ぼくは読む手段にこだわるほうではないから、必然、電子書籍を多用することになった。

     しかし、たまに上質のハードカバーなどを手に取ると、やはり、その重み、その手ざわりは、何とも良いものだと感じる。

     現実世界の憂いと惑いをいったん置き捨てて、書物の迷路に潜る。耽る。それがぼくにとって最高の歓びであることは三十年来変わらない。

     もちろんぼくだけではなく、何百万人もの人々が、いまなお、本というデバイスを愛している。

     その内側に数しれない珠玉の言葉を収めた宝石箱、それが本だ。本をひらく。文字を追う。そうすると、たちまち神秘の回廊が現れて、ぼくを活字の夢幻郷へ誘う。

     読めば読むほど物語に集中し、耽溺し、その大河にも似た奔流に溺れる。幸せだ、と心のどこかで感じる。この至福はほかのことではなかなか味わえない。