• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 次回配信予定
    • 2018/12/16
      ポオ、谷崎、乱歩、三島。人工楽園を巡る文学の系譜。
    • 2018/12/17
      ダークファンタジーと宗教性。
    • 2018/12/18
      栗本薫、至純のダークファンタジー『トワイライト・サーガ』を紹介するよ。
    • 2018/12/19
      読むことの快楽、書くことの歓喜。
    • 2018/12/20
      掌編小説「花と死す」。
    • 2018/12/21
      翻訳が短篇三本しかないウルトラマイナー作家ストーム・コンスタンティンを紹介するよ。
    • 2018/12/22
      耽美と幻想の天才作家タニス・リー。

    文学に境界は存在しない。

    2018-12-15 03:05
    50pt
     どうも、皆さん、おひさしぶりです。

     このブログ、半月ほども休眠していたでしょうか。いいかげん見捨てられてもしかたないなあと思う一方、まだ見捨てずにいてくれる方々には感謝しかありません。

     まあ、それもさすがに限界だと思うのでもう少しひんぱんに更新したいと思います。でも、それも過去何度もいっていますよね、ごめんなさい。

     さて、そのあいだ、ぼくは何をしていたかというと、漫画を読み、読み、読みつづけてそれに挫折し(おい)、いつのまにか小説を読みたくなって何冊か読み漁っていました。

     ふしぎなもので、漫画ばかり読んでいると、ぼくはやはり文字を読むことが好きなのだと感じます。

     最近は幻想文学方面の本を読むことに集中しています。文学というといかにも難解で権威的な作品が思い浮かんだりする方もいらっしゃると思いますが、ほんとうは文学の神髄は遊びごころにあると思うのです。

     20世紀はさまざまな実験
  • 読む。読みつづける。

    2018-12-01 03:09
    50pt
     どもです。ついに今年も12月に入りましたねー。この歳になると一年なんてあっというまで、ついこのあいだ正月を迎えたばかりのような気がします。

     今年は何かしたかな。まあ、同人誌を一冊出したので良しとしようか。ちなみに冬コミに出す同人誌のほうは本来であればきのうが締め切りだったのですがまだ終わっていません。

     まあ、さすがに作業量が倍で締め切りが半分というタイトスケジュールだとこうなりますよね。ぼくがもう少し早く文字起こしを終わらせて良かったのかもしれませんが、ここはどうにか間に合いそうだから良いということにしておきましょう。

     さて、このあいだ書いたマンガ一気読み修行のことですが、どうにか2日間で36冊を読みました。内訳は、

    ・『ハイキュー!!』12冊
    ・『ちはやふる』10冊
    ・『魔法使いの弟子』4冊
    ・『ねこめーわく』1冊
    ・『あかねこの悪魔』1冊
    ・『ハジメルド物語』1冊
    ・『クジラ
  • 10日間でマンガ200冊にチャレンジ。

    2018-11-29 22:06
    50pt
     親愛なる皆さま。昨晩、「きょうもひまだー。あすもひまだー。あさってもひまだー。とにかくひまだー」と、てれびん@医者失格に電話で愚痴っていたら、きょうから10日間でマンガ200冊を読むことになりました。

     何を言っているのかわからねーと思うが(略)。まあ、ほんとに暇だからここ最近のマンガで未読のものをちょっと追いついておくかということで、良いのではないかと思います。

     最初は300冊という話だったんだけれど、さすがにそれはきついので200冊にしました。きゃつの挑発に乗ってうっかり花京院の魂を賭けてしまったので、頑張って読みます。

     ちなみにぼくが選んだラインナップはこんな感じ。

    ・『ハイキュー‼!』28冊
    ・『ちはやふる』40冊
    ・『ワールドトリガー』18冊
    ・『憂国のモリアーティ』7冊
    ・『ここはグリーン・ウッド』
    ・『魔法使いの嫁』9冊
    ・『クジラの子らは砂上に歌う』11冊
    ・『かぐ