• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 松坂桃李主演の映画『娼年』は清冽なエロティシズムただよう佳編だ。

    2018-04-23 22:026時間前
     最近、Bluetoothのワイヤレスイヤフォンを購入したので、iPhoneに繋ぎ、音楽を聴くかたわら、石田衣良のポッドキャストを聴いている。

     定番の人生相談なのだけれど、回答の冴えがさすがに素晴らしく、聴いていてとても楽しい。

     まったくキャラクターは違うものの、平気で「その男はクズだから、別れたほうがいいよ」などとアドバイスする突き放した距離感がふしぎとちょっとペトロニウスさんを連想させる。意外と毒舌なのである。

     それにしても、ほんとうによくバランスの取れた人だ。ただクールでセンスが良いだけの人物なら他にもいるだろうが、この人は優しさと冷ややかさのバランスが絶妙である。さすがに20年もベストセラー作家を続けている人はちがうとしかいいようがない。

     相談内容は多岐にわかっているものの、当然というべきか、恋愛とセックスの話が多く、他人の恋愛話を聞いたり読んだりすることが好きでならないぼくとしては実に興味深い。

     そう、ぼくは自分はまるで恋愛感情を抱くことがないのに、他人の恋愛話はすごく好きなのだ。

     そもそも、自分のことより他人のことが気にかかる性格だから小説を読んだり、映画を見たりするのである。自分のことを何より優先するべきだと思っていたら、他の生き方を選んでいただろう。

     しかし、恋は盲目だとよくいうが、こういう相談を見ていると、人はほんとうに恋をすると色々なことが見えなくなるものなのだなと感じる。

     いままで盲目の恋に落ちたことなどないばかりか、ろくに人を好きになった経験もないぼくからすると、ちょっとふしぎな感じだ。

     いったい人を恋するとはどういう気持ちなのだろう。とても気になるのだけれど、ひょっとしたらぼくは一生無縁かもしれない。今年は40歳になってしまうわけだし。

     どうも、ぼくの心の花壇には、一向に恋の花が咲く気配がないようだ。

     そもそもそこに埋まっているのはダイコンやらニンジンばかりで、深紅の薔薇なんてまるで見あたらないようなのである。いや、ほんと、困ったものだ。うーん。

     さて、きのう、その石田衣良が原作を手がけている映画『娼年』をみてきた。これが想像以上に良い作品で、いまの日本にはめずらしいようなアダルトな、それでいて品のある一本にしあがっていて感心させられた。

     館内にはきれいな女性たちもたくさん来ていて、ちょっと感想を訊いてみたいような気がした。

     ほとんど全編の半分くらいは濡れ場という官能的な映画だけに、女性の目からみるとどういうふうにみえるのかは気になる。

     いっしょに映画をみたてれびんは何やらぶつぶつ文句をいっていたけれど、きっと奴には人を愛する心の切なさがわからないのだろう。

     こういう輩には愛と性の清冽な深淵を描く大人の作品はふさわしくない。『クレヨンしんちゃん』の新作でもみせておけばいいのである。

     映画は、さまざまな理由から松坂桃李が演じる大学生の「娼夫」を買い、セックスに溺れる女性たちを描いている。

     どこか陰のある美青年を演じ切った松坂桃李もいいのだけれど、物語の中心となるのはかれの前に次々とあらわれる女性たちのほうだ。

     彼女たちのほとんどは変態的とも取れる欲望を隠し持っているのだが、それは物語のなかでは決して否定的に描かれない。

     じっさい、ぼくはみていて中年を過ぎた女性たちの可憐さに心を打たれた。

     それぞれに性と欲望に関わる悩みを抱えた女性たちをみていて、人間とは、そして女性とは、なんと可愛いものなのだろうと思ってしまったのだ。

     じっさい、「レズ風俗」を扱った本を読んでみると、客の女性たちは性風俗店を利用するときも、「こんなおばさんで大丈夫なのだろうか」などと自分の年齢を気にしたりするものなのだそうだ。

     男性の場合は娼婦を買うときにそんなふうに自分のことを気に留めることはないだろうから、女性のこういうところは可愛い。

     男がいつまで経っても大人になれないということとはまた少しちがう意味で、女性はずっと心のなかにひとりの幼い女の子を住まわせていたりするのかもしれない。

     物語は、たくさんの女性たちとの性的な関係を経て、主人公が変わっていくさまを丹念に綴っていく。

     非常にエロティックな、倒錯的ともいえる作品ではあるが、決して下品に堕さず、むしろ全編にわたって気品すらただよっている辺り、石田衣良の原作をほんとうに巧く処理していると感じた。

     なかなかお奨めなので、近くの映画館で上映しているという方がいらっしゃったら、ぜひ、みてみてほしい。

     この水準でセックスを描いた映画は日本では相当にめずらしいだろう。

     出てくるほとんどが女性たちは綺麗ではあるが中年以上の年齢なので、女性は若いほうがいいの、熟女に限るの、胸は大きいのがいいの小さいほうがいいのと非本質的な話に走りがちな日本の男性たちにとっては、かなり刺激的な映画だといえるだろう。

     まったく、こういう作品をみていると、ぼくの心の花壇の荒涼とした光景が何だか寂しく思えてくるよね。
  • 新しいアニメ版『銀河英雄伝説』は構成に工夫を凝らしてきている。

    2018-04-23 02:46
     新しくなったアニメ版の『銀河英雄伝説』を見ています。これが面白い。原作とも以前のアニメとも構成を変更してきていて、原作ファンの目から見ても相当に工夫が凝らされていることがわかります。

     原作はぼくの読書人生でも屈指の大傑作だけに、最後までこの調子で行ってほしいものですね。

     『銀英伝』の傑作たる所以はいくつもありますが、まずひとつは完結していることです。

     そもそも大長編群像劇って基本的に完結できないものんですよ。一定以上に大規模な群像劇はあるキャラクターの行動がべつの行動を生み、また、登場人物が増えれば増えるほどその行動を描くために紙幅を要するため、際限なく長くのびていき、最後には未完に終わることがほとんどなのです。

     だから『グイン・サーガ』も未完だし、『十二国記』も未完、海外だと『氷と炎の歌』も未完ですよね。

     その意味で、600名以上もの名前のあるキャラクターを抱えた『銀英伝』が全10巻でパーフェクトに完結していることはひとつの偉業といっていい。

     この頃の田中芳樹の構成力は神がかったものがあったといまでも思います。

     上記したジョージ・R・R・マーティンの『氷と炎の歌』(ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の原作)とかめちゃくちゃ細かく考え抜かれているけれど、あまりにも細かいせいで続きが出なくなってしまいましたからね。

     ちなみに、作家の才能のなかでも物語の構成力はある種、理系の才能に近いところがあって、若い頃にピークを迎え、歳を取ると衰える性質のものだとぼくは考えています。

     若い頃の田中芳樹はきわめて複雑な構成の『銀英伝』を年に3冊も出していて、凄かったですね。いまでは考えられないスピードですが……。

     で、新しいアニメは原作のその緊密な構成を色々といじっている。まず、原作では最初に入っているラインハルトとヤンの過去の描写を後回しにし、第1話と第2話を「アスターテ会戦」を描くことに集中しています。

     そして、ラインハルト視点の展開とヤン視点の展開を完全に切り離し、時間軸を前後させながら物語を紡いでいる。

     とにかくまずは宇宙艦隊戦の面白さを描写することにフォーカスしているわけですね。

     ラインハルトとヤン、ふたりの主人公がそれぞれ何者であるのか、はっきりと描かないまま物語をスタートさせているわけで、一歩間違えばわけがわからない物語になってしまってもおかしくないところですが、この場合は成功していると思います。実になかなかの構成技術といえるでしょう。偉い。

     で、ここからは余談なのですが、『銀英伝』についてはあの清涼院流水(もし何者なのか知らない人がいたら一生知らないままでもまったく問題ないです)が面白いことを書いていて、つまり、『銀英伝』のキャラクターは名前が長いほど強いと(笑)。

     ラインハルト・フォン・ローエングラムは名前が長いからいちばん強いんだみたいなことをいっているのですね。

     いかにも清涼院さんらしい、ばかばかしいながらも興味深い発想だと思うのですが、これは意外にばかにできないかもしれない。

     長くて絢爛たる名前ほど主人公的な格の高さを示しているという一面はありそうです。アーダルベルト・フォン・ファーレンハイトはどうなるんだ、という気もしますが。

     ちなみに、『銀英伝』の名前はドイツ人にとっては古くさくてダサい印象である、という話を耳にした田中芳樹さんは、「だったら海外で『銀英伝』が作られることになったときも絶対に名前は変えさせるな」といったそうです。

     ここら辺のひねくれ具合はさすがというか、シェーンコップやポプランの生みの親だけはある。

     名前といえば、『銀英伝』の名前の採り方は偏っていて、それだけで作品の程度が知れるみたいなことを佐藤亜紀さんが『SFマガジン』だかで匂わせていたけれど、そもそも銀河帝国人の名前は初代皇帝ルドルフがそれこそ偏った思想のもとに名付けたものが元になっているので、偏っていても問題ないのです。まあ、佐藤さんはそもそも読んでもいないと思いますが。

     さらにいうと、銀河帝国と敵対する自由惑星同盟側の名前は多様で、祖先の民族を連想させるものがあります。

     たとえば、ヤン・ウェンリーは中国系だし、グエン・バン・ヒューはベトナム系、ムライは日系ですよね。

     一方の主人公であるヤンが中国系のキャラクター(と思われる)というのがまた偉いところで、これ、普通だったら日系にしているところですよね。

     『銀英伝』がライトノベルだったら、たぶん主人公は日系になっていたと思う。

     いまとなっては日本人が主人公の『銀英伝』なんて考えられもしませんが、もし凡庸な感覚で書かれた作品であったならそういうふうになっていてもおかしくなかったとはいえると思うのです。

     まあ、『銀英伝』はとにかく圧巻の面白さなので、未見の方はぜひ見てみてくださいな。今度、中国で実写映像化されるらしいですけれど、国境を超える面白さの名作です。
  • マッチョなセクシュアリティの陥穽。

    2018-04-16 10:32
     Netflixでドキュメンタリー動画を見るのが読書と並ぶ最近の趣味なのですが、昨日、『フリーセックス -真の自由とは?-』という作品を見ました。

     現代は「LIBERATED」で、春休みにビーチへ出かけてセックスを求めるアメリカの若者たちを描いた内容となっています。

     この動画を見ると、アメリカには非常にマッチョな文化と同調圧力があるのだなあ、ということがわかる気がします。

     もちろん、ここにアメリカのすべてが描かれているはずはないのですが、それにしても、この作品で描写されているマッチョな価値観の若者たちの姿は衝撃的です。

     「酒とセックスがすべて」。「女はみな本当は服を脱ぎたがっている」。そのような意味のことを平然と口にし、セクハラに走りつづける青年たちの姿、そしてそのような若者たちに疑問を感じながらも結局は受け入れてしまう少女たちの姿は、見ていてため息をつきたくなるようなものがありますね。

     アメリカはアメリカで同調圧力がないわけでは決してない、それどころかきわめて強いプレッシャーが存在する国なのだと感じさせられます。

     アルコールとセックスに溺れ、抱いた女の数を誇る青年たちは「リア充」的に見えなくもないのだけれど、しかし、そのあまりにマッチョな価値観は醜悪です。

     そして、ビーチで繰りひろげられるナンパや乱行の数々は顔をしかめたくなる性質のものでもあります。

     もちろん、それは日本でも一部では見られるものですが、それがここまで大規模に展開しているのを見ると、いや、アメリカというのもなかなか大変な国だと思ってしまいます。

     そして、この作品は衝撃的な幕切れを迎えます。ドキュメンタリースタッフが取材していたビーチで、衆人環視のなか、集団レイプ事件が起こり、加害者が懲役10年を宣告されることになるのです。

     加害者が意識のない少女をレイプしているのをたくさんの人が見ていながら、だれひとり止めようとしなかったという事実が壮絶。

     日本でも似たようなことは十分にありえるとは思うけれど、それにしてもここにはある種のアメリカの暗部があることは間違いありません。

     強いこと、「男らしい」ことが至上の価値となる社会では、女性は男性にとって単なる自己承認のための道具に過ぎなくなります。

     最近、『「人生最高のセックス」でもっと気持ちよくなる 8000人を抱いたエリート校出身AV男優・森林原人のケーススタディで学ぶ』とか『SHIMIKEN’s BEST SEX 最高のセックス集中講義』といった、中高生が読むような本を読んでいるぼくなので、性には単純に男のトロフィーという以上の意味があると信じたいところなのですが……。

     「男」と「女」を徹底的に異質な対立項として捉え、それぞれにジェンダーの役割を被せる発想は、最終的にはこんなところへたどり着いてしまうようです。

     ほんと、How to sexの方法論を知るより前に、もっと学ぶべきことがあるよなあ。異性に対して一定のリスペクトを持つこととかね。

     ちょっと話が変わりますが、伝説のAV監督・代々木忠さんの数々の本では、催眠術を用いて心にトラウマを負った女性たちを性的に解放する展開が数多く描かれています。

     催眠術というと、セックスを盛り上げるために使われることがあります。たとえば、「催眠セックスの技術」などという記事を見ると、催眠術を用いて女性の性感を開発することが綴られています。

    暗示とは無意識に働きかける言葉ととらえるとわかりやすいと思います。人間の脳は常に意識と無意識の間にフィルターがあるような状態なのですがトランス状態になるとそのフィルター(クリティカル・ファカルティ)が吹っ飛びます。

     このリンク先でも書かれている通り、催眠術自体はべつだんオカルトではなく、実在する技術です(思い通りに人を操れたりするかどうかまでは知りませんが)。

     これはこれで興味津々なのですが(笑)、代々木さんの使う催眠術はそういうものとは少し違う。

     あくまで深い心の傷を負った女性たちの心を開くための技法です。

     何冊かの本を通じて、代々木さんのセックスを巡る議論は、どんどんスピリチュアルな領域へ入っていきます。

     はっきりいってしまえば、それはオカルトと紙一重のところがあって、正直、ぼくもいくらか警戒しているのですが、それでも本質的には怪しいものではないと思う。

     そこで描かれているのは、その善し悪しはともかく生まれながらにして性を持っている人間、特に女性が、セックスによってどう傷つき、どう癒やされるかということなのです。

     そこにはもちろん、「愛」の問題が関わってきます。「良いセックス」には、やはり「愛」が関わっている。

     しかし、それは必ずしも恋愛のようなものではないのかもしれない。

     むしろ、どこまでも大らかに人を認め、赦し、愛する心こそが人を、その「たましい」を癒やすのかもしれない。ぼくはそういうふうにも思います。

     それは、『フリーセックス』で描かれたようなマッチョなセックスとはまったく異質な性の側面です。

     ぼくはこういうことにすごく興味がある。なぜなら、それが人間だと思うから。人間の美しさと、醜さ、強さと、弱さ。そのすべてに関心があるのです。

     人の渇きを癒やす芳醇な水のようなエロス。どうにかしてそこにたどり着けないかと思うのですが。

     近いうちに、これに絡めて、岩田健太郎『感染症医が教える性の話』のことなども語りたいと思います。よろしくお願いします。