• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

お知らせ

お知らせはありません。

ブロマガ最新記事

  • 西村修が語るプロレスの神様――「ゴッチさんはもう一度、日本に来たがってたんです。でも……」

    明日7月28日は「プロレスの神様」 カール・ゴッチ の命日です――というわけで、晩年のゴッチさんとワインや葉巻を嗜んでいた 西村修 にありし日の神様の思い出をたっぷりと語っていただきました。やっぱりゴッチさんは凄い! ・前田日明襲撃事件、 仮面シューター・スーパーライダーの記事が読める今月の更新ラインナップ http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/201607 <関連記事> ・バトラーツの奇跡と絶望! 石川雄規“情念”のロングインタビュー ・ 茨城のゴッチイズム! 42歳現役格闘家・桜井隆多を支えていたのは「カール・ゴッチの教え」だった ・ 西村修   「独裁者・長州力に逆らうってエネルギーが必要なんです」 ―― 7月28日はカール・ゴッチさんの命日ということで、晩年の“プロレスの神様”と親交が深かった西村さんにお話をうかがいにきました。 西村  ゴッチさんが亡くなられたのは2007年のことですから、もう9年も経つんですよねぇ……(しみじみと)。 ―― 西村さんがゴッチさんの住むフロリダを訪れたのは90年代前半になりますが、ゴッチさんとの付き合いが始まるのはだいぶあとのことなんですよね。 ...

    3日前

  • <無料記事>金原弘光、整骨院をオープン! 格闘家のセカンドライフとは何か?

    伝説のプロレス団体UWFインターナショナルでデビューして、キングダム、リングス、PRIDEと渡り歩いた日本格闘技の生き証人 金原弘光 が格闘技界黎明期を振りかえる連載インタビュー。今回は用賀にオープンした「 かねはら整骨院」( kanehara-seikotsuin.com) について! 前回はコチラ http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1055243 ―― 「かねはら整骨院」オープンおめでとうございます! 金原  いやあ、始まったばかりだけど大変だよ。治療は慣れたもんだけど、お会計のレジとかやったことないからさ(笑)。 ―― 治療以外の仕事が難しいんですね。 金原  レジ打ちの練習はしてたけど、本番になると「あれ、あれ……」って戸惑っちゃうよね。25年間プロレス格闘技の世界に浸かってたから、まさかレジ打ちをやるとは思わなかったよ。若い頃、とんかつ屋でバイトしたことはあったけど、レジは任せられなかったからね。 ―― 治療だけじゃなくて経営を考えなきゃいけない立場なんですね。 金原  そうそう。だから「お店の照明が暗いんじゃないか」とか言われると、違う照明を買おうかなって気になっちゃうし(笑)。 ...

    3日前

  • 飲み会で上司がするメンドくさい話題1位が「昔のプロレス」だった件■二階堂綾乃

    新日本プロレスの選手イラストを描いてキャッキャしていたプオタ女子・ 二階堂綾乃 がいつのまにかMMAジムに通いだし、ついに格闘技デビューをしてしまったこのコーナー。今回は「昔のプロレスの話は面倒くさい!?」 先日、とあるニュースサイトにて「飲み会で上司が盛り上がりがちだけど、面倒くさいと思う話題 TOP10 」なるものが掲載されていました。なんとそのランキングの栄えある第一位が「昔のプロレスの話」。 …… そんなバカなあああ! 飲み会ではむしろ私から昔のプロレスの話題振るよ! 『アメトーーク!』のプロレス芸人だって人気あるじゃんよお! 昔のプロレスの話面白いよ!!どこ調べだよそのランキング!私は昔のプロレスの話面白くないと思ったことないわああああ! と思ったら、ありました。よく考えたら全然ありました。 あれは私とプロレスが衝撃的な出会いをしたときのことです。私は以前勤めていた会社でバンドを組んでおり、ある日ライブでドラムの人がライブの内容とは全く関係がないのに嬉々としてグレート・ムタのフェイスペイントをしてきました。 ドラム「この『忍』って漢字はね、自分で鏡見ながら書くから逆になっちゃう...

    3日前

  • 浅田真央も所属するUFC新オーナー「WME-IMG」とは何者か■MMA Unleashed

    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム―― 今回のテーマはUFC買収! 新オーナーの実力について! ・今月の更新記事 http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/201607 UFC買収劇の舞台裏と問題点 総まとめ 新オーナーWME-IMGとは何者か、買収額はなぜ40億ドルなのか? UFC 200の翌々日、米国時間の7月11日(月)に、大手芸能事務所WME-IMGがUFCを40億ドル(約4,300億円)で買収したことが正式発表された。 この40億ドルという金額は、2012年にロサンゼルス・ドジャーズが買収された際の価格20億ドルを大きく上回り、スポーツフランチャイズ買収額としては史上最高額となった。40億ドルという金額はまた、Forbes誌調べによる2016年スポーツチームの企業価値で世界1位に位置づけてられているダラス・カウボーイズの評価額と同額である(ちなみに2位はレアル・マドリッドの36億5千万ドル、3位はバルセロナの35億5千万ドル)。 新しい株主構成や持ち株比率の詳細は明らかにされていないが、新オーナーWME-IMGの持ち株比率は90%弱とみられる。フランク・フェルティータ、ロレンゾ・フェルティータは少数株式の保有を続ける。また、フラッ...

    2016-07-22

  • 「俺のほうがUWFより強い!」 誇り高き仮面貴族ミル・マスカラス■小佐野景浩のプロレス歴史発見

    プロレスラーの壮絶な生き様を語るコラムが大好評! 元『週刊ゴング』編集長 小佐野景浩 の「プロレス歴史発見」――。今回は「仮面貴族」ミル・マスカラスがテーマです! イラストレーター・アカツキ @buchosen さんによる昭和プロレスあるある4コマ漫画「味のプロレス」出張版付きでお届けします! ・今月の更新記事 http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/201607   <これまでの連載記事! クリックすると試し読みできます!> 嗚呼、阿修羅・原……修羅ごときそのレスラー人生!! 冬木弘道は「俺はやっぱり死ぬんだな」とニヤリと笑った… 完全無欠のプロレスラー!! ジャンボ鶴田 超獣ブルーザー・ブロディ 【涙のカリスマ】大仁田厚の邪道プロレス人生 “四天王プロレス”の光と影――三沢光晴 癌に勝った絶対王者・小橋建太 “プロレス巨大組織”NWAとは何だったのか? 呪われたIWGPが最高権威になるまで 悲運の闘将ラッシャー木村、耐えぬき続けた人生  燃える男、アニマル浜口――!! “天龍番”が感傷に浸れなかった天龍源一郎引退試合 全日本プロレスを二度は裏切れない……」秋山準 馬場死去、三沢離脱…...

    2016-07-21

  • 「パンクラスイズム横浜」「natural9」「リバーサルジム新宿Me.We」…ジム飯2016〜2ndRound■MMAオレンジ色の手帳

    格闘技ブログ「MMA THE  ORANGE」 の管理人オレンジが ディープなエピソードをお届けする 「MMAオレンジ色の手帖」!  今回のテーマは グルメからの格闘技ジム選び! パート2です。 <関連記事> グルメからの格闘技ジム選び!  ジム飯2016開幕戦■MMAオレンジ色の手帳 http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1055082 「パンクラスイズム横浜」「natural9」「リバーサルジム新宿Me.We」「スポーツジムマーシャルアーツ」のグルメスポット! 気温が30度を超える日もぼちぼち出始めた2016年の夏。 高校野球の地方大会では熱中症で選手がダウンして没取試合になる ケースが相次いでいるようで、巷では早くも「夏バテ」だの「 食欲不振」だのという声が聞こえてきました。 そんな繊細な方々とは裏腹に相変わらずの高いパフォーマンスを発 揮している私の強靭な胃袋。貪欲な食欲は止まるところを知らず、 先週の連休では3日連続で昼夜ラーメンという大変不名誉( ある意味名誉?)な珍記録を打ち立ててしまいました。塩→ 担々麺→冷し麺→投削麺→醤油→ 家系と左右に打ち分ける見事なマルチ安打。 大変美味しくいただきましたが、 ...

    2016-07-21

  • 5選手も!? W−1選手退団劇!■事情通Zのプロレス点と線

    事情通Zがプロレス業界のあらゆる情報を線に繋げて立体的に見せるコーナー 「プロレス 点と線」 。今回はW−1の選手離脱について! ―― ちょっと前の話題ですが、W−1からAKIRA、田中稔、TAJIRI、浜亮太、中之上靖文選手の5人が退団しましたね。 事情通Z  そもそも1年前にDDTの高木社長が武藤さんからW−1のCEOを任せられたのはコストカット面。インディの優れたところのひとつには、お金をかけずに面白いことをやることがある。DDTをここまで大きくした高木さんからすれば、W−1の内部を見て「こんなところにこんなにお金をかけてるの?」という驚きはあったはず。 ―― 今回の退団もコストカットの影響が強いということですか? Z  一番お金がかかるのはファイトマネー。そしてベテラン選手は必然的に高くなる。 ―― AKIRA選手は50歳、田中選手は43歳、TAJIRI選手は45歳、浜亮太選手は36歳、中之上選手30歳。こうしてみると、それなりのキャリアのある選手が多いですね。 Z  この5選手の前には船木誠勝選手が離脱しているし、ファイトマネーの見直しはあったんだろう。ちなみにDDTにはベテラン選手がいないし、ビッグマッチのと...

    2016-07-21

  • 安生洋二の前田日明襲撃事件〜カミプロとFAKE〜■松澤チョロインタビュー

    Dropkick研究シリーズ 「安生洋二NKホール襲撃事件」――。 今回は『kamipro』(以下カミプロ)の名物記者だった 松澤チョロ 氏が登場。あの事件前後のマスコミひいてはカミプロはどんな空気が流れていたのか? 松澤さんが担当だった菊田早苗の「ロクな死に方しない」事件の真相も明かしてくれました。(聞き手/ジャン斉藤) 【関連記事】 山田学 初代シューターにしてパンクラシストの大冒険   KEI山宮 パンクラシストの憧れと死を見つめて  船木誠勝 「俺は真剣勝負がやりたかったわけじゃないんです」  尾崎允実 元パンクラス代表「前田日明とも仲は良かったんですよ」  山本宜久 「ヒクソンと戦ってるとき、放送禁止用語が聞こえてきたんですよ…」   謙吾 「スーパールーキーが見たリングスvsパンクラス仁義なき戦い」   滑川康仁 地獄のリングス前田道場卒業生   ―― 松澤さんに聞きたいことがあったんですけど、全然電話がつながらなくて困っていたら、聞きたいテーマにピッタリな場所で偶然にも会ったなって。その場所とは森達也監督の『FAKE』を上映...

    2016-07-16

  • Dropkickメルマガ好評インタビュー一覧

    Dropkickメルマガロングインタビューの一覧表。 試し読みもできます! 名前をクリックすると記事に飛びます! 【昭和プロレス】 桜田一男 喧嘩日本一見参! ケンドー・ナガサキ「SWSは全部で99億円使った」  ミスター高橋with田山正雄 レフェリーの魔術「試合はこうして壊れていく――」  平田淳嗣 おまえ平田だろ!「スーパーストロングなプロレス人生」  新倉史祐 道場破りから前田日明vsルスカまで……「俺が見た昭和・新日本プロレス伝説」  康芳夫 世紀の呼び屋「猪木vs人喰い大統領アミンはぜひやりたかったね」   猪木快守 猪木一族の事業欲とは何か?   【新日本プロレス系】 小原道由 小原道由「石澤が止めなかったら、俺は◯◯を殺していたでしょうね」 草間政一 私が戦った暗黒・新日本プロレス   永島勝司 アントニオ猪木と北朝鮮   田中ケロ ケロちゃんの新日本プロレス伝説   西村修 「独裁者・長州力に逆らうってエネルギーが必要なんです」  中村祥之 インタビュー 負けたら即引退試合SP、過激な舞台裏「新日本プロ...

    2016-07-16

  • アンダーグラウンドの王、エディ・アルバレス ついにメジャーベルト獲得!■MMA Unleashed

    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム――今回のテーマはUFCライト級王者に輝いた エディ・アルバレス! ビッグイベントUFC 200が盛り上がりを見せたUFCのインターナショナル・ファイトウィーク3連戦の幕開けとなったUFCファイトナイト90大会では、DREAMでメジャーシーンに躍り出た、日本のファンにもなじみの深いエディ・アルバレス(32)が、難敵ハファエル・ドス・アンジョスを相手にアップセット勝利を飾り、ついにUFCライト級のタイトルを獲得した。 ボードッグ、DREAM、エリートXC、ベラトールなどを経由してきた流浪のファイター、アルバレス。流浪しただけでなく、フリーエージェントとしてUFCに移籍しようとした際には、ベラトールからマッチング条項を行使され法廷闘争も経験、長期間リングから閉め出されていたこともあった。 ようやくUFC入りした初戦ではドナルド・セラーニに敗戦し、「やはりベラトールでチャンピオンになれてもUFCでは通用しないのか……」「UFC入りがちょっと遅かったのか、全盛期を逃したか……」とファンを心配させたアルバレス。その後はメレンデス、ペティスという難敵に、どちらかといえば”負けないファイト”で判定勝ちを重ね、コ...

    2016-07-16

  • 「五味隆典が復活する方法」「チェ・ドゥホ魔法の右ストレート」「レスナー薬物アウト!」■大沢ケンジ

    和術慧舟會HEARTS 大沢ケンジ の格闘技談義! 今回のテーマは空前の盛り上がりを見せたUFC200のあれこれ! 五味、レスナー、チェ・ドゥホ! ―― UFC3日連続Abema中継の解説おつかれさまでした!   大沢  朝から夕方までしゃべりっぱなしですから大変でしたけど、3日間ともに盛り上がりましたねぇ。関係者の方が言うには新生K−1のAbema中継が凄い視聴回数だったみたいですけど、UFCもかなり凄かったみたいですね。 ―― 急に中継が決まって日本人選手が1人しか出ていないのに、なんだかんだ言ってUFCというブランドは強いんですね。 大沢  これからUFCはダゾーンというやつでしたっけ? 日本で中継していくのは。 ―― スポーツ特化型ライブストリーミングですね。大沢さんはAbemaのベラトール中継でも解説をやりましたけど、ベラトールは定期的にAmebaで中継するようですね。 大沢  どういうかたちであれ視聴やすい環境ができて格闘技に興味を持ってくれる人が増えていってほしいですね。 ―― 今回の3日連続UFCは凄い試合の連発でしたけど、まず聞きたいのは、UFC古参ファイターであるチアゴ・タバレスを1ラウンドKOし...

    2016-07-16

  • 「リアル七帝柔道記」「沖縄角力大会」…中井祐樹の「東奔西走日記」7月1日〜15日編

    日本格闘技界の礎を築いたレジェンド、中井祐樹先生 @ yuki_nakai1970   が日常を綴る連載! 今回は 7月1日〜15日編! 7月1日 金曜日 晴れ 指導方針的な  キッズクラスは柔術day。少年部では相撲・レスリング・柔道・サンボ・柔術を順番を決めてまわしている。週一回しか来れない子でも種目がずれていき、まんべんなくすべて味わえる仕組みになっているのだ。  ウォーミングアップののち、みんなで柔術を楽しみました。Sくんもついに初の柔術ルールにトライ。まずは慣れ、次に継続といきましょう!  中学部では今週=B週のテーマ「クローズドガードからの十字逆」の打ち込みを行い、ドリルやフリースパーを実施しました。  週のテーマはA週がアタック全般、テイクダウン、トップポジションなどでB週がディフェンス、ガードポジション(攻め含む)、エスケープなどとなっています。闘いはこんなに紋切り型なわけではないが、今のところこれがバランスが取れているんじゃないかということでやってます。  続いて夜クラス。打撃や関節技の基礎を解説。ミット打ちなども行いました。すべてのクラスが初心者からエキスパートまで全レベルに...

    2016-07-16

  • 【無料公開記事】鍛える女子のモテ講座♡■二階堂綾乃

    新日本プロレスの選手イラストを描いてキャッキャしていたプオタ女子・ 二階堂綾乃 がいつのまにかMMAジムに通いだし、ついに格闘技デビューをしてしまったこのコーナー。今回は 「鍛える女子が使えるモテしぐさ」 ! 今年に入って「ひかりテレビ」に加入してからというものめっきり民放を見なくなってしまった私ですが、先日久しぶりに民放をつけたところ、明石家さんまさんの番組で印象評論家の先生による「モテしぐさ講座」なるものがやっていました。私も独身女子の端くれとしてしっかり学んでおかねばと、わりと真面目な気持ちで拝見していたのですが、結果的にこのモテ講座はコントでした。いや、印象評論家の先生は大真面目なのですが、とにかく男性に触れたり、なんの脈絡もなくキス顔をしたり突如セクシーポーズをしたりと、もうどう見てもすごく面白いコントなのです。 と言うわけでモテしぐさ講座がとっても面白かったので、私も「鍛える女子が使えるモテしぐさ」を考えてみました。 ◆ 腹筋アピール よく雑誌の表紙でモデルや女優、俳優が腹筋アピールをしていますが、普通の人間はトレーニングなどしなくてもある程度は腹筋があります。なの...

    2016-07-16

  • 天山広吉とプロレスファン、真夏の真剣勝負■事情通Zのプロレス点と線

    事情通Zがプロレス業界のあらゆる情報を線に繋げて立体的に見せるコーナー 「プロレス 点と線」 。今回は「天山広吉G−1出場ドタバタ劇」「NOAH観戦マナー問題」についてです。 ◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉ 非会員でも購入できる大好評インタビュー詰め合わせセット!  par29 は大好評インタビュー 11 本 、コラム 10 本、 13 万字オーバー で 540円!!(税込み)  試し読みも可能です! http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1059317 ■W☆ING! PWC! FMW! 天龍源一郎の付き人逸話も最高! 知っているようで知らない 保坂秀樹 ロングインタビュー 「朝4時にジョージさんと空き地で極めっこをやらされるんです」 ■ 中村祥之 インタビュー④ 破壊王・ 橋本真也 の死――不倫とゼロワン崩壊 「 冬木さんの奥さん と巡ってマスコミの人間が揉めてるんです。最終的には橋本さんがそういう仲になっちゃったから、その3人からすれば橋本さんは敵になっちゃって」 ■「 斎藤文彦 I NTERVIEWS③」 なぜ、どうして――?  クリス・ベンワー の栄光と最期 「アメリカでは、殺人鬼と化したクリ...

    2016-07-08

  • スタン・ハンセンの謎かけ?  プロレスの「カーペンターズ」とは何か■MMA Unleashed

    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム―― 今回のテーマは、スタン・ハンセンの口から飛び出したこの言葉について…… 今年4月2日(米国時間)に行われたWWEホールオブフェイム表彰式では、日本でもお馴染み、スタン・ハンセン殿堂入りが発表された。プレゼンターは今なにかと話題のベイダーである。ベイダーとハンセンは 1990年に東京ドームで超弩級の肉弾戦を戦っており、ハンセンのパンチでベイダーの目は飛び出る寸前にまで腫れ上がったものだったが、ベイダーは今回、壇上にハンセンを迎え入れるに際して、飛び出た目玉のコスプレ姿でその時のエピソードを語っていた。 ベイダーに招き入れられて登壇したハンセンは、プロレスビジネスへの愛情を語り、ベイダーをはじめ、テリー・ファンク、鶴田、マーテル、サンマルチノ、ブルーザー・ブロディなど、さまざまな関係者に対する謝辞を述べていた。そして受賞スピーチの最後を次のように締めくくったのだった。 「” カーペンターズ ”に感謝したい。古い言葉だ。知らない方はお調べになるとよい。カーペンターズはプロレスにはずっと昔からいた。スタン・ハンセンを育ててくれたのも彼らだ。メインイベンタ...

    2016-07-08

  • 格闘技 実況・解説アレコレ〜AbemaTV時代のオススメ解説者〜■MMAオレンジ色の手帳

    格闘技ブログ「MMA THE  ORANGE」 の管理人オレンジが ディープなエピソードをお届けする 「MMAオレンジ色の手帖」! 今回のテーマは解説者です。   2016年もあっという間に前半戦が終了。 もうハーフタイムかと思う反面、まだ半分? と感じてしまうのは連日のように飛び込んでくるワイドショーネタ のせいでしょう。 今年は100年に1度あるかどうかの当たり年。 SMAP解散騒動に始まり、ベッキー、ファンキー加藤、 乙武さん、 円楽師匠のゲス不倫に清原和博と高知東生の覚せい剤所持、 舛添都知事のドケチ辞任から続く小池の乱などなど。 下世話な話が大好きな私にとっては毎日がパラダイス。 ワイドショーを録画し続けたおかげで買ったばかりのハードディス クの容量がカラカラになってしまいました。。。 話題に事欠かない2016年の上半期ですが、 格闘技ファンの注目を一身に浴びたニュースと言えば、 インターネット上のテレビ局「AbemaTV」の登場。 4月に開局するやいなや憑りつかれたかのように格闘技イベントの 無料放送を連発。シンガポールのMMAイベントONEに始まり、 K-1、VTJ、修斗、DEEP、ベラトール、 さらにはUFC...

    2016-07-08

『Dropkick』チャンネル

『Dropkick』チャンネル

【更新コンテンツ】検証・90年代「総合格闘技が生まれた時代」インタビューシリーズ/小佐野景浩の「プロレス歴史発見」/OMASUKI FIGHTの北米コラム『MMA UNLEASHED』/アカツキの『味のプロレス出張版』/PRIDEルポ「フジテレビショックから崩壊まで」/橋本宗洋の格闘技酔拳批評/大沢ケンジの「日本格闘技化計画」/二階堂綾乃のイラスト探訪//ニュース解説!ジャン斉藤のMahjong Martial Arta……など。週一の音声配信もやってます!

2012/10/29 開設 6動画

生放送!

次回放送予定をお待ちください。

Twitter