• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

お知らせ

お知らせはありません。

ブロマガ最新記事

  • 新日本プロレス、ついにMSG進出! WWEは報復発動か?

    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは 「新日本プロレス、ついにMSG進出! WWEは報復発動か?」 です! <1記事から購入できるMMA Unleashedオススメコラム> ・いったい何が起きているのか? パンクラス計量シーンに米MMA記者が猛然と激怒! ・ロンダの異常な愛情、または如何にして柔道を捨ててボクシングを愛するようになったか   ・【内幕記事に騒然!!】世界一のエンタメの舞台裏には、ビンス・マクマホンの恐怖政治があった ・米国女子MMAは、いちローカル団体の冒険から始まった…『フックンシュート』、22年の歴史に幕をおろす   7月13日、新日本プロレスと米Ring of Honor(以下、ROH)は、2019年4月6日にニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン(以下、MSG)で、合同興行『G1 Supercard』を開催することを発表した。 MSGが1968年に現在の場所に移ってきて以来、この会場のメインアリーナでWWE以外のプロレス大会が開催されるのは史上初めてのこととなる。全盛期のWCWですら、MSGはWWEとの関係を重視し、会場使用を許可してこなかったのだ(なお、9月にメキシコのAAAがMSG大会を...

    13時間前

  • 【追悼・獄門鬼】谷津嘉章「巌流島で猪木さんと向き合えるのはマサさんしかいなかったよな」

    レスリングオリンピック代表からプロレスに転向、新日本プロレス、ジャパンプロレス、全日本プロレス、SWS、SPWF、PRIDE出場……流浪のプロレス人生を送ってきた谷津嘉章がすべてを語るインタビュー連載の第5回! 今回は先日お亡くなりになった マサ斎藤 さんの素晴らしき思い出と、 WJプロレス の忌まわしき思い出について! <谷津嘉章インタビューシリーズ> ①デビュー編「ガチだったら楽だけど、そうじゃないから」 http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1119227 ②80年代編「昭和・新日本のプロレスは早漏なんですよ」 http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1140634 ③SWS編「田中八郎が俺に言ったんだよ。SWSを潰してくださいってね」 http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1334578 ④興行という灰色の世界を語る――「プロレスとヤクザ」 http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1459427 谷津   マサさん、亡くなっちゃったねぇ。 ―― 突然のことでビックリしました……いや、闘病中で75歳という高齢ではあったんですが。 谷津  みんなもういい歳だよね。猪木...

    22時間前

  • 「アメリカの大仁田信者」マット・トレモントの奇跡■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」( https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds )を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは 「 アメリカの大仁田信者マット・トレモントの奇跡」 です! <1記事から買える関連記事> ・ザンディグはどこに消えたのか……血と闇を抱えたデスマッチヒーロー ・男vs女はドメスティックバイオレンスを連想させる?…ミックスドマッチ事情 ・10メートルの高さから、蛍光灯と有刺鉄線の塔へ飛び降りろ! ・CMパンク、おまえはそんなところで何をやってるんだ? ・これはなんだ? レッスルマニアの裏側で「2018年のUWF」開催!! ・【#MeToo】マイケル・エルガンはすべてを失ってしまったのか 「夢まであともう一歩だというのに、オレはこんな所で何をしているんだ!!」 2017年、真夏のニュージャージー。マット・トレモントは、病院のベッドの上で、白い天井を見つめながら「これがどうかただの悪夢でありますように……」と神に祈った。 決戦は8月5日土曜日。憧れのあの人が、も...

    4日前

  • SKE48須田亜香里アイアンマンベルト奪取の衝撃は……!?■事情通Zの「プロレス 点と線」

    プロレス業界のあらゆる情報に精通する事情通Zの「プロレス 点と線」――。今回のテーマは「森嶋猛復帰」「SKE48須田亜香里アイアンマンベルト奪取」「ケニーvs飯伏で何かが起こる?」につい てです! 【1記事から購入できる6月過去記事ランキング】 1位 【人生最終回】安田忠夫「もうすべてがイヤになったから、練炭自殺したんだよ……」 2位  朝日昇インタビュー最終回……修斗分裂騒動の裏側、着せられたクーデターの汚名 3位  皇帝戦士ビッグバン・ベイダーよ、永遠に■斎藤文彦INTERVIEWS 4位  中井祐樹、「QUINTETの面白さ」と「グラップリングのあり方」を語る 5位 ザンディグはどこに消えたのか……血と闇を抱えたデスマッチヒーロー その他の過去記事はコチラ ―― Zさん、ドント・ストップだコノヤローな出来事です! 森嶋猛が現役復帰しました!! 事情通Z  いやあ、森嶋選手の復帰は全然耳にしていなかった。業界でもとくに噂になってなかったよ。2015年にNOAHを退団後、いろいろな仕事を転々としたあと現在は名古屋にいるらしい。BARで働いていたらローカルインディー...

    4日前

  • スーパー・ストロング・マシンが戦った熱き時代■小佐野景浩の「プロレス歴史発見」

    プロレスラーの壮絶な生き様を語るコラムが大好評! 元『週刊ゴング』編集長 小佐野 景浩 の「プロレス歴史発見」――。今回のテーマは 「 スーパー・ストロング・マシンが戦った熱き時代 」 です! 【関連企画】 おまえ平田だろ! 平田淳嗣の「スーパーストロングなプロレス人生」   <これまでの連載記事! クリックすると試し読みできます!> 最後まで全日本プロレスを愛した馬場元子さん 中邑真輔、棚橋弘至、柴田勝頼……新・闘魂三銃士 最後のムーンサルトプレス……天才・武藤敬司 縁の下の力持ち!! 坂口征二の荒鷲人生 WARからイッテンヨンへ! ライオン・ハート時代のクリス・ジェリコ 「情」で生きる佐々木健介の激烈人生!   プロレスラーで初めて大臣になった男、馳浩 大森隆男のワイルドな全日本プロレスLOVE   暴走親方、諏・訪・魔!! 嗚呼、阿修羅・原……修羅ごときそのレスラー人生!! 冬木弘道は「俺はやっぱり死ぬんだな」とニヤリと笑った… 完全無欠のプロレスラー!! ジャンボ鶴田 超獣ブルー...

    1週間前

  • コーミエ・レスナーのアングルは是か非か 「やらせだ、フェイクだと言っているヤツらは、一生貧乏してろ(コーミエ)」

    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは 「コーミエ・レスナーのアングルは是か非か」 です! <1記事から購入できるMMA Unleashedオススメコラム> ・ベストバウトは新日本が独占? アメリカメディア2017年ニュースオブザイヤー ・試合で一時死亡していたMMAファイター、彼を救ったカットマン、それぞれの再生物語 ・昨日やったことは忘れてしまうが、何年も前のことは覚えている」 マーク・ハント欠場問題の背景 ・ダニエル・コーミエ「何が悲しいって、ジョーンズには本当に薬物などやる必要があったとは思えないということなんだ」 ・UFCにはなぜ、ゲイの男子ファイターがいないのか(仮説) コーミエ  「お前ら、DC様の話を聞け。昔から腐れ縁の男がいる。ヤツはオールアメリカンのレスラーで、元UFCチャンピオンでもある。この男と戦うことになるとは思わなかった。ブロック・レスナー、上がってこいや!」 (オクタゴンに登場したレスナー、いきなりコーミエを突き飛ばす) コーミエ  「今のうちにもっと突き飛ばしてみろや。あとでおねんねするのは...

    1週間前

  • 三沢光晴への決別の書……馬場元子『ネェネェ馬場さん』/Dropkick読書会

    Dropkickのプロレス格闘技本読書会!!  今回取り上げる本は 馬場元子 の 『ネェネェ馬場さん 』 です。この記事はDropkickニコ生配信で語られた『プライド』の感想を再編集・加筆したものです(語り・ジャン斉藤) 【Dropkick読書会バックナンバー】 ◯「神になれなかった男」の狂気――ミスター高橋『流血の魔術 最強の演技』 ◯ゼロゼロ年代のレフェリング論――島田裕二の『島田は見た!』 ◯ボブ・サップ『野獣の怒り』と、谷川貞治『平謝り』から読むK-1崩壊 ◯高田vsヒクソンの真実とは? 金子達仁『プライド』 ◯格闘技界を解放できるのか……『覚醒』那須川天心 【関連企画】 最後まで全日本プロレスを愛した馬場元子さん■小佐野景浩の「プロレス歴史発見」 今回取り上げる本は、先日お亡くなりになった馬場元子さんの「ネェネェ馬場さん」です。感想からいうと、あまり面白くないというか(笑)、最後まで読むと後味の悪さを感じてしまうんですよ。 「ネェネェ馬場さん」はジャイアント馬場さんが亡くなってから1年ちょっと経ったあとに出版されたもので、全日本とNOAHに分裂する前の本なんですが、馬場さんのことし...

    2018-07-13

  • JEWELS旗揚げメンバーが語る女子格……杉山しずか「格闘技を続けてよかったなあと、しみじみ思います」

    「RIZIN11」で中井りんと対戦する 杉山しずか インタビュー! 大学生時代に JEWELS旗揚げイベントでデビューし、就職、結婚を経て戦い続きてきたこれまでの道のりを語ってもらいました!(聞き手/松下ミワ) 【関連企画】 【復帰戦完勝】中井りん「フライ級なら私が世界最強です! イノシシだって倒せます!!」 元祖・女子総合格闘家 高橋洋子がジョシカク黎明期を語る「いまは普通に試合があるから幸せですよね」 仮面女子・川村虹花インタビュー「1回やって終わりじゃないです。総合格闘家としてホントに強くなりたい!!」 浜崎朱加×ジェシカ・アンドラージ「格闘技を続けない理由なんか、どこにもない!」 朱里インタビュー「チャンピオンになって、ASUKA選手とプロレスのリングで再会したいです」 石岡沙織、10年目の大舞台「女子格闘技に転機が訪れてますけど、私にとっても転機を迎えました」  KINGレイナの大暴走インタビュー 「私、どれくらい強いのか自分でもわからないから」 【爆勝MMAデビュー】世志琥「プロレスラーとして、いつでも戦えるように準備していました」 しなしさとこ   ...

    2018-07-09

  • テイクダウン神話の崩壊……「打撃の時代」になれば日本人は有利になる■大沢ケンジ

    ハイスピードで進化を遂げるMMAに日本人ファイターはどう向き合えばいいのか? 「おしゃべりアベマ野郎」こと 大沢ケンジ 師匠が解説!  【関連記事】 ・ 【徹底解説16000字】福田正人RIZIN審判部長に聞く「RIZINと競技運営の現状」 ・「中井さん、なぜそこまで強さを追求するんですか?」■中井祐樹☓大沢ケンジ ・【選手必読!!】判定基準が10倍よくわかるジャッジ対談■福田正人RIZIN審判部長×大沢ケンジ ・これでわかったRIZINの判定基準!■福田正人RIZIN審判部長×大沢ケンジ〜模擬ジャッジ編〜 大沢  ここ数年、日本人がUFCとか海外で苦戦してるじゃないですか。まったく関係のないAbemaTVの『格闘代理戦争』トーナメント1回戦 から気づくことがあったんですよ。「ここの意識を変えないと世界には勝てないな」と。 ―― その話、凄く興味あります! 大沢  その前にいきなり話は脱線しますけど、この『格闘代理戦争』って2試合だけの収録だったんですよ。最近の格闘技イベントってどこも試合数が多いじゃないですか。いつもよりグッと集中できて(笑)。 ―― あー、わかります。子供の頃、ボクシングはメインにならないと満...

    2018-07-09

  • 【契約問題】アンディ・サワーもRIZINもやれることがあった■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク

    多くのMMAファイターをマネジメントする シュウ・ヒラタ 氏が北米MMAシーンを縦横無尽に語りまくるコーナー。今回のテーマは アンディ・サワー契約問題 です! 【1記事から購入できるバックナンバー】 ・「30代のアジア人でもUFCと契約できます!」 ・格闘家の皆さん、契約書はちゃんと読みましょう!! ・雷神学園の胡散臭さの「正体」とは? ・「最後にせめて失神くらいはしたかったよね」 ……不運大王イアン・マッコール、無念の引退 ―― マネジメントの立場からすると、アンディ・サワーの契約問題はどう見えるんですか?( 榊原信行がアンディ・サワー問題を語る ) シュウ  私は契約の詳細は知らないんですけども、RIZINとサワーは口頭契約ということですよね。サワーはシュートボクシング経由で契約をしていたそうですが、RIZINさんを非難するわけじゃないですけども、どんなビジネスも口頭契約だけでカードを発表しちゃうのはマズイんじゃないかなとは思いますね。 ―― 榊原さんも「こちらの脇が甘かった」とは言ってますね。アンディ・サワーとシュートボクシングは太い絆で結ばれていただけに、こうなるとは思ってなかっ...

    2018-07-08

  • 悪いヤツほど得をする? 米MMA反則事情■MMA Unleashed

    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは 「悪いヤツほど得をする? 米MMA反則事情」 です! <1記事から購入できるMMA Unleashedオススメコラム> ・いったい何が起きているのか? パンクラス計量シーンに米MMA記者が猛然と激怒! ・ロンダの異常な愛情、または如何にして柔道を捨ててボクシングを愛するようになったか ・【内幕記事に騒然!!】世界一のエンタメの舞台裏には、ビンス・マクマホンの恐怖政治があった ・米国女子MMAは、いちローカル団体の冒険から始まった…『フックンシュート』、22年の歴史に幕をおろす 宴もたけなわのワールドカップ2018ロシア大会。筆者のようなサッカー音痴でも、さすがにワールドカップくらいは、と思って要領も得ないままに観戦してみると、思わずニヤリとさせられることにシミュレーション(ファールされたふりをすること)がある。あたかもプロレスで大技を食らってセールをするがごとく、もんどり打って苦しむサッカー選手たち。ありもしないファールをでっちあげるわけだから、プロレスラーも顔負けの表現力である。もっとも、本当に負傷をして試合を退く...

    2018-07-08

  • あの日の全日本プロレス、SWSを語ろう■北原光騎×小佐野景浩

    プロレスラーの壮絶な生き様を語るコラムが大好評! 元『週刊ゴング』編集長 小佐野 景浩 の「プロレス歴史発見」――。今回の特別編! 小橋建太プロデュース「Fortune Dream5」で デビュー 30周年&引退記念試合を終えた 北原光騎 さんと語らってもらいました!  イラストレーター・アカツキ @buchosen さんによる昭和プロレスあるある4コマ漫画「味のプロレス」出張版付きでお届けします! <関連記事> 「佐山先生に言われたんです。俺の影になってくれと」…中村頼永インタビュー 【男が男に惚れる天龍劇場】北原光騎インタビュー「俺にとって天龍さんは“神様”だよ」 【濃厚18000字】トンパチ折原昌夫が明かす全日本プロレス、SWSの信じられない話!! 嗚呼、阿修羅・原……修羅ごときそのレスラー人生!! 冬木弘道は「俺はやっぱり死ぬんだな」とニヤリと笑った… “天龍番”が感傷に浸れなかった天龍源一郎引退試合 レスラーの野心が謎を生み出す……SWSに狂わされた男たち! 小佐野  初めて会ったのはジャパンプロレスに入ってきたとき...

    2018-07-04

  • 追悼ビッグバン・ベイダー……IWGPの輝きは皇帝戦士から

    この記事は ビッグバン・ベイダー を 語ったDropkickニコ生配信を編集したものになります(語り:ジャン斉藤) 【関連企画】 ・皇帝戦士ビッグバン・ベイダーよ、永遠に■斎藤文彦INTERVIEWS ・テン年代の仁義なき戦いか……考察・新生K−1の「那須川天心訴訟」問題 ・雷神学園の胡散臭さの「正体」とは? ・プロレスラー小川直也の心が折れた日〜『ハッスル』観客ジャッジシステム〜 今回は先日お亡くなりになったビッグバン・ベイダーさんについてです。ベイダーの衝撃的なデビュー戦はあちこちで語られていますが、あれは“プロレス冬の時代”の到来を告げた瞬間だと捉えているんです。「たけしプロレス軍団」両国暴動から新日本プロレスは沈んでいくわけじゃないですか。 その“プロレス冬の時代”の終わりを告げたのもビッグバン・ベイダーだったんです。春が訪れた日は1990年2月10日、新日本プロレス2回目の東京ドーム大会。ビッグバン・ベイダーは当時全日本プロレス外国人エースだったスタン・ハンセンと激突します。このカードはプロレス初心者にオススメしたい試合を5つ挙げろと言われたら、間違いなく入っちゃいますね。本当に凄い試合で...

    2018-07-02

  • SNSで狂い咲く50歳プロレスラーの遅咲き人生■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」( https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds )を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは 「 S NSで狂い咲く50歳プロレスラーの遅咲き人生」 です! <関連記事> ・ザンディグはどこに消えたのか……血と闇を抱えたデスマッチヒーロー ・男vs女はドメスティックバイオレンスを連想させる?…ミックスドマッチ事情 ・10メートルの高さから、蛍光灯と有刺鉄線の塔へ飛び降りろ! ・CMパンク、おまえはそんなところで何をやってるんだ? ・これはなんだ? レッスルマニアの裏側で「2018年のUWF」開催!! ・【#MeToo】マイケル・エルガンはすべてを失ってしまったのか 孔子の『論語』の中に「五十にして天命を知る」という有名な一説がある。米プロレス界で、今、その天命を知ったかの如く、若い選手に負けず劣らず、元気を通り越して狂い咲いている50歳の男がいる。ピエール・カール・オーレット(以下PCO)――かつてWWEでも活躍したプロレスラーだ。 PCOは、1967年...

    2018-07-02

  • 「キックぼんやり層」必読!! 那須川天心vsロッタンはここがヤバかった■ムエタイキラー鈴木秀明

    「キックぼんやり層」にもそのヤバさが伝わってきた那須川天心vsロッタン!!  現役時代は「ムエタイキラー」として名を馳せた 鈴木秀明 氏が、「神童」を封じ込めたロッタンの戦略や強さ、そして瀬戸際で見せた天心の底力を語ります。必読です! 【関連企画】 ・「ムエタイぼんやり層」必読!! 那須川天心と梅野源治はここが凄い!/山口元気×鈴木秀明 ・ロッタン直前インタビュー「天心よ、逃げてばかりではなく、向き合った闘いをしよう」 ・テン年代の仁義なき戦いか……考察・新生K−1の「那須川天心訴訟」問題 ―― 6月17日に行なわれた那須川天心vsロッタン・ジットムアンノンの一戦ですが、鈴木さんはどういう予想をされていたんですか? 鈴木  ボクは7:3で那須川選手が勝つと思っていました。 ―― おお~、那須川選手の優勢予想。 鈴木  はい。那須川選手のスピードというのは、本当にビックリするぐらいの速さなので。それにフェイントの技術も凄い。さらにムエタイでは基本的にやらない三日月蹴りだったり、顔への前蹴り、バックブロー、バックキック……そういう多彩な技を繰り出せるので、ロッタン選手はやりづら...

    2018-07-01

  • 【700記事オーバー】1記事50円から購入できるDropkickバックナンバー

    【700記事オーバー】1記事50円から購入できるバックナンバー 【6月更新記事ランキング】 1位 【人生最終回】安田忠夫「もうすべてがイヤになったから、練炭自殺したんだよ……」 2位  朝日昇インタビュー最終回……修斗分裂騒動の裏側、着せられたクーデターの汚名 3位  皇帝戦士ビッグバン・ベイダーよ、永遠に■斎藤文彦INTERVIEWS 4位  中井祐樹、「QUINTETの面白さ」と「グラップリングのあり方」を語る 5位 ザンディグはどこに消えたのか……血と闇を抱えたデスマッチヒーロー 6位  テン年代の仁義なき戦いか……考察・新生K−1の「那須川天心訴訟」問題 7位  UWFの「次回と自壊」を見届けたスポーツライター/李春成インタビュー 8位  女子プロレスドラマ『GLOW』とは何か:Netflixでまもなくシーズン2配信開始 9位 「30代のアジア人でもUFCと契約できます!」■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク 10位  雷神学園の胡散臭さの「正体」とは? 【6月その他のバックナンバー】 ・プロレスラー小川直也の心が...

    2018-07-01

『Dropkick』チャンネル

『Dropkick』チャンネル

【更新コンテンツ】スペシャルインタビュー/斎藤文彦INTERVIEWS/小佐野景浩の「プロレス歴史発見」/プロレス点と線/OMASUKI FIGHTの北米コラム『MMA UNLEASHED』/アカツキの『味のプロレス出張版』/大沢ケンジの「日本格闘技化計画」/二階堂綾乃のイラストコラム/オレンジ色の手帳/中井祐樹日記/ニュース解説!ジャン斉藤のMahjong Martial Arta……など。音声配信もやってます!

2012/10/29 開設 7動画

生放送!

Twitter