• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【さらばHボム】生まれ変わったらダンヘンになりたいよ!■金原弘光のゼロゼロ年代クロニクル
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【さらばHボム】生まれ変わったらダンヘンになりたいよ!■金原弘光のゼロゼロ年代クロニクル

2016-10-21 11:45
    5b6b16adf654757cac934773952654c2b375d7de
    伝説のプロレス団体UWFインターナショナルでデビューして、キングダム、リングス、PRIDEと渡り歩いた日本格闘技の生き証人金原弘光が格闘技界黎明期を振りかえる連載インタビュー。今回は先日引退を表明したダン・ヘンダーソンについて!






    ――
    金原さんがリングスKOKで対戦されたダン・ヘンダーソンが引退します。最後の試合となったマイケル・ビスピンとのタイトルマッチも凄い試合でした。

    金原 ダンヘンは俺と同い歳で46歳なんだよ。昭和でいうと45年生まれ。彼の活躍は羨ましいかぎりだよね。凄く稼いだでしょ(笑)。

    ――ダンヘンはその時々で一番稼げる場所を転々としましたね(笑)。

    金原 あの歳であそこまでやるって凄いことだと思うよ。歳を取ってくるとさ、運動するだけでキツイんだよ(笑)。

    ――動くだけでしんどい(笑)。

    金原 今回の試合だけ見ると、まだまだやれそうだけど、コンディションを維持をするのが大変。俺もいまでもトレーニングをするのは苦じゃないけど、試合に勝つためには追い込まないといけないでしょ。

    ――追い込みが難しいわけですね。

    金原 しかも総合格闘技は全身を使うでしょ。歳を取ると身体も衰えてケガをしやすいからね。減量すると水分が足りなくなって筋肉繊維が切れやすくなって肉離れもしやすくなるし。

    ――ダンヘンって5歳のときからレスリングを始めて、バルセロナとアトランタ五輪に出場して、その後はMMAで闘い続けて、40年間ずっと戦闘モードだったということですよね。なんちゅう精神力と体力ですかね(笑)。

    金原 やっぱりレスリングのオリンピックに出るヤツって身体能力がとんでもなく高いよね。昔、日体大レスリング部に練習に行ってたけど、みんな体力がハンパじゃないし。

    ――実際にKOKで戦ってみてもそこは感じました?

    金原 あのときは1日2試合だったんだよね。1回戦はジェレミー・ホーン、2回戦はダンヘン。前田(日明)さんから「キツイかもしれんが頼むな」って言われて。

    ――ひえ〜(笑)。

    金原 当時ジェレミー・ホーンは20連勝してるときかなんかだし、ダンヘンはオリンピックレスラーだし。やっぱりオリンピックレスラーの体力と強さは感じたよ。関節技は荒っぽさがあったけど、とにかくフィジカルが強かった。体重は同じなのに力がとにかく強いんだよ。



    この続きと、谷津嘉章、『ギブUPまで待てない!!』の裏側、中井りん、崔リョウジ、竹田誠志などの記事がまとめて読める「13万字・詰め合わせセット」はコチラ
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。