• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

WWE総帥ビンス・マクマホンの生涯を描いた映画の制作が決定!リークされた脚本に書かれていたこととは?■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

WWE総帥ビンス・マクマホンの生涯を描いた映画の制作が決定!リークされた脚本に書かれていたこととは?■MMA Unleashed

2017-05-05 10:22

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム――今回のテーマは……ビンス・マクマホンの生涯を描く映画のトンデモ脚本が流出!!  唖然呆然いったいどうなってしまうのか……?





    いま入会すれば読める!! 5月度更新記事

    衝撃!! 船木誠勝と『1984年のUWF』/高山善廣が帝王と呼ばれるまで/RIZIN広報・笹原圭一のラ・ラ・ライジン/UFCが那須川天心獲得に動く……


    “The following story is as true as anything else that happens in professional wrestling.”
    (この物語は、プロレスに劣らないくらい、真実である)

    ビンス・マクマホンの生涯を描いた映画『パンデモニアム(Pandemonium)』(感染爆発、悪の巣窟、阿鼻叫喚などの意)がソニー傘下の米TriStar Pictures社で制作されることになった。冒頭の文章は、脚本初版の書き出しである。

    ビンスの映画のアイデアは昨年夏に持ち上がり、まずクレイグ・A・ウィリアムズ(Craig A. Williams)氏が脚本を書き上げ、売り込みが始まった。脚本は一定の評価を得たとされるが、当初はビンス本人もWWEサイドも、このプロジェクトに関与もしていなければ、承認もしていなかったため、もめごとを嫌った映画会社は二の足を踏んでいた。

    ところがここにきて、クリント・イーストウッド監督作品『アメリカン・スナイパー』のプロデューサー、アンドリュー・ラザール(Andrew Lazar)氏がビンスと権利関係をまとめあげ、さらにWWEの映画製作部門WWE Studiosがプロジェクトに参画することとなって、大きく風向きが変わった。ハリウッドで複数の映画会社が獲得競争を繰り広げ、結果的には本社オフィスをWWEのグッズで埋め尽くしてラブコールを送ったTriStar Pictures社が落札したのだった。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    Dropkick
    更新頻度: ほぼ毎日
    最終更新日:2017-05-26 17:34
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。