• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【地下格闘技とは何か】渋谷莉孔「プロ相手でも勝てるようになったので“地下格禁止令”が出たんですよ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【地下格闘技とは何か】渋谷莉孔「プロ相手でも勝てるようになったので“地下格禁止令”が出たんですよ」

2014-12-04 07:09

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    656ca39c3f99dd565581c849e137a462751d600e
    不良格闘技イベント『THE OUTSIDER』の顔のひとりだった渋谷莉孔。現在は当チャンネルでもおなじみ大沢ケンジ主宰の和術彗舟會HEARTSで練習に励んでおり、今年9月にはプロキャリア3戦目でパンクラスのスーパーフライ級ランキング1位に勝利という快挙!……をやってのけたわけだが、なんとkこれまで地下格で40戦近くこなしているという。大沢ケンジも驚愕する“地下格無限地獄”を勝ち抜き、『THE OUTSIDER』からアウト宣告を食らったという渋谷のアウトサイダーぶりとは? 



    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    メルマガ会員でなくとも購入できる大好評インタビュー詰め合わせセット! par10は大好評インタビュー7本7万字が540円!!  http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar676078

    <詰め合わせ記事内容>

    ①村上和成ロングインタビュー 命懸けのプロレス道!!
    初期・和術慧舟會の実態、アントニオ猪木との出会い、最強UFO軍団、生死をさまよった“1・4事変”、小川直也との別離の真実、上井文彦に酷い目にあったビッグマウス時代などを激語り!


    元『格闘技通信』記者・安西伸一 俺が愛したグレイシー柔術

    大反響! 小佐野景浩の「プロレス歴史発見」――冬木弘道物語
    壮絶!癌にプロレスで向かい合った男・冬木弘道……「俺はやっぱり死ぬんだな」とニヤリと笑った。


    修斗世界王者・内藤のび太  のび太のキャラはファンタジーではリアルだった!!

    白血病からの復活! 元K−1戦士ノブ・ハヤシ
    高校生の夏休みにリングス道場入り、デビュー前にモーリス・スミスのジム、単身オランダ修行……90年代の格闘ロマンの塊がここにある!!

    多重ロマンチック主宰・漁師JJさん/あなたはなぜブログを更新するのか
    人気ブロガーはどうやってプロレスに出会い、プロレスの魅力を伝えているのか?
    テン年代の活字プロレスを探る新シリーズ!! 

    ⑦MMAファイターは干されることがあるのか〜あるいは旧・和術慧舟會の伝説〜
    大沢ケンジの格闘技解説! 選手、ジム、プロモーターの気になる三角関係……伝説の格闘技集団・和術慧舟會の笑撃エピソードも溢れだす!

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



    試し読み可能! その他の「詰め合わせセット」シリーズ 
    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar672043





    ――渋谷選手はどういう理由で格闘技を始めたんですか?

    渋谷 不良雑誌とかのインタビューでは「『THE OUTSIDER』に出たことがきっかけ」と言ってたんですけど、よくよく思い返したら、高校のときに格闘技のジムに何回か行ったことあるんですよね(笑)。 

    ――格闘技をやってみたいという動機があったんですか?

    渋谷 あれはテレビの格闘技番組にちょうど魔裟斗やKIDが出てきたときなんですよね。その頃はどっちかというと喧嘩好きな高校生だったんですけど。これは世の中の中学生や高校生がみんな思ってたんでしょうけど、「俺のほうが魔裟斗やKIDより強いだろ!!」って(笑)。

    ――ハハハハハハ。渋谷選手はいわゆる不良だったんですかね。

    渋谷 不良と聞くと、漫画の『クローズ』とかの世界をイメージする人が多いと思うんですけど。ああいうストレートな喧嘩は自分より上の先輩や、地方の怖い人たちの話だと思います(笑)。

    ――『WORST』の萬侍七人会との6対6タイマンとかはありえないわけですね(笑)。

    渋谷 自分は新宿大久保☆☆☆の学校だったんですけど、自分らのときの喧嘩って、ゲーセンの裏でナイフを見せ合っ たりとか……。

    ――おもいきり不良ですよ!(笑)。

    渋谷 後ろからビール瓶で殴ったりとか(苦笑)。まあ「不良!」という感じの喧嘩はしてないですよね。

    ――渋谷選手は喧嘩でタイマンを張ったりしなかったんですか?

    渋谷 怖くてできないですよ、そんなこと(笑)。タイマンやるなら情報操作して回避するようにしますよね。

    ――情報操作のほうが悪の格が上のような……。

    渋谷 いやでも高校生ですよ?(笑)。「怖い先輩に言いつけるぞ!」くらいのかわいいもんですよ。いまの高校生とかもそうですけど、おとなしいというか、不良とか流行らないんでしょうね。昔は暴走族や暴力団に流れてましたけど、そういう子もいないし。

    ――暴走族に憧れる雰囲気は微塵もないわけですね。

    渋谷 自分らの時代は暴走族じゃないですよね。ホストや闇金、その一つ前の世代がチーマー。最近だったら詐欺ですよね。

    ――振り込め詐欺ですね。不良の受け皿が変わってきてる、と。

    渋谷 不良というと暴走族をイメージしてるかもしれないですけど、自分らの世代にはいなかったですよね。それよりホストやギャル男で。いまはいろんな娯楽があって趣味もバラけてるじゃないですか。

    ――話を戻すと本格的に格闘技をやり始めたのはいつ頃なんですか?

    渋谷 高校のときに調子に乗ってジムに行ったらボコボコにされて。結局格闘技を始めたのは23歳ですからね。

    ――けっこう遅いですね。高校卒業後は就職されたんですよね?

    渋谷 はい。アダルトビデオ(以下AV)のメーカーで働いてました。監督業にも手を出して。

    ――格闘技をやる前の話ですでに面白い(笑)。どんな作品を撮ったんですか?

    渋谷 作品を引き継いでやっただけで、援交モノなんですけど(笑)。

    ――どうしてAVメーカーに就職したんですか?

    渋谷 ちょっと面白そうだし、これから伸びるんじゃないかなって。いまなんて動画は誰でも撮れるから下火になってますけど、自分が18歳の頃のAV業界って夢があったんですよね。自分が入ったメーカーは潰れる寸前だったんですけど、7億、14億と業績がどんどん上がって業界2位とかになって。

    ――ちなみにメーカー名は?

    渋谷 『プレステージ』というんですけど。

    ――存じ上げております。

    渋谷 どこのメーカーもグループとして1位2位を争ってたんですけど、自分らは一個の会社で10人くらいしかいないのに業界2位になってましたからね。で、そこで働きながら23歳の頃に格闘技を始めて。毎日ジムに行きたかったんですけど、現場に関わってると定時に帰れないじゃないですか。それで内勤に変えてもらって、女の子の面接とかの仕事をしてましたね。

    ――業界2位ともなると給料は相当よかったんじゃないですか?

    渋谷 しっかりもらってました!(笑)。

    ――うわあ(笑)。

    渋谷 経理もちゃんとしてなかったから、やりたい放題で。領収書なんて無限の可能性を秘めてましたね(笑)。でも、内勤になっても夜9時にジムに行って1時間くらいしか練習できないので、結局会社をやめちゃいましたね。

    ――格闘技のために。

    渋谷 やめなきゃ格闘技はできなかったので。会社をやめる前に『THE OUTSIDER』には出ていたんですよ。22歳の頃に出て、1戦目はうまく勝ったんですけど、2・3戦目はちょっとプロをかじってる人とやって負けて。「このままじゃダメだ」と思ってジムに通うようになったんですよね。

    ☆このインタビューの続きと山本宜久、ジャンボ鶴田物語、木村フリップみのるなど、7本のインタビューが読めるお得な詰め合わせセットはコチラ
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。