• このエントリーをはてなブックマークに追加

EATERチャンネル

EATERチャンネル

EATERチャンネル

雑誌『EATER』は95年から01年まで不定期に計8号が刊行された、日本で始...

2012/10/15 開設 5動画

『イーター』RE-BORN !!

WEB EATER

2012年10月15日からEATERチャンネルがはじまりました。

WEB EATER編集部

  • CASE OF TELEGRAPH 2013

    2013-01-04

    • 0 コメント
  • 遠藤ミチロウ・インタビュー  1994年.6月8日  三鷹  (『イーター』創刊号掲載)

    「俺達の生活は、柵のないリザベーションみたいなもの」 (2012 年刊行の総集編『 EATER 90s 』には、『イーター』 5 号に掲載された 1997 年の遠藤ミチロウのインタビューが再録されているが、それ以前、創刊号でも遠藤ミチロウのインタビューが行われていた。そこでミチロウが語っているのは、アメリカ・インディアンを探訪した時の体験だ。その中で触れられている『ホピの予言』は、まさに原発事故後の現在の日本の状況に繋がっている。今また新たな意味を持つそのインタビューを、ここに抜粋、掲載します。 ) 「理想的な黄泉の国」 ───アメリカ・インディアンに強い興味を持っていることだけど。 ミチロウ  インディアンに興味持ったこと自体っていうのは、別に例えば少数民族問題がどうのこうので興味を持ったんじゃなくて、昔から単純にインディアンに対する興味ってすごいあって。 ───昔って? ミチロウ  西部劇見てるころから(笑)。西部劇すごい好きだったから。好きなんだけど、やっぱ疑問符がついちゃって。なんで?っていうみたいな。インディアンってカッコいいと思ってたわけ、すげぇ。裸馬乗ってワーみたいなさ。 ...

    2012-12-25

    • 0 コメント
  • 追悼・若松孝二監督

     若松孝二監督が亡くなった。若松監督には『イーター』 5 号でインタビューさせてもらったことがあり、さらに単行本『ムービー・パンクス』にそのインタビューを再録させてもらっている。『イーター』では先鋭的な映画監督も多く取り上げてきたが、若松監督こそ彼らの先達であり常に指針であり続けた。  若松孝二という名前は、僕の学生時代に既に最も過激な映画監督として鳴り響いていた。キャンパスのタテ看に書かれた「若松孝二監督作品上映会」という文字の威圧感は、今も鮮明に記憶に残っている。  実際に若松作品を観るようになったのはビデオが普及しだした頃で、『犯された白衣』などの初期の作品に衝撃を受け、若松作品を探して中央線沿線のレンタルビデオ屋を回ったものだった。  『イーター』でのインタビューが実現したのは 1997 年 7 月のこと。阿部薫と鈴木いづみの生涯を描いた『エンドレス・ワルツ』という映画を、町田康の主演で若松監督が制作し、そのイベントがロフトプラスワンで行われた。その時に町田康に若松監督を紹介してもらい、インタビューをお願いしたのだった。  インタビューは千駄ヶ谷の若松プロの事務所で行った。監督と...

    2012-11-04

    • 0 コメント

EATER最新情報

2017年7月4日更新

●カトラ・トゥラーナ・レコーティングライブ
2017年7月11日@新宿LOFT
OPEN 18:30 / START 19:00 ADV¥2500 / DOOR¥3000
[発売]PIA・LAWSON・eplus・LOFT 6/4〜、Pコード:334-947 / Lコード:75014
カトラ・トゥラーナ / ju sei (ジュセイ)

●「EATER 〜歌うひと(上巻)」(2017年秋出版予定)取材進行中
二階堂和美、浜田真理子、タテタカコ、……

●「EATER 2014 Rebirth」全国の書店、大型レコード店で好評発売中!!
PIKA☆、勝井祐二(ROVO)、大友良英、遠藤ミチロウ、JOJO広重、佐藤薫(EP-4)、他
本文224P並製 定価1800円+税

●EATER 90s インタビュー集:オルタナティブ・ロック・カルチャーの時代(DVD付)

※全国の書店、amazonで絶賛発売中!!

INFOMATION

2017年1月4日更新

●PIKA☆「龍の棲家」発売中〈制作販売:テレグラフレコード/いぬん堂〉
定価:2500円+税 TGC037
 2010年の「あふりらんぽ」解散以降、「ムーン♀ママ」などで音楽活動を続けるとともに、太陽大感謝祭などのイベントを意欲的に開催してきたPIKA☆が、その新しい音楽世界を鮮やかに展開したアルバム『龍の棲家』をついに完成させた。



EATER Twitter

EATER'90s オルタナティブ・ロック・カルチャーの時代

STREET KINGDOM東京ロッカーズと80'sインディーズシーン

非常階段 THE KING OF NOISE

So What

プロジェクトFUKUSHIMA! 2011.3.11〜2012.8.15 いま文化に何が出来るか

ムービー・パンクス

ライブストリーミング

次回放送予定をお待ちください。