• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Twitter

ブログ・メルマガ

  • Vol.308 結城浩/やりたいことを見つける/問題解決と他者との関わり - 仕事の心がけ/いまの自分にしか書けない文章/

    Vol.308 結城浩/やりたいことを見つける/問題解決と他者との関わり - 仕事の心がけ/いまの自分にしか書けない文章/ 結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2018年2月20日 Vol.308 はじめに 結城浩です。 いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。  * * * 『数学ガール/ポアンカレ予想』の話。 『数学ガール/ポアンカレ予想』がアマゾンで予約開始になりました! ありがたいことにアナウンスして一日後、 数学一般書籍でランキング第1位となりました。 みなさんの応援に感謝です! 書籍全体では、 最大瞬間風速で第181位まで上がっていたようです。 またTwitterなどでもたくさんの方が言及してくださり、 結城のアナウンスツイートは、 あっというまにたくさんRTしていただきました。 感謝です!  ◆『数学ガール/ポアンカレ予想』(アマゾン)   https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797384786/hyuki-22/ 先週はイラストとカバーの打ち合わせがありました。 「数学ガール」と「数学ガールの秘密ノート」シリーズを、 ずっといっしょに手がけてきたチームで、 久しぶりの本編新刊を喜びました。 何しろ6年振りです...

    11時間前

    • 0 コメント
  • Vol.307 結城浩/再発見の発想法 - ロールオーバー/人を惹きつける文章を書く/効果的な勉強法/

    Vol.307 結城浩/再発見の発想法 - ロールオーバー/人を惹きつける文章を書く/効果的な勉強法/ 結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2018年2月13日 Vol.307 はじめに 結城浩です。 いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。  * * * 『数学ガール/ポアンカレ予想』の話。 先日『数学ガール/ポアンカレ予想』の本文のみ脱稿していましたが、 先週になって残っていた原稿(エピローグ、 参考文献と読書案内、あとがき)を脱稿しました。 これでようやく一段落です。 といっても気を緩めるわけにはいかなくて、 2018年春の刊行を目指して時間との闘いになります。 今週はイラストとカバーの打ち合わせがあり、 来週には初校が到着。 来月上旬には初校の読み合わせと作業が盛りだくさん。 大きめの修正はとにかく今月中に片づけなくては。 6年振りの「数学ガール」新作、 応援よろしくお願いいたします!  ◆『数学ガール/ポアンカレ予想』   http://www.hyuki.com/girl/poincare.html  * * * 『プログラマの数学 第2版』の話。 2018年1月に刊行した『プログラマの数学 第2版』ですが、 ようやく電子書籍が出始めま...

    2018-02-13

    • 0 コメント
  • Vol.306 結城浩/チャンスをつかむ心がけ/「何がうれしいのか」という問い/心を動かす文章をめぐって/

    Vol.306 結城浩/チャンスをつかむ心がけ/「何がうれしいのか」という問い/心を動かす文章をめぐって/ 結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2018年2月6日 Vol.306 はじめに 結城浩です。 いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。  * * * 『数学ガール/ポアンカレ予想』の話! 先週『数学ガール6』の本文を脱稿しました(ようやく)。 そしてTwitterやWeb日記で今回のテーマをアナウンス。 今回の数学ガールは、  『数学ガール/ポアンカレ予想』 という本になります。 ポアンカレ予想というのは、トポロジー(位相幾何学)の問題です。 数学者アンリ・ポアンカレが《問いかけ》の形で論文の最後に書いた問題、 それが《ポアンカレ予想》です。 この問題が提示されたのは20世紀初めのこと。 そこから多数の数学者が挑戦し、 なんと百年という時間が過ぎました。 そして、21世紀の初め、 グリーシャ・ペレルマンがこの《ポアンカレ予想》 の証明を完成させたのです。 「数学ガール」シリーズ第6弾は、 この《ポアンカレ予想》に挑戦します! 刊行は2018年の春を予定しています。 今回のテーマを発表してから、 とても...

    2018-02-06

    • 0 コメント
  • Vol.305 結城浩/数学を楽しむということ/ニンテンドーラボ/新規性のある研究/

    Vol.305 結城浩/数学を楽しむということ/ニンテンドーラボ/新規性のある研究/ 結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2018年1月30日 Vol.305 はじめに 結城浩です。 いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。  * * * 『プログラマの数学 第2版』の話。 先日、編集部から連絡がありました。 『プログラマの数学 第2版』の重版が決まったのです。 発売開始から十日足らずでの重版決定にびっくり! 読者さんの応援には心から感謝です! \重版出来!/ なお『プログラマの数学 第2版』の電子書籍版の方も、 現在編集部で準備中です。編集部からの情報によれば、  『プログラマの数学 第2版』の電子書籍は、  2018年2月上旬には配信される とのことです。 いつもと同様に、試し読み版も準備中です。 応援よろしくお願いいたします!  ◆『プログラマの数学 第2版』   http://www.hyuki.com/math/  * * * 「数学ガールの秘密ノート」は中学一年生で読めるかという話。 質問 『数学ガールの秘密ノート/丸い三角関数』では、 三平方の定理を既知としているので中学一年生には厳しそうです。 『数学ガールの秘密...

    2018-01-30

    • 0 コメント
  • Vol.304 結城浩/質問に答える/言葉で説明できない魅力を生む - 本を書く心がけ/

    Vol.304 結城浩/質問に答える/言葉で説明できない魅力を生む - 本を書く心がけ/ 結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2018年1月23日 Vol.304 はじめに 結城浩です。 いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。  * * * 『プログラマの数学 第2版』の話。 先日刊行された『プログラマの数学 第2版』は、 おかげさまで多くの人に楽しんでいただけているようです。 書泉ブックタワーの「コンピュータ書ベスト1/14-1/20」で、 『プログラマの数学 第2版』はランキング一位になっていました。 ありがとうございます!  ◆書泉ブックタワーコンピュータ書ベスト   https://twitter.com/shosen_bt_pc/status/954914702303272960 ちなみに、書泉ブックタワーコンピュータ書ベストは、 第一位から第三位まですべてオビに 「機械学習」という文字が入っていますね…… 『プログラマの数学 第2版』は、 機械学習の本というわけではありませんが、 「機械学習への第一歩」という付録を書き下ろししています。 なお、『プログラマの数学 第2版』の電子書籍版の方も、 現在編集部で準備中です。今週中には、 発売予定についての情報がアナウン...

    2018-01-23

    • 0 コメント
  • Vol.303 結城浩/再発見の発想法 - 投機的実行/ミスしたときにはどうするか/嫉妬の感情と本を書く動機/

    Vol.303 結城浩/再発見の発想法 - 投機的実行/ミスしたときにはどうするか/嫉妬の感情と本を書く動機/ 結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2018年1月16日 Vol.303 はじめに 結城浩です。 いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。  * * * 『プログラマの数学 第2版』の話。 『プログラマの数学 第2版』がようやく刊行されました! 先週末にサイン本が先行販売され、 今週には通常本も販売が始まります。 毎度毎度思うことですけれど、 新しい本が出るのはほんとうにうれしいです。 ありがたいことに、 アマゾンでは数学一般書籍でランキング一位となりました。 たくさんの応援に感謝しています。 また、驚いたことがあります。 書泉ブックタワーの「コンピュータ書ベスト1/7-1/13」で、 『プログラマの数学 第2版』がランキング二位になっていたこと。 多くの読者さんが買って下さったのですね。感謝です!  ◆書泉ブックタワーコンピュータ書ベスト   https://twitter.com/shosen_bt_pc/status/952394292462477313  ◆『プログラマの数学 第2版』   http://www.hyuki.com/math/  * * * 『数学ガール6』の話...

    2018-01-16

    • 0 コメント
  • Vol.302 結城浩/自分の理解に関心を持つことは大切 - 教えるときの心がけ/わけへだてなく学べる社会/

    Vol.302 結城浩/自分の理解に関心を持つことは大切 - 教えるときの心がけ/わけへだてなく学べる社会/ 結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2018年1月9日 Vol.302 はじめに 結城浩です。 いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。  * * * 『プログラマの数学 第2版』の話。 先週もお伝えしましたが、2018年1月に、  『プログラマの数学 第2版』 が刊行されます。日頃の応援に感謝して、 恒例の《サイン本無料プレゼント》を行います。 応募〆切は、  2018年1月10日(水) です。以下のページをごらんの上、 ぜひご応募ください!  ◆『プログラマの数学 第2版』《サイン本無料プレゼント》   https://snap.textfile.org/20171229214054/  * * * サイン本無料プレゼント企画の話。 結城は新しい本を出すたびに、 《サイン本無料プレゼント》企画を個人的に行っています。 書籍を執筆している人には、 同様の企画をなさることをおすすめします。 どうしてかというと、応募してくる読者さんが、 応募メールに感想を書いてくださるからです。 読者さんの声は貴重ですし、何よりすごく励まされます! 複数の...

    2018-01-09

    • 0 コメント
  • Vol.301 結城浩/定義は何?/あなたにとって、仕事とは何か/

    Vol.301 結城浩/定義は何?/あなたにとって、仕事とは何か/ 結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2018年1月2日 Vol.301 はじめに 結城浩です。 新年あけましておめでとうございます。 いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。  * * * サイン本無料プレゼントの話。 2018年1月に、  『プログラマの数学 第2版』 が刊行されます。日頃の応援に感謝して、 恒例の《サイン本無料プレゼント》を行います。 応募〆切は、  2018年1月10日(水) です。以下のページをごらんの上、 ぜひご応募ください!  ◆『プログラマの数学 第2版』《サイン本無料プレゼント》   https://snap.textfile.org/20171229214054/  * * * 数学ガール6の話。 2017年12月末に、 『数学ガール6』はようやく第9章まで形になりました。 現在は、何とか2018年1月末まで『数学ガール6』 全体を完成させようとしているところ。 まだまだ楽観視はできませんが、 少しずつゴールが見えてきました。 あわてずあせらず、 第10章を書き進めていきたいですね。 応援よろしくお願いいたします。  *...

    2018-01-02

    • 0 コメント
  • Vol.300 結城浩/朝の時間は勉強と執筆のどちらに使うべきか/「やりたいこと」を見つける/充実した人生/

    Vol.300 結城浩/朝の時間は勉強と執筆のどちらに使うべきか/「やりたいこと」を見つける/充実した人生/ 結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2017年12月26日 Vol.300 はじめに おはようございます。結城浩です。 いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。 今回は2017年最後の配信になりますが、 ちょうどVol.300になりました! 継続的な応援をありがとうございます!  * * * 数学ガール6の話。 今年の重要プロジェクトの一つは『数学ガール6』の刊行でした。 残念ながら年内刊行は間に合いませんでしたね。 それどころか年内脱稿も無理でした。 しかし、何とか第8章まではレビューアさんに送付できるほどになり、 現在も第9章を誠意執筆中。 がんばって今年中には第9章までたどり着きたいです。 そして、来年こそ『数学ガール6』刊行!といきたいものです。 ちょっと振り返ってみます。 「数学ガール」シリーズは現在5巻まで刊行されています。 『数学ガール5』にあたる『数学ガール/ガロア理論』は2012年刊行。 そこから「数学ガールの秘密ノート」シリーズの刊行にシフトし、 『秘密ノート1』から『秘密ノート9』までがす...

    2017-12-26

    • 0 コメント
  • Vol.299 結城浩/学び方の上手い人、下手な人/怒りについて/

    Vol.299 結城浩/学び方の上手い人、下手な人/怒りについて/ 結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2017年12月19日 Vol.299 はじめに おはようございます。結城浩です。 いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。  * * * ABC予想の話。 つい先日のこと(2017年12月16日)、 朝日新聞にABC予想に関する記事が掲載されました。 望月新一教授が「ABC予想(ABC Conjecture)」 を証明した論文が査読付き専門誌に載るという内容です。  ◆数学の超難問・ABC予想を「証明」 望月京大教授   http://www.asahi.com/articles/ASKDD5Q6MKDDPLBJ007.html ABC予想は、数学のいわゆる「未解決問題」です。 数学の「未解決問題」の多くは、 そもそも問題自体の主張を理解するために専門知識を必要としますが、 ABC予想はフェルマーの最終定理に似て、 問題自体の主張を理解するのは難しくありません。 以下では、鯵坂もっちょさんが、 たいへんていねいにABC予想の主張を解説しています。  ◆"独創的すぎる証明"「ABC予想」をその主張だけでも理解する   http://www.ajimatics.com/entry/2017/12/16/175035 望月新一教授は、 宇宙際...

    2017-12-19

    • 0 コメント

生放送

放送済みの番組はまだありません。