• このエントリーをはてなブックマークに追加
麻雀のセンスとは
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

麻雀のセンスとは

2017-11-29 12:00
  • 2

南4局オーラスです。トップ目東家(33400点)が役牌を1つ仕掛けて

九索:麻雀王国五萬:麻雀王国中:麻雀王国九筒:麻雀王国二萬:麻雀王国二筒:麻雀王国  
南:麻雀王国一筒:麻雀王国七索:麻雀王国發:麻雀王国 

裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国 ポン東:麻雀王国東横:麻雀王国東:麻雀王国 ドラ八萬:麻雀王国

この河です。2着目北家は30000点。その差3400点という状況で――

四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国

ピンフのみテンパイ。トップボーナスが大きなルールでどうしますか?

こんなの本来問題にすらなりません。一筒:麻雀王国切りリーチ。
「直撃」、「裏」、「ツモ」、いづれかの条件を満たせばトップをまくります。

おそらく100人いたら100人この選択をするでしょう。

dbb6db3d3b07e48c8a05f6a0896d02b85fab8f25

ところが四筒:麻雀王国を切ってリーチするやつがいた。
この男の名は 鈴木たろう 競技麻雀界で屈指の実績を残すトッププレイヤーだ。

東家に鳴かれるかもしれないリスク、東家に放銃するかもしれないリスクを負ってまで
東家の現物一筒:麻雀王国ではなく、敢えて四筒:麻雀王国を選んだその理由とは?


・リーチ棒を出すと4300点差、東家にオリられて流局してしまうかもしれない

東家にトップで終了する選択肢を増やしてしまうリスクがあるということ。

・東家は四筒:麻雀王国をチーしてテンパイならある程度勝負するはず

テンパイならば流局間際まで勝負する可能性が高い。逆転の条件を満たす項目の一つが「直撃」なのだから、条件を満たす可能性を高める選択ともいえなくもない。

・アガリ止めがないルール。仮に東家のアガリになっても次のチャンスがある


そのように考えれば考えるほど
四筒:麻雀王国リーチ、唸らせるような選択ではありませんか?




第16期雀王決定戦19回戦・南2局東家・ドラ四萬:麻雀王国

四萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国九萬:麻雀王国六筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国四索:麻雀王国四索:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国發:麻雀王国

5巡目、たろうはここから八索:麻雀王国をポンした。
首位の金とトータルで87ポイント差、この半荘でもトップの金と3万点差。

のんきに構えている場合ではない。このまま親流れ = 敗退確実 といった状況なのだ。さらに四索:麻雀王国をポンして2副露、そしてイーシャンテンにこぎつけた牌姿がこちら――

e2d9d673051b0d2b78c17c85d011e6632b15bdad

仕掛けた八索:麻雀王国ポンと四索:麻雀王国ポンがうまくブラインドになっている。
たろうにアガらせたくない上家の金も、これでは五索:麻雀王国八索:麻雀王国を抑えにくいだろう。

イーシャンテンになった金から打たれた五索:麻雀王国。当然のテンパイ取りと誰しもが思ったが、たろうはここで五索:麻雀王国に目もくれず、当たり前のようにツモ山に手を伸ばした。

ち、ちょっと待ってくれ
今の状況をもう一度整理しようか。みんなもよーく聞いてくれ。


もう絶対に絶対に落とせない親番で

自分で八索:麻雀王国をポンしている五索:麻雀王国八索:麻雀王国受けのイーシャンテン

仕掛けたらタンヤオドラ2の両面テンパイになる五索:麻雀王国チーをここでスルーしたのだ

一体何事かと思った。だって100人いたら100人がチーする牌ですよ?
それをスルーする意図とは何か? そう、金からの直撃狙いということですよ。

もしもこのままテンパイしようものなら、次の
五索:麻雀王国八索:麻雀王国は確実に仕留められる。

チーテンの五筒:麻雀王国八筒:麻雀王国待ちでは、待ちが透けてしまうので絶対に金をとらえることはできない。

1cd76ec332a0d65aa98a5db659cfb242131ff7a5
※2枚目の
五索:麻雀王国をチーされて「は?、たろうさん何してんの??」となる金の表情


スルーした理由はわかる。多少の余裕がある状況ならそれもわかる。
だからといってこの後がない状況で―― いや、後がない状況だからこそ効果的なのか。


麻雀のセンスとは

100人が100人同じ選択をするような打牌にも
「他に何か良い方法はないか?」と思考を巡らせる柔軟な発想力。

そして 限られた時間の中で思いつくこと、閃くこと なのではないかと思う。この選択が良いか悪いかは別にして、選択肢のひとつとしてあることが素晴らしいと思いました。



チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
現役麻雀プロがガチで「天鳳位」を目指すブログマガジン
更新頻度: 毎日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥540 (税込)

チャンネルに入会して購読

×
たろうプロの5sスルーは、観ていて本当に痺れました!
以前の雀王決定戦でアガリ牌の見逃しを敢行したプロもいるくらいですから、想像以上に効果的な戦略なのかもしれませんね。
8ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます

決定戦仕様ですからねー くれぐれも真似しないように(笑)
8ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。