• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ブログ・メルマガ

  • 自民改憲案、今国会の提示は困難、最大要因は下村憲法改正推進本部長が野党を「職場放棄」と批判し野党反発。下村氏辞任。今、入管法改正案をめぐる混乱。公明党は一時慎重姿勢であったが、北側 憲法調査会長は自民改憲案の憲法審査会への提示に理解。やはり。

    A1: 事実関係1産経新聞「自民改憲案、今国会の提示は困難 「職場放棄」に野党反発」 自民党が目指す憲法9条への自衛隊明記など4項目の党改憲案の臨時国会提示が困難となっている。10月24日の国会召集から3週間が経過した今も、衆参両院の憲法審査会は野党の抵抗により開催されておらず、初回は早くて今月22日。自民党の下村博文憲法改正推進本部長が野党を「職場放棄」と批判したことも反発を招き、改憲議論が進展する気配はみられない。  衆院憲法審の与党筆頭幹事の新藤義孝元総務相(自民党)は14日、野党筆頭幹事の山花郁夫氏(立憲民主党)と電話で協議を重ねたが、開催日程について合意は得られなかった。  改憲議論の先行きは不透明感を増している。「率直な議論さえしないのは国会議員の職場放棄ではないか」。下村氏が9日のCS番組でこう発言し、野党側の反発を招いたからだ。  そもそも野党第一党の立憲民主党は憲法審開催に後ろ向きで、下村氏の発言が「野党に審議拒否の口実を与えた」(自民党幹部)。下村氏は野党との運営協議が行き詰まると判断し、内定していた衆院憲法審の運営を担う「幹事」を...

    11時間前

    • 6 コメント
  • 鳩山由紀夫氏過去一カ月発信のツイッターで反応が大きかった順、①消費税アップは法人税減に消える、②「官邸主導で攻撃兵器選定」の危険、③籠池元理事長夫人が獄中記、日本の隠蔽体質。④辺野古埋立て承認撤回で行政不服審査法の茶番

    2018 年 10 月 16 日~ 11 月 19 日 リツイート・いいね best5 ①            2018 年 10 月 16 日 12,923 件 •   5,570 件のリツイート •   7,353 件のいいね   安倍首相は来年10月に消費税を10 % に上げると言明した。過去 3 回消費税増税をしたが、その時の税収は皆54兆円程度。増えていないのだ。なぜか。それは消費税導入時から現在は法人税と所得税を併せて15兆円税収が減っているからだ。大企業と金持ちを優遇し貧困家庭を直撃するのは政治ではない。   ②            2018 年 11 月 12 日   8,528 件 •   3,750 件のリツイート •   4,778 件のいいね   東京新聞の見出し「官邸主導で攻撃兵器選定」。総理は周囲に『敵にやられっぱなしで、日本が守るしかないでは良くない。攻撃的な技術をやった方がいい』と語っているようだ。日本は専守防衛の歯止めがきかなくなった。米軍と一緒に戦争に参加する道を着々と進んでいる。とても危険なことではないか。   ③            2018 年 10 月 17 日  7,079 件 •   2,84...

    1日前

    • 11 コメント
  • 『アーネスト・サトウと倒幕の時代』(12月初刊行)「坂下門外の変」⑤ 現千代田区三番町で、日本の初代総理になった伊藤博文が塙保己一の息子塙忠宝を暗殺。「斬奸(安藤信正)趣意書」「天子之御讓位を奉釀候心底ニテ既ニ和學者共へ申付廢帝之古例ヲ調候」

    江戸時代「番町で目明き盲に道を聞き」とい川柳がありました。ここで「盲」と言われたのは塙保己一です。この塙保己一は『群書類従』刊行を行う大事業を成し遂げています。「道を聞き」は道路案内だけでなく、学問の道をも意味しています。 かつて「千代田区三番町 24 には、「塙保己一和学講談所跡」の標識がありました。 しかし、もし、この標識が「この地にて、明治初代首相伊藤博文が幕末、塙保己一の息子 塙忠宝を暗殺」となると、訪れる人もあるのでないでしょうか。 「坂下門外の変」に関連して、伊藤博文は一段と過激な行動をとりました。 すでに「坂下門外の変」に関与した人々が、「斬奸趣意書」を書いたことを死崩壊しました。この中に、「天子之御讓位を奉釀候心底ニテ既ニ和學者共へ申付廢帝之古例ヲ調候」という記述があります。つまり、幕府は、孝明天皇を廃位させるために、学者に故事調べさせたと指摘されてます。これから、伊藤博文が塙次郎を殺害する点に関して『伊藤博文伝』(  春畝公追頌会 、一九四〇年)の記述を見て見ます。p73 「安藤信正を坂下門外に要撃し激徒の斬奸状に...

    2日前

    • 10 コメント
  • 「カショギ氏殺害にサウジ皇太子が命令」CIA結論。トランプ大統領の娘婿クシュナーはサウジ皇太子と緊密な関係。皇太子関与が言われる中、クシュナーは皇太子批判に消極的。NYTは「米国政府官僚及びCIAも本殺害で皇太子が権力から排除されるとは見ていない」と報道。

    A -1 : 事実関係「サウジ皇太子が命令」CIA結論 記者殺害で米紙(朝日新聞) 17 日 サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が、トルコのイスタンブールにあるサウジ総領事館で殺害された事件で、ワシントン・ポスト紙は16日、米中央情報局(CIA)が「サウジのムハンマド皇太子が殺害を命じた」と結論づけたと報じた。在米サウジ大使館は同紙の報道内容を否定した。  サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が、トルコのイスタンブールにあるサウジ総領事館で殺害された事件で、ワシントン・ポスト紙は16日、米中央情報局(CIA)が「サウジのムハンマド皇太子が殺害を命じた」と結論づけたと報じた。在米サウジ大使館は同紙の報道内容を否定した。  傍受した会話には、ムハンマド皇太子の弟で駐米大使のハリド王子とカショギ氏の電話が含まれるという。ハリド王子は結婚手続きの書類を求めていたカショギ氏に、イスタンブールの総領事館に行って書類を受け取るよう勧め、さらに安全だと伝えたとしている。このハリド氏の電話は、ムハンマド皇太子からの指示だったという。  米情報当局は殺害前、通信を傍...

    3日前

    • 6 コメント
  • 「日米地位協定で日本は米国に要求されたら、どこでもその基地設置を容認しなければならないことになっている」との説が在る。そんな馬鹿なことはない。地位協定「新たに施設及び区域を提供することを合意することができる。」合意しなきゃいいだけの話。

    1:日本で不思議な議論がある。米軍は日本のどこでも基地を置けるという論だ。 11月16日朝日は次の報道を行った。 北方領土に米軍、プーチン氏警戒 安倍首相「誤解だ」 「北方領土をめぐる日ロ交渉で、返還後の島に米軍基地を置かない考えを日本がロシアに伝えていたことが明らかになった。安倍首相はロシアが長年抱く米軍基地への懸念を取り除くことで局面を打開し、歯舞群島と色丹島の2島先行返還を軸に交渉加速を狙うが、2島の主権や国後、択捉の帰属など難題が待ち受けている。 米国が日本のどこにでも基地を置くことを求められる日米安保条約は長く、北方領土交渉の「トゲ」だった。 2:日米地位協定を見れば、米軍が日本のどこにでも基地をもてるという条項はない。 第二条 1(a) 合衆国は、相互協力及び安全保障条約第六条の規定に基づき、日本国内の施設及び区域の使用を許される。個個の施設及び区域に関する協定は、第二十五条に定める合同委員会を通じて両政府が締結しなければならない。「施設及び区域」には、当該施設及び区域の運営に必要な現存の設備、備品及び定着物を含む。 ...

    5日前

    • 6 コメント
  • 日ロ領土問題 プーチン大統領の支持率は低下。この中、プーチンは歯舞色丹を日本に返す力があるか。年金制度改革(受給年齢を60歳から65才)が影響。10月の世論調査ではプーチンを信頼できる政治家とする者は39%。

    「ロシア人内でのプーチンに対する信頼は急速に低下( Trust in Vladimir Putin declines steeply among Russians, poll shows )の(英国紙ガーディアン) ・過去一年、プーチン大統領とロシアの支配政党に対する信頼は急速に低下し、その主たる理由は年金である。 ・ Levada Centre の世論調査によれば、39%のロシア人がプーチンを信頼できる政治家とみなしているが、これは2017年11月と比較して20%ダウンである (注:別途 Levada Centre の調査ではプーチンの支持率は2018年10月で66%、不支持は33%となっている。2016年11月の支持率は86%である) ・不人気な年金改革を行おうとしたからである。 ・クレムリンに近い調査会社 FOM (Public Opinion Foundation) によれば10月の時点で選挙があれば、45%がプーチンに投票するとしているが、これは年頭の67%から低下している。これはプーチンにとって過去10年間で最も低い支持である。 政権党 United Russia party は FOM によれば支持は 31% で 20% 近い下落である。 ・極東の人々は知事選挙で United Russ...

    5日前

    • 5 コメント
  • シンガポールで日ロ首脳会議。安倍首相は平和条約締結の意図。それは領土問題を最終的に決着させる意味を持つ。歯舞色丹を日本に返し、国後択捉をロシア領と認めることだ。選択はそれしかない。政府は誤魔化すのでなく正確に説明すべきだ。

    1956年の日ソ共同宣言は事実上の平和条約であった。つまり、ここでは、①戦争状態を終結決する、②友好善隣関係が回復される、③外交・領事関係が回復される、⓸ソ連は賠償請求権を放棄することが記載されている。 では何故平和条約と呼ばなかったからか。それは領土に関する合意が出来なかったからである。 ソ連は歯舞色丹を返す事には合意した。だが国後・択捉は自国領と主張した。日本側はこれを飲めなかった。サンフランシスコ講和条約で日本は千島を放棄し、吉田首相は国後・択捉は南千島と述べているから、日本政府は、①歯舞色丹を返す、②国後・択捉はソ連領で合意できた。これは許さないというダレス国務長官の圧力で実施できなかった。 今回平和助いう役を結ぶということは領土問題を決着するという点にだけ、意義がある。 それは①歯舞色丹を日本に返す、②国後択捉をロシア領とすることを日本が暗黙に認めることである。 私は、結論はこれでいいと判断している。 しかし国民には、平和条約は領土問題を最終的に決着させることだという説明はしておくべきだ。 A -1 : 事実関係1安倍晋三首相は 1...

    6日前

    • 8 コメント
  • ペンス副大統領は何故訪日したか。①安倍首相の中国接近の動きに釘をさす。ペンスは10月4日ハドソン研究所で対中宥和政策の見直しの大演説。他方安倍首相は対中政策に「脅威ではなくパートナー」「自由で公正な貿易体制の発展」等提言②貿易交渉の厳しさ通知

    13日午前、首相官邸で安倍晋三首相・ペンス米副大統領会談がもたれた。 ペンス米副大統領会談のこの時期の最大の狙いは、安倍首相が見せる中国との関係修復へのけん制であろう。 米国は今日、対中政策においては過去、最も強い姿勢を打ち出してきている。先ず貿易関係では中国の対米貿易約5000奥ドルの半分に関税上乗せ措置を講じ、さらなる措置も検討中である。ペンス副大統領は訪日中、「インド太平洋に権威主義と侵略の場所はない」と述べ、中国への対抗姿勢をにじませたが、中国を意識してのかかる強い表現は近年あまりない。 ペンスf副大統領は対中強硬論の先頭を切っている。 ペンス米副大統領は10月 4 日、ハドソン研究所で 50 分におよぶ講演を行い、過去 40 年間の対中宥和政策の見直しと、中国共産党政権に対して全面的な反撃を宣言した。主要論点は次のものがある。 中国と中国共産党を区別する(中国共産党を最大の脅威と見なす主張) 米国中間選挙に介入、米政府の転覆を図る 3、中国当局による浸透工作 4、貿易戦で中国共産党への包囲網を強める 5 .中国当局に...

    2018-11-14

    • 4 コメント
  • JETRO報告、「ドイツ産業連盟(BDI)は“貿易摩擦の終焉みえず”と題する声明を発表。会長は“ドイツ産業界は、米国から厳しい逆風を受け続ける。米国の貿易政策が保護主義から方向転換することは、想像できない”。

    A: 事実関係 JETRO 論評 米国中間選挙踏まえ、外相や主要産業団体が欧州の結束を強調 JETRO2018 年 11 月 09 日   11 月 6 日に行われた米国の中間選挙結果を踏まえて、ドイツ外務省やドイツの主要産業団体から、欧州の結束の重要性を強調する声が相次いだ。 ドイツ外務省は 11 月 7 日、地方紙によるハイコ・マース外相へのインタビューを公表した。それによると、マース外相は「今回の中間選挙での選挙運動は、米国社会がいかに分断されているのかを示しており、さらに推進した」と述べた。また、トランプ大統領がその姿勢を変えることは期待できないとした。さらに、「米国は欧州域外の最も重要なパートナーの一国であり続けることに変わりはないが、その関係を再検討する必要がある」とコメントした。米国の国際条約撤退や制裁関税などの措置に対し、欧州結束が唯一の打開策だと強調した。 ドイツ産業連盟( BDI )は同日、「貿易摩擦の終焉みえず」と題する声明を発表。ディーター・ケンプ会長は「ドイツ産業界は、米国から厳しい逆風を受け続けることになる。多くの民主党議員もトランプ大統領の通商政策を支持し...

    2018-11-13

    • 3 コメント
  • 『アーネスト・サトウと倒幕の時代』(12月初発売)。 誰が坂本龍馬を殺したか:半藤氏は「暗殺の下手人が見回組でしょうが、薩摩が黒幕か。今日実施は見回組というのが最有力。論拠?殺害時、今井信郎自供がほぼ唯一。当然拷問があったろう。信憑性はあるか。

    歴史学者・磯田道史氏は『週刊現代』二〇一〇年十一月六日号「龍馬暗殺一四三年目の真実 ) 」で「坂本龍馬の暗殺は、日本史上最大のミステリーとされています」と述べています。 国会図書館に行くと、坂本龍馬暗殺に関しては、菊地明著『龍馬暗殺完結篇』、大浦章郎(元中部読売新聞社専務)著『徹底推理・竜馬暗殺の真相』、木村幸比呂著『龍馬暗殺の謎』、新人物往来社編『龍馬の暗殺の謎を解く』と山のように本が出てきます。 龍馬暗殺者については、「新選組説」、「紀州説」、「見廻組説」、「薩摩説」土佐説」「攘夷派説」等様々な説があります。 この中で。圧倒的に支持を得ているのは「見廻組説」で、下中芳岳(彌三郎)は著書『維新を読む』(昭和九年)で、「刺客は近藤勇とその蠻名を競うていた会津藩士佐々木唯三郎とその配下だった」と記しています。 半藤一利氏は『幕末史』で次の様に述べています。 「暗殺の下手人が見回組であることは確かでしょうが、黒幕がいたはずです。同志ともいうべき薩摩が黒幕でないかと思っています。というのは邪魔なんです。龍馬はいまや武力倒幕などとんでもない、大政奉還を...

    2018-11-12

    • 3 コメント

Twitter

公式生放送

生放送

動画