• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ブログ・メルマガ

  • 9月22日夜8時、ニコニコ「孫崎享チャネル」で坂田雅子映画監督、何故ドイツが脱原発できたかを問う作品『モルゲン、明日』を語る」。8月22日試写会後のブログ再掲「身近な行動からグローバルに考える。持続可能な社会は足元から始めてこそ実現する」

    8月22日、映画『モルゲン、明日』の試写会に出かけた。坂田雅子監督のものである。 (1) 多分この映画は、坂田雅子監督の紹介から説明を始めるのが好いだろう。 1948 年、長野県須坂市に生まれる。 1965-1966 年、アメリカ合衆国メイン州の高校に留学。帰国後京都大学文学部哲学科卒。 2003 年、ベトナム戦争で兵役経歴を持つ写真家の夫グレッグ・デイビスの死をきっかけに、枯葉剤についての映画製作を決意。グレッグ・デイビスは 1967 年から 1970 年にかけてベトナム戦争で兵役につき、南ベトナムに駐留する。アジア各地で撮影活動を行ない、「タイム」などに写真が掲載、日本の地方に関心を持ち、 2002 年に群馬県を題材とした写真集『 GUNMA 群馬 - 暮しと人々』を出版。 2003 年、枯葉剤の影響とみられる肝臓ガンにより死去。のちに、その生涯をもとにした記録映画『花はどこへいった』が制作された。 2007 年、ドキュメンタリー映画『花はどこへいった』(英題「 Agent Orange -a personal requiem- 」)完成。 2008 年、『花はどこへいった』で第 26 回国際環境映画祭の審査員特別賞( Prix Speci...

    1日前

    • 5 コメント
  • 南北首脳会談後の朝鮮半島情勢。どうなる・ミサイル発射台廃棄、寧辺核施設の廃棄に言及。ただし後者は米国が相応措置を採る場合という条件付き。米国がこの条件を満たせるか。一つの候補は朝鮮戦争の終戦宣言。だが北朝鮮への先制攻撃なしまで行けるか。

    韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長は、 2018 年 9 月 18 日から 20 日まで平壌で南北首脳会談を行った。最近の米国の動きを含め、動向をまとめてみたい。 1:トランプ米大統領は8月 24 日、「朝鮮半島の非核化が十分に進展していないと感じたからだ」として、ポンペオ国務長官に北朝鮮訪問の中止を指示したとツイッターで明らかにした。一 2:ポンペオ国務長官は19日付の声明で 南北首脳会談について「両首脳が朝鮮半島における完全な非核化を目指すとしたシンガポールでの米朝首脳会談の共同声明を再確認したことを歓迎する」と表明し、「アメリカは、米朝関係を変革させる交渉にすぐ入れる準備がある」として、停滞気味の米朝協議を再び加速させたい意向を示し、ポンペオ長官は北朝鮮側に、来週、国連総会に合わせニューヨークにおける李容浩(リ・ヨンホ)外相との会談を打診。さらに、ビーガン北朝鮮担当特別代表と北朝鮮側の代表によるオーストリアのウィーンでの会談を打診したことを明らかにした。 3:非核化等に関する部分を見てみたい。 (1) 北側は東倉里(トンチャンリ)エンジン試験場とミサイル発...

    2日前

    • 5 コメント
  • 安倍三選。強烈な締め付けによって国会議員票で8割。世論に近い全国の党員らの支持が5割半ば、石破氏合計254票、目標200票超え。石破氏=山形、茨城、群馬、富山、三重、鳥取、島根、徳島、高知、宮崎で安倍越え。首相陣営では歓声ではなく、驚き、当惑。

    A-1  朝日報道 (1)「安倍首相、伸び悩んだ党員票 自民幹部「地方の反乱だ」 国会議員票で8割の支持を得ながら、世論に近いとされる全国の党員らの支持が5割半ばにとどまった。首相陣営から聞こえるのは歓声ではなく、驚き、当惑だ。  今回の総裁選では、派閥がこぞって首相支持を表明し、2012年の政権復帰後に進んだ「安倍一色」に染まる党内状況を反映する展開をたどった。首相陣営は当初、党員票でも国会議員票に匹敵する7割以上の得票を目指した。  ところが、7日の告示以降は、「石破氏が6年前に獲得した55%は超えたい」(陣営事務総長の甘利明・元経済再生相)と予防線を張るようになった。6年前の総裁選は安倍、石破両氏を含む5氏による争いだったため、一騎打ちとなった今回とは比較にならない。55%はかなり低めの目標と受け止められたが、結果はその55%をわずかに上回ったに過ぎなかった。  首相陣営からは「ショックだ」「参院選が心配だ」との声が相次ぎ、自民党幹部は「地方の反乱だ」と語った。 (2)社説「3選はしたものの 安倍1強の限界明らかだ」 1強の弊...

    3日前

    • 5 コメント
  • 沖縄と昭和天皇、マッカーサー指令部政治顧問シーボルトの報告「天皇の顧問、寺崎英成氏が来訪。寺崎氏は、米国が沖縄の軍事占領を継続するよう天皇が希望している、天皇は沖縄の米国軍事占領は、二五年ないし五〇年なされるべきだと考えている」

    沖縄知事選が進行中です。  この中、「本州」は沖縄にどの様に対峙してきたでしょうか。  私の『戦後史の正体』から沖縄と昭和天皇を引用します。  ********************************** 終戦後、寺崎英成は一九四七年二月に宮内省御用掛(通訳)に任命され、昭和天皇とマッカーサー元帥との会見の通訳も数回つとめます。 しかし寺崎英成はたんなる通訳ではありませんでした。彼は妻グエンがGHQのフェラーズ准将の遠縁であったこともあって、GHQと太いパイプをもつようになりました。そして昭和天皇と米軍のあいだで、意思疎通をはかる役目もまかされることになったのです。『昭和天皇独白録』のなかで入江侍従長は寺崎英成のことを「〔現在〕日本で一番重要な仕事をしている」とまでいっています。 彼は占領軍のなかでマッカーサーの「軍事秘書」の職にあったフェラーズや、外交局長のアチソンなどと、ほぼ毎日のように会っています。また日本側では昭和天皇へ拝謁するだけでなく、首相、外相らとも連絡をとっています。 この寺崎英成は、片山内閣時代の一九四...

    4日前

    • 9 コメント
  • 米、2千億ドル対中制裁を24日発動、上乗せする税率は当初10%とし、来年から25%に、2千億ドル規模の制裁発動で、昨年の中国によるモノの対米輸出額(約5050億ドル)のほぼ半分が追加関税の対象。これで米国経済へのプラス小、反中の政治的効果狙う。

    A -1 : 事実関係 12 月「米、2千億ドル対中制裁を24日発動 中国報復なら「2670億ドル追加」(産経) トランプ米政権は17日、中国による知的財産権侵害を理由に、中国からの2千億ドル(約22兆円)相当の輸入品に追加関税を課す制裁措置の第3弾を24日に発動すると発表した。上乗せする税率は当初10%とし、来年から25%に引き上げる。米国は500億ドル相当の制裁を発動済みだが、制裁の対象規模を5倍に拡大し、中国経済への打撃を狙う。   トランプ米大統領は声明を発表し、「中国指導部が迅速に不公正な貿易慣行を終わらせるよう求める」と述べた。中国が報復措置を採った場合、ただちに2670億ドル相当の中国製品への新たな制裁を検討するとしている。  2千億ドル規模の制裁発動で、昨年の中国によるモノの対米輸出額(約5050億ドル)のほぼ半分が追加関税の対象となる。米中の貿易対立は一段と激化し、長期化する公算が高まった。  米政府は関税の税率を、予定していた25%から当初10%に引き下げる。年末商戦を控えた米景気への影響を和らげることに加え、段階的に来年から25%に引...

    5日前

    • 3 コメント
  • 北方領土問題で押さえるべき歴史的背景、ヤルタ会議、ポツダム宣言、サンフランシスコ講和条約(日本国は、千島列島の権利、権原及び請求権を放棄する 首席代表吉田茂は演説し、国後・択捉は南千島と定義)日ソ共同宣言、ダレスの恫喝等

    1;ヤルタ会議 米国は日本本土を攻撃する時期に来たが、日本を滅ぼすにしても、自軍の戦死者を最小にしたい、関東軍が日本本土に帰ることになると、戦死者の出る可能性は高まるので、ソ連軍が関東軍を攻める展開にしたい。それでルーズベルト大統領はスターリンに参戦を要請すると同時に、千島列島をソ連が取るのを承認する旨述べる。 戦争中ルーズベルト大統領が死亡し、トルーマンが後を継ぎますが、トルーマンは1945年8月書簡でソ連が千島をとるのを承認する。 2:(1)「ポツダム宣言で「日本の主権は本州、北海道、九州、四国及びわれわれの決定する周辺小諸島に限定するものとする」とし、日本はこれを受諾する。 連合軍最高司令部訓令第677で1000以上の島を日本の管轄とするが、千島を除外する。 3:サンフランシスコ講和条約 「日本国は、千島列島の権利、権原及び請求権を放棄する」。  首席代表吉田茂は演説し、国後・択捉は南千島と定義している。 4:日ソ共同宣言 日ソ共同宣言においては  1:日本とソ連との間の戦争状態は、この宣言が効力...

    6日前

    • 12 コメント
  • 自民党総裁選、安倍首相側目立つ強制。そのことは逆に安倍首相人気大幅低迷。最早、自分への支持で19日JR秋葉原駅電気口街での演説会も一杯に出来ず、業界団体に“動員”要請ファックス送付。麻生派の衆院議員後援会より、東京都内の業界団体に発信。出欠問う。

    自民党総裁選で、安倍首相側目立つのは締め付け、強制であり、斎藤農相は「ある安倍応援団の一人に『内閣にいるんだろ。石破氏を応援するなら辞表を書いてからやれ』と圧力を受けた。圧力でなんとかしようという発想、空気がまん延しており、打破したい。何でも自由に言える雰囲気を党全体に行き渡らせなければ、いずれ(有権者に)見放される」と述べる事態を招いている。このことは、安倍支持の低迷の裏返し出もある。それを示す動き。   A: 事実関係 安倍首相陣営が総裁選「単独」演説会で業界団体に“動員”要請ファックス( AERA ) 9 月 20 日に投開票が行われる自民党総裁選の下馬評は、安倍晋三首相の圧勝と言われるが、その裏で安倍陣営がなりふり構わぬ選挙戦を展開している。  ここに<緊急 安倍晋三候補「東京街頭演説会」のご案内>というタイトルが打たれた、 FAX がある。  発送人は、「安倍総裁三選を応援する有志の会」の代表・下村博文衆院議員と記されている。  だが、 FAX の送信記録から、 9 月 14 日に麻生派の衆院議員後援会より、東京都内の業界団体に発信されたことがわか...

    2018-09-17

    • 3 コメント
  • オバマ元大統領の指摘は日本にまさに該当。「民主主義の最大の敵は、ホワイトハウスの個人ではない。人々の無関心だ。あなたが政治に飽き、投票日に家にいることが最大の脅威だ」。日本の問題も、安倍首相の問題点を認識し、投票に行かない国民の責任だろう。

    米国のオバマ前大統領が11月の米中間選挙に向けて本格的に動き出した。退任後、トランプ政権に距離を置き、表舞台に出てこなかったが、オハイオ州クリーブランドで13日、2度目となる民主党への応援演説を行った。オバマ氏は米国の分断を意識し、無党派層に投票や政治参加を呼びかけ。 「政敵を罰するために捜査機関を使うように圧力をかけないこと、気に入らないとの理由で、『報道の自由』を威嚇しないこと等は、共和党、民主党かという問題でないはずだ」と強調。与野党の垣根を越え、共有する価値観を尊重し、話し合いで物事を決めるという民主主義の土台を守るよう訴えた。 最後にオバマ氏は「民主主義の最大の敵は、ホワイトハウスの個人ではない。人々の無関心だ。あなたが政治に飽き、投票日に家にいることが最大の脅威だ」と呼びかけた。  オバマ氏は政治の現状について、「政治家は人々を怒らせ、脅かし、お互いの憎しみを助長する。そして、自分達と違う人々を排除すれば、秩序と安心は保たれると言う。古い戦術だ」と厳しく批判した。(朝日新聞)

    2018-09-15

    • 13 コメント
  • プーチン大統領「条件なしで平和条約を」安倍首相を前に。1956年10月署名された共同宣言は実質上の平和条約。平和条約としなかったのは領土問題で合意が出来なかっただけの話。従ってプーチンのここで平和条約という提言は領土交渉打ち切りに等しい

    1 A: 事実関係 ロシアのプーチン大統領は12日、ウラジオストクで開催中の東方経済フォーラムの全体会合で、日本との平和条約を今年末までに締結するよう安倍晋三首相に提案した。プーチン氏は前提条件をつけずに平和条約を締結した後、「すべての問題の議論を続ける」とし、領土交渉などを後にする考えを示唆した。   プーチン氏は提案に先立ち、平和条約締結後に歯舞、色丹の2島の引き渡しを明記した日ソ共同宣言(1956年)に言及した。  プーチン氏は全体会合に出席していた安倍首相ら聴衆を前に、「年末までに前提条件なしで平和条約を結ぼう」と呼びかけた。  日本政府はこれまで、四島の帰属問題の解決後に平和条約を締結するとの立場でロシアと交渉している。 B: 評価 ・日ソ間の戦争状態は19日署名された日ソ共同宣言で、実質上の「平和条約が締結されている。  例えば次の条項がある。 1  日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との間の戦争状態は、この宣言が効力を生ずる日に終了し、両国の間に平和及び友好善隣関係が回復される。 2  日本国とソヴィエト...

    2018-09-14

    • 11 コメント
  • 昨年末から本年初めにかけ、米国が北朝鮮に先制攻撃を行う可能性についてはこれまでも「鼻血(Bloody nose)作戦」と呼ばれ報道された。ウッドワード氏のトランプ政権の内幕本「FEAR(恐怖)」にはこれに言及。

    A 事実関係 北朝鮮へ先制攻撃「鼻血作戦」 トランプ氏暴露本で判明(朝日)  米紙ワシントン・ポストのボブ・ウッドワード氏によるトランプ政権の内幕本「FEAR(恐怖)」が11日、発売された。描かれたのは、北朝鮮への先制攻撃計画の策定やシリア大統領の殺害指令など、即興的、感情的なトランプ大統領の姿だ。米政権の安全保障政策は危うい綱渡りを続けている。  FEARによると、トランプ氏は就任1カ月後の2017年2月、米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長に対し、北朝鮮への先制攻撃計画を作るよう指示をした。ダンフォード氏が当時、共和党の重鎮グラム上院議員に体を震わせながら打ち明けた。  ダンフォード氏は「大統領に計画を提示する前に諜報活動を強化しなければいけない」と語ったという。  同年10月、北朝鮮と地形が似ている米ミズーリ州のオザーク高原で、爆撃機を使った空爆のシミュレーションが行われた。米空軍には、指導者を殺害する複数のプランがあった。パイロットは「北朝鮮の指導者がいると思われる場所」と交信し、最大の威力が発揮できるよう低空から爆弾を投下...

    2018-09-13

    • 4 コメント

Twitter

公式生放送

生放送

動画