• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ブログ・メルマガ

  • 米GE、米国株式市場を代表する株価指数「ダウ工業株平均」を構成する30銘柄から外れる かつては世界最大の時価総額 リーマン・ショック後は家電や金融から相次ぎ撤退し、「選択と集中」を加速。だが再生可能エネルギーの普及で主力の発電機部門が苦戦

    A: 事実関係「米GE、ダウ平均外れる かつては世界最大の時価総額」「米製造業の地盤沈下象徴」(朝日) 米国株式市場を代表する株価指数「ダウ工業株平均」を構成する30銘柄から、米複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)が外れることになった。ダウ平均がつくられた1896年に構成銘柄となり、今も採用される唯一の銘柄だった。業績不振で株価の低迷が続いていた。  ダウ平均を算出する米S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが19日、構成銘柄を26日付で入れ替えると発表した。GEの代わりに、ドラッグストア大手のウォルグリーン・ブーツ・アライアンスを加える。  GEは発明王トーマス・エジソンを源流とする老舗電機メーカーで、米国を代表する優良企業だった。一時は金融やメディアにもビジネスを広げ、複合企業(コングロマリット)の成功例とされた。世界最大の時価総額を誇る時期もあった。  2008年のリーマン・ショック後は家電や金融から相次ぎ撤退し、「選択と集中」を加速させてきた。だが、再生可能エネルギーの普及で主力の発電機部門が苦戦し、縮小したはずの保険部門で巨額損失を計上す...

    1時間前

    • 0 コメント
  • トランプ大統領の支持率は発足以来最高の45%。トランプの行動の特徴は、ち密な世論調査を行い、それを基礎に発言や政策を修正・決定している点。北朝鮮では「金正恩と会うべきか」米国:70%-会うべき、18%-会うべきでない、これを政策に反映。

    トランプ政権の支持率は今、トランプ政権発足以来最高の数字を出している。  ギャラップの調査を見てみたい。 2017 年 1月29日 45% 8 月 27 日35% 10 月 2 9日35% 12 月 2 日35% 2018年2月18日37%      4月8日41%      5月3日43%      6月17日45%  最近の大きな動きは、中国に対する関税を大幅にかける発表と北朝鮮問題である。  北朝鮮問題は米朝首脳会談に対してはトランプ政権内では反対の声が強かった。会談に最も消極的だったのはボルトン国家安全保障担当補佐官で、ペンス副大統領もこれに同調した。会議に積極的と言われたポンピオ国務長官ですら、「完全で検証可能、不可逆的な非核化(CVID)が受け入れられる唯一の結果だ」と主張していた。  首脳会談では、CVIDについて何の言及もない。共同声明では「北朝鮮は朝鮮半島における完全非核化に向けて努力すると約束する」との表現があるが、これは過去幾度となく北朝鮮が使ってきた言葉である。文面上北朝鮮の譲歩は全くない...

    1日前

    • 6 コメント
  • 韓国国防省が米韓演習中止を発表 ①米韓が質的、量的に大規模な軍事演習を行う。②北朝鮮が反発し、ミサイル実験、核兵器実験を行う、③米国が反発し更に質的・量的にアップした演習を行うの負のサイクルを切断。

    A: 事実関係  【ソウル共同】韓国国防省は 19 日、 8 月に予定していた定例の米韓合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」について、米韓が「全ての計画活動の猶予を決定した」として中止を発表した。その他の演習については未定とした。 B: 評価 ・これは極めて重要なステップ。 。 米韓が質的、量的に大規模な軍事演習を行う。この中には政権転覆、指導者の斬首を目的とするものも含まれる、 北朝鮮が反発し、ミサイル実験、核兵器実験を行う、 米国が反発し更に質的・量的にアップした演習を行う という負のスパイラルが存在した。 これを絶つ。 この中、北朝鮮が一方的にミサイル実験、核兵器実験を行う可能性は低く、その分、緊張は低下する。 朝鮮半島の緊張を提言する上で、重要なトランプの貢献。

    2日前

    • 7 コメント
  • 鳩山元首相のツイートへの国民の反応。過去二カ月で関心の高いベスト・ファイブ①福田元財務次官のセクハラ、②安倍首相・加計学園理事長の“幻”の会談。③首相時代の外務官僚の裏切り、④歩いていたら「ルーピー」の声、⑤安倍首相と米朝首脳会談

    2018 年 4 月 17 日~ 6 月 18 日 リツイート・いいね best5        ※2018/6/18   ①            2018 年 4 月 17 日  7,468 件 •   3,087 件のリツイート •   4,381 件のいいね   アメリカではセクハラ疑惑を追及した報道にピュリッツァー賞が贈られた。ところが日本ではトップ官僚福田財務次官のセクハラ疑惑を、新聞社を提訴するという権力でねじ伏せようとしている。音声まで公開されているにも拘らず。日本はまだまだ人権問題については二流国と言わなければならないだろう。 ②            2018 年 5 月 23 日 7,226 件 •   3,347 件のリツイート •   3,879 件のいいね ここまで安倍総理、官邸は嘘をつき通すのか。愛媛県知事が総理と加計理事長が面談した資料を示したが、総理は「官邸に記録がない」と面会を否定した。経験者として話すが、例えば官僚が総理に秘密に面談する場合、入邸記録に残らない入邸ができるのだ。記録にないのは会っていない証明にはならない。   ③            2018 年 6 月 6 日 6,594 件 •   3,474 件のリツ...

    2日前

    • 4 コメント
  • 産経新聞へ。貴社が報道機関であるという自覚があるなら、主義主張はともかく、記者が書く記事でバッシングを受ける、その提灯持ちをするのは止めるべきでないか。産経ニュースで、望月東京新聞記者関連記事半年に30本。そして彼女へのバッシングへ誘導。

    A: 事実関係 『フェイクと憎悪』(大月書店)中、望月・東京新聞記者の論考「バッシングされても、自分の疑問をまっすぐ問い続ける」。 (質問をする望月さんに対して、ネット上では激しいバッシングが加えられ、果ては報道機関である産経新聞まで、わざわざ記事で望月さんの質問を問題視した。これは、かつてなかった事態だと思います。) 望月:そうですね。  元毎日新聞の臺宏士さんによると、「産経ニュース」には半年で30本も私に関する記事がかかれたそうです。それが政権へのアシストの積りなのか、真意は定かではありませんが。  最初は気にせず読んでもいなかったのですが、ある時を境に、急に周囲から「家族は大丈夫?」等と心配されるようになりました。それは昨年八月、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際に(北朝鮮が「“金正恩委員長の斬首作戦は止めて欲しい」等の対応を求めていた)米韓軍事演習の訓練内容について、アメリカや韓国に『訓練内容を慎重にやるように』といった働きかけをしているのですか?」と質問したのを、「『報道機関金正恩委員長の要求に答えろ報道機関…?東京新聞記者がトンデモ質問』と...

    3日前

    • 5 コメント
  • トランプの鋭さー安倍首相に対する脅し文句を知っている.、「君はすぐ退陣することになるぞ」。これをG7中に発言。何故か。安倍首相は」会議直前に日米会議。全面服従の様相を示したのに、G7流れに従って「6首脳対トランプ」。トランプ怒り。

     先ず、今次 G7 はどういう会議であったか。 A-2 「G7ではなく、G6+1」 際立つトランプ氏の孤立ぶり」(朝日) 「G6+1」。今回の主要7カ国首脳会議(G7サミット)は、有識者やメディアの間でこう表現されている。プラス1が指すのは、G7の中心メンバーであるはずの米国。「米国第一主義」を振りかざし、欧州首脳との対立を深めるトランプ米大統領の孤立ぶりを端的に示す言葉だ。  今回のG7サミットは異様な雰囲気の中で始まった。米国は今月1日、安全保障を理由に、欧州連合(EU)やカナダへの高関税措置を発動。自由貿易に背を向けたトランプ氏を国際協調路線に引き戻せるかが最大の焦点だった。しかし、トランプ氏はこの問題で「遠慮のない酷評」(仏政府関係者)をしたといい、溝は埋まらなかった。  安倍首相は、会議の雰囲気で、、「G6+1」で G6 側にいたのであろう。  それで、安倍首相の最も嫌な言葉、、「君はすぐ退陣することになるぞ」を述べた。 【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は 15 日、カナダでの先進 7 カ国( G7 )首脳会議(サミット...

    4日前

    • 3 コメント
  • 米国約500億ドル(約5.5兆円)相当中国製品に課税予定を発表。NYT[これまでの“言葉の戦争”から本格的貿易戦争へ。中国も500億ドル相当に関税かけると発表。対中強硬派、通商代表・ライトハイザー経済顧問ナバロ等が勝利

    米政権   対中制裁関税 7月6日に7割発動 5.5兆円、米中「貿易戦争」への発展の可能性、一気に高まる (毎日) A-1 事実関係1 【ワシントン】中国の知的財産権侵害を巡る問題でトランプ米政権は15日、中国製品に制裁関税を発動すると発表した。約1100品目が対象で、総額は約500億ドル(約5.5兆円)。うち7割程度は7月6日に発動するとした。中国政府は報復措置をとる考えを繰り返し表明しており、「貿易戦争」に発展する可能性が一気に高まった。  米通商代表部(USTR)は4月、米通商法301条に基づいて25%の追加関税を課す約1300品目、総額500億ドル規模の中国製品案を公表、対象製品の精査を続けてきた。  複数の米メディアによると、トランプ氏は14日午後、USTRなど関係部門の代表を集めて協議し、対中制裁の発動を承認した。具体的な発動時期に関しては「不透明」(米紙ウォール・ストリート・ジャーナル)との報道もあった。 A-2  ニューヨーク・タイムス紙 「米国中国製品に500億ドルの関税。貿易争い拡大( U.S. to Put Tariffs on $50 Billion in Chinese Goo...

    5日前

    • 3 コメント
  • 本日20時ニコニコ、『孫崎享チャネル』で『トランプ王国の素顔』の著者、立岩陽一郎氏。NHKを辞めたスクープ記者が新大統領の就任する国に乗り込んだ理由|(クーリエ・ジャポン抜粋)不祥事が続いたNHKの上層部と戦って、そして退職

    ( 第 1 回  NHK を辞めたスクープ記者が新大統領の就任する国に乗り込んだ理由|立岩陽一郎「トランプ王国」の研究(クーリエ・ジャポン引用) 立岩陽一郎(たていわ・よういちろう、ジャーナリスト) 1967 年生まれ。 91 年、一橋大学卒業後、 NHK 入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て 2016 年 12 月に退職し、 17 年よりフリーランスとして独立。 06 年、調査報道で中央官庁の随意契約の実態を公表し、随意契約禁止のきっかけを作る。 NHK で最後に手がけた番組は「 NHK スペシャル 追跡パナマ文書」。現在、ワシントン DC のアメリカン大学で客員研究員。   2017 年元旦、無職となり、米国へ 私、立岩陽一郎は 2016 年 12 月 31 日、 25 年間勤めた NHK を辞めた。つまり、職を失ったわけだ。 そして翌日、つまり年が変わったばかりの 2017 年元旦、私は成田空港のカフェでパソコンを叩いていた。実は、正月早々、米国に向かおうとしていたのだ。   無職になった私がなぜ米国に行くのか、まず説明させていただきたい。私に与えられている米国入国のビザは「 J1 」と呼ばれるも...

    6日前

    • 3 コメント
  • 米韓軍事演習、トランプ氏が中止の意向 軍撤退も示唆。大統領は「軍事演習は非常に高額だ。その大半(の費用)をわれわれが負担している」と指摘した上で、「交渉中という状況の下で、軍事演習を行うのは不適切だと思う」朝鮮半島の緊張緩和に貢献。

    A: 事実関係[ソウル/ワシントン 12日 ロイター]   -  トランプ米大統領は12日、北朝鮮の非核化を巡る交渉を促進するため、「非常に挑発的」で多額の費用がかかる米韓軍事演習を中止する意向を示した。  シンガポールで開かれた北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との歴史的な首脳会談後、記者会見で述べた。米韓は定期的に軍事演習を実施している。  大統領は「軍事演習は非常に高額だ。その大半(の費用)をわれわれが負担している」と指摘した上で、「交渉中という状況の下で、軍事演習を行うのは不適切だと思う」と語った。   また将来的に、「ある時点で」在韓米軍を撤退する意向も示した。  米国防総省は、マティス国防長官が事前に公表内容について相談を受けていたと明らかにした。  同省の報道官は記者団に「(公表内容に)サプライズはなかった」と説明。別の声明で、長官は大統領と完全に足並みをそろえているとの認識も示した。  韓国の青瓦台(大統領府)は、トランプ氏発言の正確な意味や意図を確認する必要があるとした上で、話し合いを一層円滑に進めるため、あらゆる措置...

    2018-06-14

    • 13 コメント
  • 米朝首脳会談、米国が目標とした「完全で検証可能、不可逆的な非核化」での合意なし。それは当然予想された事、では何故トランプは米朝会談を実施したか。世論調査「トランプは金正恩と会うべきか否か」70%-会うべき、18%-会うべきでない。

    A: 事実関係トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩委員長が 12 日にシンガポールで署名した共同声明の全文。  ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長は 2018 年6月 12 日、初めての歴史的な首脳会談をシンガポールで行った。  トランプ大統領と金委員長は、新たな米朝関係の確立と、朝鮮半島における持続的で強固な平和体制の構築に関連する諸問題について、包括的で詳細、かつ誠実な意見交換をした。トランプ大統領は北朝鮮に安全の保証を与えることを約束し、金委員長は朝鮮半島の完全非核化への確固で揺るぎのない約束を再確認した。  新たな米朝関係の確立が、朝鮮半島と世界の平和と繁栄に寄与すると確信し、相互の信頼醸成によって朝鮮半島の非核化を促進できることを認識し、トランプ大統領と金委員長は次のことを言明する。  1 米国と北朝鮮は、両国民が平和と繁栄を切望していることに応じ、新たな米朝関係を確立すると約束する  2 米国と北朝鮮は、朝鮮半島において持続的で安定した平和体制を築くため共に努力する  3  2018 年4月 27 日の「板門店宣言」を再確認し、北朝鮮...

    2018-06-13

    • 19 コメント

Twitter

公式生放送

生放送

動画