• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

フレデイ タンさん のコメント

個人消費の低迷と訪日客の爆買い失速で日本のGDPが下降するようではアベノミックスとは一体何だったのか改めて問い直すことが必要です。

印刷しすぎた円とドルは株と債券の市場にしか行き場がなくやがては出口無く失速するでしょう。その行き着く先が戦争みたいなことにならないように政治をしっかりけん制することが肝心です。あの満州事変は出口がなくなった日本経済の矛盾のはけ口だったことは大方の史家の一致する見解ですから。
No.2
3ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
A: 事実関係 01 月 09 日読売新聞報道要旨 ・百貨店首位の三越伊勢丹ホールディングス( HD )は、札幌、新潟、静岡にある 5 店舗について、売り場面積の縮小や業態転換を含めた構造改革を行う方向で調整に入った。 地方の人口減や消費者の節約志向による業績不振が理由だ。すでに公表した 2 店の閉鎖と 4 店の事業見直しと合わせ、現在グループで営業する 26 店のうち 11 店舗をリストラし、経営の効率化を図る。 三越伊勢丹 HD が新たに店舗のあり方を検討するのは、札幌市の丸井今井札幌本店と札幌三越、新潟市の新潟三越と新潟伊勢丹、静岡市の静岡伊勢丹。このうち札幌、新潟の 4 店は、同じ市内に店舗が併存し、客が分散するなど営業効率が悪くなっていた。 百貨店としての自前の売り場を減らし、集客力のあるテナントの誘致に切り替えたり、他社と提携して業態転換に踏み切るなどして、収益を改善させたい考えだ。いずれの店舗も現時点で閉鎖を前提
孫崎享のつぶやき
元外務省情報局長で、駐イラン大使などを務めた孫崎享氏。7月に発行された『戦後史の正体』は20万部を超えるベストセラーとなり、ツイッターのフォロワーも5万人を突破しました。テレビや新聞が報じない問題を、日々つぶやいている孫崎氏。本ブロマガでは、ツイッターにさらに情報を加え、最低でも週1回発行します。月額105円。【発行周期】不定期。高い頻度で発行します。