• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

m.m.さん のコメント

安倍内閣が史上最長の在任期間になったという。
だが、その在任によって、なにか果たされた「成果」があっただろうか。
鳴り物入りで始まったアベノミクスは、何年たっても「成果の気配」すら出てこない。それどころか、国民の生活は最悪になっている。
間近と見られていた北方領土返還は、振り出しに戻ってしまった。
従軍慰安婦を巡る日韓合意も事実上破綻してしまった。
国民の反対を押し切って強行採決したTPPも、米国が抜けて無意味になることが決定している。
赤字の国費をさらに浪費して、歴代首相の数倍もの外遊の結果、ようやくベトナムに売り込んだ原発も、契約が破棄された。

こんな疫病神のような政権には、一刻も早く引退することをお勧めしたい。
No.3
5ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
A: 事実関係 01 月 09 日読売新聞報道要旨 ・百貨店首位の三越伊勢丹ホールディングス( HD )は、札幌、新潟、静岡にある 5 店舗について、売り場面積の縮小や業態転換を含めた構造改革を行う方向で調整に入った。 地方の人口減や消費者の節約志向による業績不振が理由だ。すでに公表した 2 店の閉鎖と 4 店の事業見直しと合わせ、現在グループで営業する 26 店のうち 11 店舗をリストラし、経営の効率化を図る。 三越伊勢丹 HD が新たに店舗のあり方を検討するのは、札幌市の丸井今井札幌本店と札幌三越、新潟市の新潟三越と新潟伊勢丹、静岡市の静岡伊勢丹。このうち札幌、新潟の 4 店は、同じ市内に店舗が併存し、客が分散するなど営業効率が悪くなっていた。 百貨店としての自前の売り場を減らし、集客力のあるテナントの誘致に切り替えたり、他社と提携して業態転換に踏み切るなどして、収益を改善させたい考えだ。いずれの店舗も現時点で閉鎖を前提
孫崎享のつぶやき
元外務省情報局長で、駐イラン大使などを務めた孫崎享氏。7月に発行された『戦後史の正体』は20万部を超えるベストセラーとなり、ツイッターのフォロワーも5万人を突破しました。テレビや新聞が報じない問題を、日々つぶやいている孫崎氏。本ブロマガでは、ツイッターにさらに情報を加え、最低でも週1回発行します。月額105円。【発行周期】不定期。高い頻度で発行します。