• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫プレミアムブロマガ「明治維新が成功した理由は、庶民の教養レベルが高かったから」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫プレミアムブロマガ「明治維新が成功した理由は、庶民の教養レベルが高かったから」

2017-06-20 07:00

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2017/06/20

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2016/10/09配信「決着!ネットは読書の代わりにならない問題~秋の夜長はやっぱり紙でしょ!」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。

    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    2016/10/09の内容一覧

    明治維新と「社会資源大国」日本

     『家康、江戸を建てる』で思ったんだけどさ、江戸時代の遺産の上に僕ら、暮らしてるんだよなというのが、最近思うことです。
     たとえば、識字率の高さだよね、識字率というのはさ、字が読めるかどうかなんだけども、幕末で武士階級はほぼ100%読み書きができたと言われている、庶民層で見た場合、男子で50%以上、女子でも20%以上の人が字が読めた。
     江戸に限定すれば、それがさらにあがって7、8割くらいの庶民が字を読めたし、江戸の中心部に限定すれば、つまり小田舎とかではなくて、江戸の中心部になれば9割以上の人が字を読めたといわれてるんだ。
     これに対して他の国はどうだったかというと、19世紀中頃のイギリス、だいぶ後だよね、明治時代のイギリスの、いわゆる一番景気の良かったビクトリア王朝でさえロンドンの下層階級の識字率は10%程度。フランスでは1794年に小学校の授業料が無料になった、そこまでやってたのに10歳から16歳の子供達の就学率、学校に行った率は1.4%にしか過ぎなかった。
     なんでこんなに、江戸時代の日本人の識字率が高かったのかって言うと、これも家康が、江戸を作った時に「こういう町にしよう」というグランドデザインがすごく上手かったので豊かになったからだといわれていると。
     もちろん子供たちがどうやって江戸時代、字を教わっていたのかって言うと、寺子屋制度というのがあったんだけど、寺子屋制度って面白いことにイギリスとかフランスがどうやっても公共教育というのをやろうとして、国家が国民を豊かにしようとして、教育機関というのを一杯作ろうとしたのに対して、日本では庶民が勝手に、字を知っているものが知らない子供に教え合うという、なんでしょうね、私塾みたいなものをいっぱい開いたんだよね。
     これは世界的にも希有なものだといわれてるんだ。どうやっても文字なんか読めてもしょうがないというふうに考える庶民層に対して、これからの時代、国民が字を読めたほうが国が豊かになるという国家との対立って言うのが必ずあるんだけどもさ。日本はそこの時代がほとんどなかったと。
     これは簡単な話で、当時流通していた絵草紙とかそういう判事ものとか貸本とかを楽しもうとしたら字が読めるしかないんだ。ひとつ切迫した理由はあらゆるお布令とか文字で出たし、年貢とか納める時とか証文書く時とかすべて、取引するとき、文字が書けたり読めたりするのが当たり前だったから、人から騙されないためには庶民レベルで字が読めることが必要だったんだけどさ。
     それ以上に大きかったのが貸本文化とかさ、庶民の楽しみっていうのが芝居とかにも行くんだけど、それと同様にその芝居が終わったら、即その芝居のことを書いている号外新聞みたいなものを買って読むとかさ、そういう楽しみ方が重層的にあったので字が読めたほうが絶対に楽しかったんだよね。
     現代の僕らがマンガが読めるみたいに、もしくはスマホが見れるみたいな、おじいちゃんおばあちゃんとかが見れなくても僕たちスマホって扱えるじゃん、あれと同じようにそれが扱えたほうが世の中が安く楽しめるという理由でみんな文字が読めるようになったと。
     そこらへんが他の国との違いみたいなんだ。あくまで楽しくてっていうのが理由なんだよね。こういう庶民の文化層というか教養がすごい分厚かったから、僕が考えるには明治時代の富国強兵策の成功というのはこれが原因だと思ってるんだよ。
     べつに明治維新というのは成功して当たり前で、官僚とかが偉かったわけでもなんでもない。よく明治の官僚偉かったとか幕末の人たちがすごかったというふうにいうんだけども、凄かったのは庶民の教養レベルで、あの教養レベルの人たちが一旦開国して儲けるという路線に変換したら、そりゃね、10年や20年で国がころっと変わるってどんなにね、賢い人立派な人が上にいても、庶民レベルが低かったらね、絶対にそんなこと起きないんだよ。
     フランス革命のあと、アンシャン・レジームでもう一回王政復古になった例を見てもわかる通り、庶民の考え方がトップの指揮層について行かなかったら、そこらへんは分断が起きちゃうんだよね。
     官僚というのはあの時代、頑張ったんだろうけども、それが偉かったから日本の富国強兵策が成功したんじゃないと僕は思ってるんだ。こういう庶民は字が読めるとか生活感を持っているとか真面目に働くという、こういうあんまり形にならないものを社会資産というよね。
     つまり天然資源みたいな資源とべつに社会資源みたいなものをあって、そのなかに国民の教養とかどれくらい学校に行くのかとかまじめにどれくらい働いたりするのかっていうのが僕はあると思っている。あんまりね、ここで国の資源というのを語るっていう人が不思議なことにいないんだけどね。
     天然資源に乏しかった日本は社会資源大国だったからこそ、明治時代の躍進というのがあったんじゃないかな。それがあったからこそ、太平洋戦争に突入できる訳でさ、太平洋戦争は確かに愚かなんだけどさ、あの当時アジアの国で列強諸国を相手にあんなに戦える国って日本以外になかったわけだよね。
     それはなんで可能だったのかって言うと、もともとが社会資源大国だったのがその社会資源を傾けてやったからだというふうに、注ぎ込んでやったからだと僕は思ってるんだ。でもね、その社会資源というのを犠牲にしようとしている流れもあると思ってるんだけどさ。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2017/08/17
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【ゼミ室通信】岡田さんがニコ生で話をする時、どんな人たちを想定しているんですか?」
    • 2017/08/18
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』が描く、アメリカ人にとっての男らしさ」
    • 2017/08/19
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「読めるフィギュア『王立科学博物館』はどうやって生まれたのか?」
    • 2017/08/22
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「映画としては65点、『シン・ゴジラ』の致命的な5つの欠陥」
    • 2017/08/23
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「「古きよきアメリカの家庭」を破壊した第二次世界大戦と自動車」
    • 2017/08/25
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「貧乏なカナダ人の青年が、『攻殻機動隊』のコミックで当てて豪邸に住むまで」
    • 2017/08/26
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「大論争を読んだガンダムの元ネタ『宇宙の戦士』」
    • 2017/08/29
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「月への一番乗りを目前で逃した宇宙飛行士"バズ"オルドリン」
    • 2017/09/01
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「マクドナルドは、どうやってアメリカと世界を支配したのか?」
    • 2017/09/05
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「究極の自由主義者「リバタリアン」って何だ?」
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。