• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • フリーランスあるある!?立場の弱い人間の足元を見る社畜そ人間

    2017-07-26 10:003時間前

    社畜る~? 逝く逝く♪ \(TдT)/

    どうも緒方DEATH!

    前回の社畜そ人間は

    「アパレルアルバイト時代にいた!色恋沙汰で善悪の判別がつかなくなる社畜」

    という記事を書かせてもらいました!

    本日は・・・ちょっとかっこ良く言わせてもらってフリーランス時代の社畜そ人間!

    僕は22歳の時に高校時代の友人と上京してきました。
    「デザインで一旗上げてやろうぜ」
    という意気込みの元。

    そんなときに出会った人の話です。

    仕事を振ってくれるありがたい人

    ogata071203

    上京してきた僕らはとりあえず金を稼がないといけませんので、週3日間バイトしていました。
    残りの4日間はデザインスキルを上げたり、ポートフォリオを作ったりしていました。

    バイトぐらいでしか社会に出たことがない僕達は、もちろん営業なんてしたことがありません。
    デザインの仕事をしたいが、どうやって取ればいいかわからない。
    もちろん知り合いなんて1人もいません。

    そこで利用したのがmixiです。
    今ではすっかり息を潜めてしまったmixiですが、7年前はまだまだ活用されていました。
    まずはmixiでいろんなコミュニティにデザインの仕事します!
    と、伝えていきました。

    ここでまさかのデザインの仕事を振りたいという人間に出会いました。
    僕らは歓喜しましたね。
    振ってくれるというのは名古屋を拠点にしているK氏。
    パチンコのチラシを作ってくれとのこと。
    デザイナーという綺羅びやかな世界を想像していた自分たちに取っては若干残念感がありましたが、
    この際パチンコのチラシだろうがなんだろうが関係ない。
    報酬は1万円とのことでしたがさっそく着手しました。

    初のお金を貰う仕事。
    嬉しかったですね。なので要望もばっちり聞いて仕上げました。

    全然振り込まれない制作費

    ogata071201

    上記にも書いたとおり社会人経験のない僕らは営業なんて全く知りません。
    制作したんだからお金はもらえるものだと考えていたため、先に振り込んでもらう、
    もしくは着手金を貰うなんていう発想はありませんでした。

    デザインが終わって、振込先を伝えても、全く振り込んでくれません。
    連絡は取れるのですが、「ちょっとまってね」と言われて全然振り込まないのです。
    すると、もう一件案件を手伝ってくれないかと連絡が来ました。
    「プラス1万でまとめて払うから。」とのことでしたので、作業しました。
    やっぱり少しでも仕事は欲しかったので・・・

    もう1つの案件もきっちり終わらせましたが、全然振り込んでくれませんでした。
    そいつからお金をもらうことは諦め次の仕事を探すのでした。

    ロコモコで支払われることも

    ogata061305

    その後色んな案件をこなしていきましたが、ある日異色の依頼がありました。
    それは海の家の看板を書いてくれというもの。
    場所は湘南。湘南爆走族を読み漁っていた僕達にとって、生まれて初めての湘南にはテンション上がりまくりでした。
    約束の場所についてみると、お察しの通りのパリピ達がいました。

    さっそく看板を書き始め、ペンキでがっつり作業していました。
    するとお昼時にロコモコをくれました。
    昼飯も食べ、夕方頃になんとか完成。
    帰りに制作費を受け取ったのですが、もらう予定だった2万円ではなく、17,000円でした。

    「いや、20,000円じゃないんですか?」

    「え?あーロコモコ代!お代もらってなかったっしょ?」

    「いやぁ~・・・まぁ・・・確かに。」

    となって終わりました。
    いや・・・金取るのかよ!!!!って。

    類は共を呼ぶ、じゃないけど似たような人が集まる仕組み

    ogata070404

    仕事がほしいからと言って安く請け負ってしまうと、どんどん足元見られていく、ということを知りました。
    「こいつらなら最悪金払わんでもいいやろ。」
    「金払ってるんやから言う事聞けよ」
    みたいな。

    お金ないし、仕事欲しいしで選ばず考えずどんなことでもしてました。
    でも今考えると、それは自分の価値も同時に下げていたのかなぁと思います。

    自分が、安い人間になってたから同じような人種しか集まらない。
    安い単価でもちゃんと意味がある、価値のある仕事ならいいけど、なんも考えない安い仕事は本当に意味がないです。

    そして書いていてもう1つ思いましたが、僕らも無知すぎるw
    そら恰好のカモになるわ。

    無知というのはそれだけでハンデなんだ。
    自分は一回こういうこと経験しているんだからちゃんと学んで勉強しないと。

    というわけで、登場人物全員底辺なお話でした。

    あわせて読みたい:部下に責任転嫁し、お客様をクレーマー扱い!本当にいた社畜そ人間

  • 新規事業における先行者利益は2番手の利益と比較すると約100倍【ブラック企業の社内報vol.52】

    2017-07-24 15:00
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    みなさんこんにちは。
    最近はネットを揺るがす新しいサービスが矢継ぎ早にリリースされています。
    CASHとかVALUとか。
    そして昨日は時間を売る「タイムバンク」というサービスがリリースされることが発表されました。
    早くもブロガーや起業家の方がどんどん販売者申請していました。
    どうなるのか楽しみだな~ってワクワクしながらおとなしく外からウォッチしようと思います!
    それでは今週のブラック企業の社内報vol.52をお楽しみください。

    目次
    ----------------------------------
    ・弱小企業社長の嘆き
     ▼失敗と成功について
    弱小企業が勝つために探しましたこれからの流れ
     ▼個人の力の大切さ
    ・ブラック企業で使っているアプリとガジェット
     ▼Googleスプレッドシートについて
    ・社畜が気になるニュース
     ▼今回から社長がニュースに参加!
    ・沖縄・インターコードで実施していること
     ▼6月の結果を公開します!
    ・今週の社畜
     ▼ブラック企業の朝礼をお届けします
    ・質問
     ▼社内間で楽しく質問に答えています
    ・ブラック企業を励ます声
     ▼社畜ドリンクを販売します!!
    ・最後に
     ▼社長のつぶやきです。

    ----------------------------------
    【セブンコード公式Facebook】https://www.facebook.com/7chord/
    【アウトソーシングサイト社畜る】http://www.syachi9.black/
    【毎日更新中社畜のブログ】http://www.syachi9.black/category/blog/

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    ・弱小企業社長の嘆き


    はひふへほ~
    バイキンマンを崇拝するブラック企業社長の濱野です。

    結果がいまいち出てない時は何かが原因があります。

    「勝つのは偶然。負けるのは必然」

    こんな言葉があるみたいですね。
    受け入れがたい結果を真摯に受け止めて今後の方向性を決めたいと思います。


    さてさて、ここでイラッと来る前に釘を刺しておこうと思います。
    「失敗を認めて、反省し、今度から新しい方法を取り入れます!」
    ってなった時に必ずでてくるやつ。

    「ほら、自分は前から言ってたじゃないですか」
    ってやつね。
    ただ反対するのと、根拠を含めた材料を用意して反対するのは全然違うって事を理解してくれないといけません。

    答えがわからないなかでさ。
    それこそデータが無い中で、頭をフル回転させて決定するわけですよ。
    その決定した内容に人数もある程度いるとA案にもB案にも必ず反対する人がいるわけです。
    それは健全なので、とても良いことです。
    でも、何となく反対されても根拠が無いとね。
    判断は覆らないんですよね。

    「何となく反対と何となく賛成。」
    これに決定を下すのがリーダーの仕事なわけです。

    で、行動してみて失敗。
    実行してみて経験したからこそ根拠をもって反対派の方に進むわけです。

    ここで、根拠を示せなかった人間に「自分は前から言ってましたよ」とデカイ顔されてもね。
    反対してたら、そりゃ10分の9はその通りになるわ!!
    反対って根拠なくデカイ顔するより、改革の提案をでかい顔して言ってくれ!!!

    はい。
    僕が失敗と反省を認めて受け入れを表明する前に、イラッと来そうな想定事例をシミュレーションをして釘を刺しておく。

    大事ですねwww

    失敗と成功ってさ。
    自分がでかい顔していうのもアレ何ですが、紙一重なんですよ。
    失敗と成功って大きな差がありそうじゃん??
    iphoneだって似たようなの前にノキアと提携して失敗しているんですよね。
    それがタイミングだったりデザインだったりで大きく変わるわけなんです。

    二匹目のドジョウを狙うのなら、失敗のリスクは少ないのですが
    反面に成功のリターンも少ないです。
    新しい事をやるってなると10分の1どころか100分の1くらいで
    成功したら儲けものだったりするわけです。

    そこを新しいことにリスクを負いたくない腐った奴らにデカイ顔されるのも腹が立つし
    成功と失敗は実は紙一重ってのも大事。
    ただ、その紙一重が誰も踏み入れた事がない未知の領域だから紙一重の紙がわら半紙なのか鉄板なのかは誰もわからないんだと思います。

    鉄板でも錆びてもろくなってるかもしれんしね。
    だから、エイやってその紙にパンチを打ってみないとわからん。
    そんで初めてゴンってビクともしないのかもう一回パンチすればぶち破れそうなのかわかるわけ。
    動いた実証データを得られるのは失敗でも必ず得られるものだからね。
    これを活かして次に何をするのかってのが非常に大切なんです。


    さてさて、こんだけ長く前置きをした中で何を失敗したかと言うと、セブンコードが頑張ってるブランディングです。

    はじめはキレイな事務所に移りました。
    家賃高かったよ~
    自分の身につけるアイテムをスーパーブランドにしました。
    これも高かったよ~
    何だかんだあって、オリジナルブランドに向かうようにしたら、ちょっと良くなったよ~
    つまり個性を全面に押し出したよ~

    このあたりのやりかたですね。

    バランスを再度改めて、今の世の中のタイミング。
    ライバルの力。仲間の力。自分の力。
    このあたりを再度見積もって作戦を立て直そうと思います。

    そんで、まあ、自分自身の僕故人の力も磨こうと思いまして絵を鍛えて僕故人の発信力を鍛えるつもりです!!!


    これから独立する方へ。
    僕が絶対的に押さたほうが良いと思う大きな一つの要素をお伝えします!!!


    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    ・弱小企業が今後生き残っていくために

     
  • 起業後20年生き残る5%の会社になるために大切な2つのこと【ブラック企業の社内報vol.51】

    2017-07-17 15:00
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    みなさんこんにちは。
    家にある大量の服を衣替えのタイミングで売りたいな、と思っています。
    しかし夏は冬服を見るだけで暑くなるので、なかなか思うように進みません。
    誰か代理で売ってくれるサービスとかあればいいのになあ…。
    本当にCASHの件が悔やまれます…。
    (気になる方はよねねのニュースをぜひ読んで下さい!)
    それでは今週のブラック企業の社内報vol.51をお楽しみください。

    目次
    ----------------------------------
    ・弱小企業社長の嘆き
     ▼IT企業が発展するために
    弱小企業が勝つために探しましたこれからの流れ
     ▼コツコツ攻めるために大事なこと
    ・ブラック企業で使っているアプリとガジェット
     ▼engageについて
    ・社畜が気になるニュース
     ▼ピックアップに個性が出てきました
    ・福利厚生PR部で実施していること
     ▼6月の結果を公開します!
    ・今週の社畜
     ▼ブラック企業の朝礼をお届けします
    ・質問
     ▼社内間で楽しく質問に答えています
    ・ブラック企業を励ます声
     ▼社畜ドリンクを販売します!!
    ・最後に
     ▼社長のつぶやきです。

    ----------------------------------
    【セブンコード公式Facebook】https://www.facebook.com/7chord/
    【アウトソーシングサイト社畜る】http://www.syachi9.black/
    【毎日更新中社畜のブログ】http://www.syachi9.black/category/blog/

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    ・弱小企業社長の嘆き


    はひふへほ~
    バイキンマンを崇拝するブラック企業社長の濱野です。

    会社も11年目になりまして元気いっぱいです。
    起業してから10年後に生き残る確率が5%前後だと言われてます。
    その中に入って生き残ってるのは喜ばしいことです。
    20年後に生き残ってる確率も5%前後だそうです(-_-)

    長く存続しているから大丈夫ってことはないんですよね。
    会社はなくなることが当たり前。
    危機感は変わらないです…。

    会社が10年続いたら少しは自分のことは褒めても良いかなぁって
    思っていたのですが、大間違いみたいです。


    お客様や会社を支えてくれるスタッフがいてこそです。
    というわけで、起業1年目を思い出して僕も個人的にスキルを身に着けていこうと思っています。

    営業とサイト運用
    さらに!!!
    番組出演と絵も書いていこうかな、なんて思ってます。

    IT企業が発展するためにはコスト削減か表現の2つしかありません。

    プログラムを学ぶのが「コスト削減」
    広告が「表現」

    表現の幅を広げるためにも、濱野の個人的なタレント性と
    作品として何かを残すスキルを身に着けていこうかなと思います。

    歌はね…バンドを組みたかったのですが、音痴なのがすでにバレてしまったので、やりません。
    お笑いもやりたかったのですが、相方もおりませんし、激戦区なのでやりません。

    お笑いが入っていない所に攻めるというのは基本スタンスなので
    絵を武器につまらない業界に攻め込んでいこうと企んでおります!!

    漫画やネット番組も激戦区ではありますが、なんとな~く勝てそうな領域が見えてまいりました。
    このあたりをコツコツ攻めていこうと思います。

    ここで大事なこと。


    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    ・弱小企業が今後生き残っていくために