• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【ガラホは温故知新。ガラケー難民を社会的責任で救う】 石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.115
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ガラホは温故知新。ガラケー難民を社会的責任で救う】 石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.115

2015-01-24 21:30
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    石川 温の「スマホ業界新聞」

                       2015/01/24(vol.115)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    《目次》
    1.ソフトバンク国内4社統合で、気になる孫社長の行方
    ━━「引退宣言」した60代へのカウントダウンが始まったか
    2. 「au大好きプログラム」でSIMロック解除流出防ぐKDDI
    ━━ガラホ投入を発表した田中孝司社長の囲みにツッコミ
    3.「フィーチャーフォン難民を社会的責任で救いたい」
    ━━ガラホ「AQUOS K」発表会でシャープ幹部が語ったこと
    4.今週のリリース&ニュース
    5.編集後記

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    1.ソフトバンク国内4社統合で、気になる孫社長の行方
    ━━「引退宣言」した60代へのカウントダウンが始まったか
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     1月23日、ソフトバンクは傘下のソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルを合併すると発表した。継続会社はソフトバンクモバイルになる。これにより、イー・モバイルとウィルコムが合併してできたワイモバイルという会社はあっさりと消滅することとなった(ワイモバイルブランドは継続)。
     この件に関しては、すでに週刊アスキーPLUSと日経新聞電子版に分析記事を掲載しているので、そちらもチェックしていただきたい。
     要は、2GHzと1.7GHzでキャリアアグリゲーションを実現したくても、現在は別会社となっているため制度上は難しい。これまで免許申請のために別会社にしていたが、それも「グループ」として見なされるため、別会社の意味がなく、それであれば、会社を一つにして、キャリアアグリゲーションのために合併したのだろう。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。