• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【VAIO幹部の本音から見えてくる日本通信との温度差】 石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.124
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【VAIO幹部の本音から見えてくる日本通信との温度差】 石川 温の「スマホ業界新聞」Vol.124

2015-03-28 23:30
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    石川 温の「スマホ業界新聞」

                       2015/03/28(vol.124)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    《目次》
    1.いまだに炎上し続ける「VAIO Phone」問題
    ━━VAIO幹部の本音から見えてくる、日本通信との温度差
    2.NTTドコモの接続料改定にMVNOが顔面蒼白
    ━━データ通信料値下げ合戦に終止符が打たれるか
    3.KDDIムゲンラボが第8期チームを発表
    ━━メーカーのスタートアップ支援によるIoT機器に期待
    4.今週のリリース&ニュース
    5.編集後記

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    1.いまだに炎上し続ける「VAIO Phone」問題
    ━━VAIO幹部の本音から見えてくる、日本通信との温度差
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     いまだに鎮火しないVAIO Phone問題。今週は東洋経済オンラインが日本通信・三田聖二社長のインタビューを掲載して話題となっていた。
     せっかくなので、今週は日経新聞電子版に掲載した記事『炎上VAIOスマホの真相 日本通信との同床異夢』でカットしたVAIO幹部へのインタビューでの発言を掲載する。

    ━━そもそも、どういったコンセプトでVAIO Phoneは開発されたのか。
    堀泰士執行役員事業企画室長
    「当初はBtoB向けだった。日本通信には03スマホやFMC、ヘルスケアなどのソリューションがある。ハードだけでは価格競争に巻き込まれるので、それらのソリューションを組み合わせたパッケージとしてのVAIO Phoneを考えていた。
     しかし、それが『通信し放題でいくら』といったBtoC向け商品となり、ハードウェアにフォーカスが当たってしまった。構想と違うところで、モノを出してしまった。ここは反省しなくてはいけないところだ」
    花里隆志執行役員・セールス/商品企画担当
    「VAIOとしてBtoBを拡大していこうという狙いがあった。日本通信と組むことで、セキュリティなど面白いソリューションができる。
     VAIOが昨年7月に発足した際、チャレンジする会社になると宣言している。新しい世界をBtoBでチャレンジしていくつもりだったが、この世界観を話せないなか、ハード中心の見せ方になってしまった」

    ━━そうしたソリューションを組み合わせたVAIO Phoneはいつ出てくるのか。
    堀氏
    「日本通信側で、まだ準備できていないようだ。法人向けのパートナーとの調整やAndroid5.0で動かすためのシステム開発に時間がかかっている。
     それらが整った上で満を持して出したかったが、日本通信側がリードしていることもあり、日本通信の意向で早く世に出すことになった。コントロールできなかったところは反省している」

    ━━VAIOとしては時間をかけて、本来の協業に沿ったものを出したいとは思わなかったのか。
    花里氏
    「VAIOはビジネス向けの販路は強くないが、ビジネスのお客様は、名の知れたところの方が、ITマネジメントの人が入りやすいことがある。早めに製品を出し、早めに提案をすることで、サポートをしっかりやるといえたほうがいい。端末を時間をかけて作りよりも、商談やサポートに時間をかけていくほうが良いという判断だ」
    堀氏
    「日本通信はMVNO市場を作った会社であり、実績がある。アメリカでもATM の回線技術を持っている。彼らとしても法人向けのソリューションを作る地盤があり、そこを理解していた。デバイス以外の部分でユニークさを出せると思っており、その想いは変わらないが、想定とは違っている」

    ━━VAIOのパソコンは高密度設計をアピールしている。一方、VAIO Phoneは(台湾メーカーに製造を委託し)そうしたアピールはしないということでいいのか。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。