• このエントリーをはてなブックマークに追加
■久瀬太一/8月7日/22時
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

■久瀬太一/8月7日/22時

2014-08-07 22:00
    久瀬視点
    banner_space.png
    「意外とやるじゃない」
     と宮野さんは言った。
    「つまりあんた、スイマの知り合いができたってことでしょ」
     ホテルに帰ってきたオレは、「スマートフォンとミュージックプレイヤーの持ち主に会った」と電話で彼女に報告したのだ。
     宮野さんは嬉しげに続ける。
    「どこをほっつき歩いてるのかと思ったら、時間外も調査を続けていたわけね。ちょっとじーんときたわ。意外とうちの雑誌、気に入ってるの?」
     感動しているところ悪いけれど、残念ながら貴女のところの雑誌のことなんかもう忘れていた。
    「ともかく活躍したわけですから、約束を守ってください」
     彼女の記事に貢献できたら、ミュージックプレイヤーの中身の書き起こしがもらえることになっている。
    「まだよ。なにか記事になる情報を引き出してきなさい」
     正直、スイマのことも聖夜協会のことも、ベートーヴェンの記事にはよく似合うように思った。けれどこれらの情報は、慎重に取り扱った方がよいだろう。
    「というか、その人紹介してよ」
     と宮野さんは言う。
     ――どうしたものかな。
     宮野さんと八千代を会わせていいものだろうか?
     あまり宮野さんをこの件には深入りさせたくなかった。とはいえ彼女が調査を続けている以上、必ずしも放っておいた方がよいというわけでもないだろう。一方でオレたちは、意図的に聖夜協会から狙われる立場になったわけだから、やはりあまり彼女には会いたくない。
    「電話でいいですか?」
    「どっちかといえば、直接会った方がいいわね。謝罪の菓子折り持っていくし。写真も撮りたいし」
    「写真?」
    「雑誌の記事用よ。記者がとらえた決定的瞬間! これがスイマの全貌か!? みたいな」
     扱いが未確認生物だ。
    「謝罪とそれをまとめて処理しないでください」
    「私はプライベートと仕事を切り離して考えられるタイプのまっとうな社会人なのよ」
    「アパートに忍び込んで窃盗を働いたのも仕事でしょう」
    「それを仕事だって言い張ったら詐欺も強盗も仕事になるわよ」
     自覚あったのか。
     いまだにこの人の常識の持ち方がよくわからない。
    「美女がディナーをおごるって言ってるって、伝えといて」
     と呑気に宮野さんは言う。
    「伝えるだけは、伝えておきますよ」
    「イタリアンとつけ麺、どっちがいいと思う?」
    「どっちでもいいですが、あのつけ麺屋では落ち着いた話はできないでしょう」
     オレは小さなため息を漏らしてから、尋ねた。
    「顔を合わせられるようにセッティングしたら、ミュージックプレイヤーの中身の書き起こしをもらえますか?」
     宮野さんはしばらく沈黙して、それから珍しくシリアスな口調で言った。
    「それは本人から許可をとった方がいいと思う。本当に、かなり個人的な感じの内容だったから」
     たしか、ミュージックプレイヤーの中身は、女の子から男の子へのメッセージだと言っていた。
    「持ち主宛てのラブレターみたいなものですか?」
     とオレはきいてみる。
     宮野さんはまた沈黙して、それから答えた。
    「だいたい、そんな感じね」
     本当かよ。
     中身がかつての八千代に宛てられた告白だとしたら、オレもあまり聞きたくはない。
    「なんかこのミュージックプレイヤーを、クリスマスプレゼントに贈ります、っていう内容よ」
     じゃあセッティング頼んだわよ、と言い残して、宮野さんは電話を切った。
     ――クリスマス。
     そのワードには、どうしてもひっかかる。

           ※

     ベッドに寝転がって、オレは考える。
     ――八千代と宮野さんを合わせるか?
     抵抗があった。
     やはり、今、オレたちを見張っているはずのスイマたちが気になる。
     そのことで悩んでいると、またスマートフォンが鳴った。
     知らない番号。応答する。
     妙に芝居がかった、男の声がきこえた。
    「夜分遅くにすみませんねぇ、久瀬さん」
     ファーブル。どうして、この番号を知っている?
     わからなかったが、調べればわかるものなのだろう。いちいち驚いてはいられない。
    「なんだ?」
     とオレは尋ねる。
    「お食事にお誘いしたお返事を、そろそろいただきたいなと思いまして」
    「ドイルの秘密ってのはなんだ?」
    「お会いできたら、お教えいたしますよ」
     まあいい。こいつには会うと決めている。
    「わかった。明日にしよう」
     とオレは答えた。

    ――To be continued
    読者の反応

    コウリョウ @kouryou0320 2014-08-07 22:03:06
    ここでとべこんか…ウォークマンがドイルのプレゼント?  


    闇の隠居 @yamino_inkyo 2014-08-07 22:06:28
    八千代もクリスマスがらみで何か悲しいことでもあったのかねー  


    ほうな@bellアカ @houna_bell 2014-08-07 22:03:16
    >残念ながら貴女のところの雑誌のことなんかもう忘れていた。
    クソワロタwwwwwwww   


    TeamFirpfut / 南雲 @jin_nagumo 2014-08-07 22:09:36
    ……宮野さん、、、あんたって人は、、、(笑)  


    スター(ロボ)/Lost制作中 @Sutaa 2014-08-07 22:21:39
    宮野さん最高ですわぁ……
    #宮野派  


    くま(しゅんまお)@ sol雑コラ班 @konkon4696 2014-08-07 22:16:31
    ファーブルはなんか嫌な感じがするな
     

    くま(しゅんまお)@ sol雑コラ班 @konkon4696 2014-08-07 22:12:57
      とべこん
    これは明日、動くかな





    ※Twitter上の、文章中に「3D小説」を含むツイートを転載させていただいております。
    お気に召さない場合は「転載元のアカウント」から「3D小説『bell』運営アカウント(  @superoresama )」にコメントをくださいましたら幸いです。早急に対処いたします。
    なお、ツイート文からは、読みやすさを考慮してハッシュタグ「#3D小説」と「ツイートしてからどれくらいの時間がたったか」の表記を削除させていただいております。
    banner_space.png
    久瀬視点
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。