• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • AKB48は「時代を載せる皿」である。

    2019-12-01 03:49  
    AKB48の景色は常に変化しています。 坂道が謹製のパッケージで提供されるものだとすれば、AKBはフリーマケットです。この比較表現は、坂道はアイテムだけど、AKBはハードウェアである、という違いも意味しています。 メンバーが常に流動的な多人数グループという点で、両者は一見似ています。しかし、坂道が常に一定のイメージを維持しているのに対して、AKBは不定形な印象を与えます。そのイメージを表象的に形成する最大の要素はメンバーの顔触れですが、AKBにおいては、構成するメンバーのクラスタ勢力が時代とともに推移してきた…ということを、『モウリスの雑談室なのだ 令和元年』(5/2放送)、『週刊48NEX〜AKBヤンキーVSオタク10年戦争論序説』(5/27放送)で詳細なデータをもとに明らかにしました。 今回(11/29放送)の『AKB社会学〜都市人口動態とモール系アイドル』は、さらに大きなアングルから