• このエントリーをはてなブックマークに追加
【ドキュメンタリストの穴】第105回 生放送を終えて【謹賀新年SP】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ドキュメンタリストの穴】第105回 生放送を終えて【謹賀新年SP】

2022-01-28 18:00
    ドキュメンタリストの穴

    第105回のタイムシフト視聴は3週間後まで視聴可能!
    下記URLよりお楽しみください!
    https://live.nicovideo.jp/watch/lv335364101
    (※2月17日(木)の23時59分59秒まで視聴可)



    INDEX

    ■about ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】

    ■お知らせ

    ■from スタッフ一同

    ■現場写真

    ***************

    ■about ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】

    2027248f098a3f4b077cdb110f7e054715db3438

    <番組について>
    □ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】(=通称【DQ-ANA】)は、「ドキュメンタリスト」専門の対談番組です。毎回、毎回様々なジャンルのドキュメンタリー・劇映画や表現者たちをゲストに招き、心の深淵と作品について話し合います。


    <生放送>
    □月1回・2時間程度の対談生放送を予定しています。


    <ブロマガ>
    □最新情報・生放送の予定といった「更新情報」のほか、毎回の対談に併せた「対談の感想」「編集後記」などが配信されます。


    <料金>
    □【ドキュメンタリストの穴】のすべてのサービスをお楽しみいただくにはチャンネル入会が必要です。「月額330円」ですべてお楽しみいただけます。


    <チャンネル会員・非会員のサービスの違い>
    □対談生放送の【前半部分は無料】チャンネル会員・非会員どなたでも視聴可能です。
    □対談生放送の【後半部分から有料】チャンネル会員のみ、対談の続きが視聴可能です。

    □ブロマガの「更新情報」は無料です。チャンネル会員・非会員どなたでも閲覧可能です。
    □ブロマガの「対談の感想」「編集後記」はチャンネル会員のみ閲覧可能です。

    ***************

    ■お知らせ

    ニコニコチャンネル【ドキュメンタリストの穴】公式Twitterをフォローしておくと、最新情報がすぎにわかって便利!

    □【ドキュメンタリストの穴】公式twitter  @third_eye_view
    https://twitter.com/third_eye_view


    ***************

    ■from スタッフ一同

    <第105回生放送を終えて>

    楽しい回の始まりだよ!
    f5f51eeb645e303d4ce0fd5999ca885a947c1e98
    (撮影:森谷博)

    2022年最初の【ドキュ穴】は謹賀新年SP!

    ということで、当番組ダブルMCこと、渋谷哲也&金田浩樹の2人で、今年の極私的おススメの映画を次々とご紹介していきました!

    何でコレ……?といった意外なものや、予告編を大きく裏切るものなど、自分ではあまり食指の動かなかった作品が突如として輝き始める瞬間がいっぱいありましたね!それが、この二人のシリーズの特徴w
    今回紹介した【ドキュ穴】2022冬のおススメ作品リストはコチラです↓↓↓

    -----

    ※渋選……渋谷哲也さんおススメ作品
    ※金選……金田Dおススメ作品

    渋選■『クレッシェンド 音楽の架け橋』(監督:ドロール・ザハヴィ)
    2022/01/28(金)~公開
    https://movies.shochiku.co.jp/crescendo/

    渋谷おススメ!曰く、「2019年にドイツで観た強烈な映画がついに日本上陸!」
    文化・社会・政治的背景の全く異なった登場人物たちが、パレスチナ・イスラエル・ユダヤ.....音楽を1つのアンサンブルに融合する時に起こる衝撃のラスト!
    「なんやかやあったけど、合奏できて良かったねー」みたいなほのぼの系ではないので、期待値上げて観に行ってOK!
    楽曲リストが先行発表されているので、ぜひ公式サイトでチェックしてね!

    ***

    金選■『水俣曼荼羅』(監督:原一男)
    全国公開中
    http://docudocu.jp/minamata/

    お年玉企画!ということで、【ドキュ穴】放送中の電凸に快くご対応いただいた原一男監督、ありがとうございます!
    渋谷さんプレゼンツ『水俣曼荼羅』日本大学上映会&トークショー開催の確約も無事付き、リスナーのみなさんに楽しんでいただける機会が増えそうで何よりです!
    作品については前回の【ドキュ穴】でたっぷりご紹介しましたので、ちょっとのぞいてみてね!

    iPadから電話出演の原一男監督!楽しいひとときをありがとうございます!
    5770de2fe2431e4eb9987baf501c097b4fc29204
    (撮影:森谷博)
    ***

    渋選■イスラーム映画祭7
    2/19(土)ユーロから順次開催
    http://islamicff.com/

    日本ではなかなか観る機会の少ない、ムスリムのみなさんの価値観を知れる映画祭です!
    耳でも楽しめる多言語な表現ですので、2~3本観て損なし!金「マイノリティは物語を持っている」
    予備知識なくてOKです。映画祭ですから、みなさん楽しんで下さい!

    ***

    金選■ヤコペッティ特集(キネカ大森)
    1/28(金)~公開
    https://ttcg.jp/cineka_omori/movie/0835800.html

    『世界残酷物語』『続・世界残酷物語』『さらばアフリカ』の名画座3本立て!
    俺たちのキネカ大森で、ヤコペッティを鑑賞する、という体験そのものがヤコペッティワールド!
    セットアップされた撮影、意図的に意味を付加した表現など、“ドキュメンタリー”というジャンルに今もなお翼を与え続ける金字塔を拝みに行こう!
    なお、それほど長くないので3本立てでもご安心ください。

    ***

    渋選■『世界で一番美しい少年』(主演:ビョルン・アンドレセン)
    全国公開中
    https://gaga.ne.jp/most-beautiful-boy/

    『ベニスに死す』で世界中を虜にし、今なお色あせない魅力を放つビョルン・アンデルセンは、おじいちゃんになってもめっちゃカッコイイ!と世界で一番普通の中年が申しております。
    予告編の印象とは全く違ったものが目撃できます!ぜひ駆け込んで!
    出演映画の様々な舞台裏が観れる資料的価値もとても高いです。
    ビョルンの遺言的な映画ではないので、ワクワクしてOKです!

    ***

    金選■『こんにちは、私のお母さん』(監督・脚本・主演:ジア・リン)
    全国公開中
    https://www.hark3.com/himom/

    まさかのバッドエンド大好き金田のイチオシ映画!「この映画を観た全ての人の心は浄化されます。慈愛に満ちた心と母親への敬愛を胸いっぱいにしてください」

    社会の様子、経済の状況、文化の立ち位置……様々な情報でここ数年、みなさんお疲れですよね。
    そんなシオシオに疲れ切ったみなさんの心に寛ぎを届けてくれるのが、コチラ!
    とにかく伏線回収がとんでもないことになりますので、何一つ見逃さず、笑う所は思い切り楽しんで下さい!下手くそだと思いきや、ラストワンカットは近年稀に見る映画的ワンカット!
    予想やベタ感を裏切るクライマックスです!期待を全部裏切ってあまりある感動へ、ようこそ!

    ***

    渋選■『銀河鉄道999』
    全国公開中
    https://www.toei-anim.co.jp/movie/ge999dolby/

    『銀河鉄道999』2022/1/14~公開中
    『さよなら銀河鉄道999―アンドロメダ終着駅―』2022/1/21~公開

    4Kリマスター&ドルビーアトモスになった999!
    そこにあるのは単に「画が綺麗」「音が綺麗」だけじゃない!
    きれい、ってことはそれだけ「情報量が上がる」ということですね。
    今まで気づかなかった繊細な心の揺れ、肉体の表現や記号的意味を最新技術で再構築することで、新しい999と出会えます!
    スクリーンで映画を観る、という行為の本質を、ぜひ体感ください!

    金田補足:番組は時間が限られているので端折りましたが、当然大好きな作品で、映画版は、1も2も好きです。しかし曲者なのは映画<テレビ<コミックの順番に面白いんですよ。書かれている情報量が置ければ多いほど面白い。松本零士のSFでは稀有な例だと思います(個人の感想です)この話、ちなみに二人で朝まで話せますw

    ***

    渋選■河瀬直美監督の東京五輪映画
    ※まだ情報ナシ

    私達に出来ること……それは、「 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。