• このエントリーをはてなブックマークに追加
【第360号】神様はどこだ?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第360号】神様はどこだ?

2021-09-20 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第360号 2021/9/20

    神様はどこだ?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ホモサピエンス(人間)が絶滅しなかったのは「ファンタジー」を共有できたからだ、と思想家のノア・ハラリは言っていた。


    「神」という、見えない概念をみんなで「いること」にしたおかげで社会は繋がり協力して生き延びた、みたいな話だと思う。


    「偉大なる神」がいると、その他の人達は「凡人」でいられる。


    「俺もお前も『ただの人』だから一緒に頑張ろう」なんて感じになれる。


    どうにもならない事が人生に起きた時「この世には神様がいて、我々にはどうにもならない問題を解決してくれる」と思えればなんとかやっていける。

    いや、そうしないと「もたない事」が多すぎるのが人生だ。



    【漫画家と神様】


    前にディスカバリーレイジチャンネルでやっておりますが、漫画家には「神様好き」がやたらと多い。


    どんなに自分が「いい漫画」を描いたと思っても人気が出るかどうかはわからない。

    やればやるほど「運」に支配されているのを感じて、どうにもできなくなって神社やらパワースポットなんかに通い出すのだ。


    そういうのを僕もやるので気持ちはわかる。

    中には「専門の霊媒師」なんかに頼る人達もいる。


    凄腕の人気漫画家でも皆似たようなものなので、それだけ漫画家という仕事はプレッシャーが強いという事だろう。



    【神様だらけ】


    そんなわけで旅行なんかに行く度に「神様(仏像など)」を買ってくるもんだから仕事場には「神様」が溢れている。

    22971975442d1a146514bf726937a4d8094cf7db

    僕は八百万の神を信じているし、何しろ「神仏習合」の日本人なので節操がないのだ。


    その上友人やアシスタントや担当編集者まで「神様」を買ってきてくれるもんだからもうありがたく「神々」に囲まれて生きることにしている。


    そして「ご先祖さま」の写真に手を合わせる。


    何しろ「自分の努力」ではどうにもならない事が多すぎるのだ。


    生きれば生きるほど「自分は何かに守られているのだ」と思うようになる。


    そんなわけで僕は世界中の神様と暮らしている。



    【顔のない仏像】


    神社仏閣巡りをしていると、何度も「顔が破壊された仏像」に出会う。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。