• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 【第396号】「いい子」とは何か?

    2022-07-04 07:00
    220pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第396号 2022/7/4

    「いい子」とは何か?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    「いい子になんかなるなよ」

    これが僕の育った時代のスローガンだった。


    「大人は嘘つきだ」「奴らに服従したら終わりだ」・・なんて。

    当時の漫画やドラマや歌謡曲にはそんなメッセージで溢れていた。


    80年代後期にはそんな若者の抵抗も薄れていくのだけど、僕と同世代の尾崎豊は最後まで「大人」に抵抗していた。

    彼は「学生運動の最後の花火」みたいに僕には見えた。


    その後、尾崎豊はあっけなく死んで、チェルノブイリが忘れられ「不良」は劣化してDQNとなり、大人への抵抗は「中2病」と冷笑され、戦後日本の「思春期」は終わった。



    その後の日本社会は、若者が「不良」になる余裕さえなく、バラバラにされた個人はそれぞれの「生存戦略」に迷い、結果的に「公務員」や「外資系」あるいは「上手く儲けてる(かに見える)新自由主義のカリスマ」などに向かった。


    もはや「危うい自由」なんかより「組織内での地位向上」の方が現実的な生存戦略だ、という時代になって久しい。


    つまり「いい子」になるしか生きられない時代になったのだ。


    いや・・そういう雰囲気が蔓延しているのが今の日本ということだろう。



    今回ヤンサンで取り上げた「ワールドトリガー」はそんな「いい子たち世代」のマジメな格闘が描かれた漫画だった。


    「進撃の巨人」のような「腐った大人達」への怒りはこの漫画には感じられない。


    この漫画の中の若者たちは「信じられる大人に見守られ」「仲間と試行錯誤や失敗を重ね」「助け合いながら現実の問題に向き合う」という夢のような青春を送っているのだ。


    「若者の闘いはかくあって欲しい」という祈りのような漫画だ。


    ヤンサンの中でおっくんが「こういうのがやりたかったんだけど、できなかったんすよ!」と言っていたけど、本当に今の社会は「まともに闘うこと」ができない。



    「いい子」でも「満足のいく闘い」ができない。

    かといって「不良」では生きていけない。


    そんな中で「報われない、いい子」が日本中に溢れている。

    みんな不安で泣いている。


    僕にはそう見える。



    【いい子とは何か?】


    しかし、そもそも「いい子」とは何だろう。

     
  • 【第395号】Mの一族

    2022-06-27 07:00
    220pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第395号 2022/6/27

    Mの一族

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    遡ること5月7日。


    ヤンサンでは約三年ぶりの公開収録が行われた。 


    久しぶりにお客さんの前に立つことでの心地よい緊張感を味わいながら、終始オイラは邪魔にならないよう地蔵としてほっこりと鎮座してた。


    イベントはセンセの神解説もあり大いに盛り上がり無事終了! 


    ほぼしゃべってないのに謎の達成感につつまれバイブスは最高潮!


    いざ打ち上げへ!


    収録後の打ち上げは接客業のオイラに気を遣っていただき飲み屋ではなくスタジオでやることに。


    オイラもテンションあがって「今日くらいは沢山飲むぞーわーい! お酒の用意シクヨロでーす!」と浮かれてた。


    そして打ち上げの準備も終わりいざ乾杯へ… 


    その瞬間、

    大切なことを思いだした……


    乾杯の直前に小さな声をふりしぼり「ほんとすいません…僕….今日ノンアルでお願いします…」と懇願した。


    当然周りからは「テメーが酒飲みまくりたいっていうから沢山用意したのにーー!!ざけんなこのブタ野郎!実家に帰れ!」さらに「あっ!さては、テメーこの後、女の子のとこに行くんだろー?」などと仕事後で腹空かせていらだつ猛獣達が吠え散らかしていた。


    その時のオイラは「本当に…本当に申し訳ないと思っている…」とジャックバウアーのような気持ちでいっぱいだった。


    このときお酒を飲めない理由は言わなかった。


    フフフ…


    なぜならそれを言ってしまうと今回のブロマガのネタバレになるから……


    申し訳ない気持ち8割。

    残り2割は「フフフ…オイラは明日、漢になるんだよ」と反省でうつむきながらもニヤリしてた。 


    「オイラ明日、漢になる!!」


    このセリフで上野クリニックへ直行すると思ったアナタ!チガイマスヨ!!ザンネン!!


    明日オイラはタトゥーを入れるからお酒飲めなかったのです…



    そう、今回のブロマガはタトゥーを入れるルポです。


    ヤンサン見てる人でタトゥー入ってる人って多分1割もいないんじゃないかな… 


    なにはともあれ!


    「あなたの知らない世界 タトゥー編」スタートです!!


     
  • 【第394号】ご機嫌じゃない時

    2022-06-20 07:00
    220pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第394号 2022/6/20

    ご機嫌じゃない時

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    まずは前回のメルマガで書いていた「もう1人の娘」の話から。


    【私は私なりに考えている】


    僕には娘はいないけど、会った瞬間「この人、まるで自分の娘みたいだ」と思うことが立て続けに起きた。


    1人は前回のメルマガで書いた、漫画家の不吉霊二さんなのだけど、もう一人は最新のディスカバリーレイジチャンネルに出てくれた「漫画家 奴裳嵐すぴかさん」なのだ。

    5d67ca162e1a8e9d34320f93165563de8149c38b

    彼女はエロ漫画を描く人なのだけど、最初から物の見方が深くて独特だった。


    漫画学校で会話した時も「私は私なりに考えている」というのが強く伝わってきた。


    今回のディスカバリーレイジチャンネルでも「バグラビ」でも「魁!!男塾」という癖の強い昔の漫画を読んで色々考察してくれたのだけど、それが実に面白い。


    彼女はあくまで「ここまでしか知らないのだけど」という事を自覚した上で「私はこう考える」という自説を提示してくる。


    その時に引用したり関連付けたりする題材も独特だ。

    「男塾」を語り、そこに見える問題の解決に「カービィ」というゲームのキャラクターを持ち出す。


    この「発想の自由度」が僕に似ている気がするのだ。


    「何これ?!」という驚きから、角度を変えて考察していき「意外なもの」を持ち出して展開する。

    366674a70ee4ae7bbc9f330d2dc65ae2f35fc822

    その方法も僕と似ていて好きなのだけど、とにかく対象に愛情を感じているのがいい。


    「論壇」なんかにいる人の中には「誰かを批判して自分を認めさせたい」という姿勢の人が多いのだけど、すぴかさんにはそういう邪心がない。

    こういう所も「まるで僕の娘みたいだ」と感じる。


    世の中には「自分の血を分けた子供」にこだわる人達もいるけど、そんなものにこだわらなくても「自分の子供みたいな人」が沢山いるのだと思う。


    僕は「自分と全然違う人」も好きだけど「自分みたいな人」に会うとやっぱり嬉しい。




    【ご機嫌でいられない時】


    今週奇しくも「 山田玲司はどれくらい素を見せているのか?」という話になったので、その話もしようと思う。


    「ご機嫌主義」で生きている僕だけど、ご機嫌ではいられない時も多い。


    漫画の「絶望に効くクスリ」などの冒頭を読んでくれてる人なら見当はつくと思うけど、あの漫画の冒頭シーンで僕は大抵苦悩している。


    しかし人の前で「不機嫌」をかますのは失礼だ。

    (これは「モテない女は罪である」で描いてるものと同じ話)


    なので人前に出る時は「機嫌よく振る舞うマナー」で生きている。

    この辺は地元のマイルドヤンキーの連中や赤座仁に学んだ。

    彼らはプライベートが最悪でもふざける。無理して明るくバカなことを言う。


    僕にはそれが「大人な態度」に見えるし、なにしろかっこいい。


    すぴか先生に「また無理して男塾やってる!」と怒られそうではあるけど「マナーとしてのやせ我慢」くらいはしてもいいだろう。




    【悲惨な国】


    そんなわけで頑張っているのだけど、ここ最近は本当に「ご機嫌でいられない日」が多い。