• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

アクセスジャーナルNO.71(2019年9月26日)日本バドミントン協会専務理事に関するトンデモ情報
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アクセスジャーナルNO.71(2019年9月26日)日本バドミントン協会専務理事に関するトンデモ情報

2019-08-26 07:00
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

            アクセスジャーナル <メルマガ版>

        政・官・財、マスコミ、闇社会と、あらゆる巨悪を追及!

                    2019年9月26日号:VOL.71

    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


    _/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

     1.<現地記者緊急寄稿>
       「香港デモ、過激化の背景に何があるのか?」(後編)
       香港一般市民インタビュー

     2.国への売却話が宙に浮いた「馬毛島」で、新たな動き

     3.「新日本科学」も深く関わる、「錦江高原」(鹿児島市)の
       大規模不法投棄問題

     4.今週の相場展望(8月19日~8月23日)&MY注目銘柄

     5.「日本バドミントン協会」専務理事に関するトンデモ情報

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★1.<現地記者緊急寄稿>
       「香港デモ、過激化の背景に何があるのか?」(後編)
       香港一般市民インタビュー
    ----------------------------------------------------------------------

     「逃亡犯条例」改正を巡る若者らの抗議デモが過激化し、ついには8月12、
    13日と香港国際空港が機能マヒする事態に。こうしたなか、隣の広東省深セン
    には暴動鎮圧を担う武装警察部隊が展開し、一般市民との乖離を幸いに、中国
    政府が本格的鎮圧に乗り出すとの見方も。

     14日、当局は旅券などの所持者しか空港内に入れないように警備強化したこ
    とから、幸い、15日には香港国際空港はほぼ正常化したが、香港一般市民は若
    者らの過激化するデモをどう見ているのか。

     この連載「前編」では警察官とその関係者の声を聞いたが、この「後編」で
    は現地フリー記者による一般市民のインタビューをお届けする。

     香港・北角在住、オーストラリア銀行の銀行員ミッシェル・リーさん(5
    0)はこう語る。

    「日に日にデモは暴力的になっています。今日の昼ごろ、暴徒が私の住宅街に
    まで突然来て度肝を抜かしました。黒いTシャツを着用した一見カタギとは見
    えない体格の良い男性陣が棒を持って続々と集合してきた。

     8月6日、自宅マンション近くのレストランで昼食をしていたら、“ジャケ
    ットを取って早く逃げて!”と誰かが叫ぶ声がしました。ふと外を見ると救急
    車が猛スピードで駆け寄って来ました。突然、携帯が鳴りました。娘からでし
    た。“ママ、何をしているの。デモ隊が来るよ。早くマンションに上がって来
    て!”と避難を急き立てられました。レストランに同じ階の男性住民がいたの
    で、守ってもらいながら暴徒に巻き込まれないように逃げました。棒や物が飛
    び交って、若者らは“自殺するぞ!”と叫んでいました」
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/10/21
      アクセスジャーナルNO.79(2019年10月21日)慶應アメフト部監督に反社関与重大疑惑
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。