• このエントリーをはてなブックマークに追加
企業の内部留保の増加は、国内投資が伸びなかったため。原因は国内の長期デフレであり通貨発行権と通貨量の問題
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

企業の内部留保の増加は、国内投資が伸びなかったため。原因は国内の長期デフレであり通貨発行権と通貨量の問題

2014-05-07 01:10
    ====================

    マネーと政治経済の原理からニュースを読む

    ====================

    【今回の話題】
    2551d61f3fe985e2a13b00ee3b4fcb0651dde949
    (上記図 日本経済新聞 5月4日の記事を参考に著者作成)

    a28692767bbb2c504eb63286ae95a6785a0a3b05


    今回は、積み上がる大企業の巨額な内部留保の原因について。
    共産党や一部の識者などは大企業の巨額に積み上
    がった内部留保がデフレ不況の原因だと述べている。

    つまり企業が利益を溜め込んでばかりで、市場や
    労働者に投資や再分配をしないから消費が減少すると。

    しかし、大企業の内部留保の拡大はデフレの結果の
    側面が大であり、デフレの原因ではない。

    内部留保デフレ原因説は、通貨発行権の本質的な
    問題と通貨量の社会的影響から目を逸らさせて
    しまうという内容を解説。

    ■参考記事

    2014年5月5日 日本経済新聞 
    「景気指標 内部留保はどこに行ったのか」

    2014年5月3日 日本経済新聞 
    「決算は会社の健康診断」


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。