• このエントリーをはてなブックマークに追加
円安ドル高が進む理由 日銀の金融緩和の増加と、FRBの金融緩和の縮小
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

円安ドル高が進む理由 日銀の金融緩和の増加と、FRBの金融緩和の縮小

2014-08-26 23:00
    【今回の話題】

    黒田日銀が大規模な量的緩和を初めて以来、
    円安ドル高が進んでいる。


    最近は104円台に突入。

    黒田日銀の金融緩和が続き、FRBが金融緩和を終了させれば
    この流れはまだまだ続く可能性がある。

    金融の流れで見れば上記のような状況になる可能性が高い一方で、
    米国独特のカントリーリスクがある。

    そのカントリーリスクが勃発すれば、円高ドル安圧力が強まる。

    金融緩和により円安ドル高が強まる理由と、
    カントリーリスクにより円高ドル安圧力が
    強まる理由について解説する。

    1e6be330b45da67442d2c1d806c55f34ce236d90


    58148fd343dc7212b925b22ae279822ba43738a9

    <以下有料>

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。