• このエントリーをはてなブックマークに追加
遂に国の借金が民間を超える 来年3月1143兆円に。通貨発行権を政府が持たない矛盾が作り出した結果
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

遂に国の借金が民間を超える 来年3月1143兆円に。通貨発行権を政府が持たない矛盾が作り出した結果

2014-09-09 02:35

    =======================

    ■セミナー情報
    <リンク>9月21日(日曜) 天野統康×目黒峰人 ジョイントイベントのご案内


    ■無料セブンステップ
    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール

    ■本の購入→<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円


    ■Youtube https://www.youtube.com/user/07amano/videos

    ■Twitter https://twitter.com/amanomotoyasu

    ■HP<リンク>天野統康FP事務所 ホームページ

    ■ブログ<リンク>天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


    ===========================

    「今回の話題」
    国の借金が来年の3月に民間(家計と企業)を超えて1143兆円になる。

    国の借金の増加の原因は、長期の不況による財政出動を行い続けた結果。

    より根本的な理由は、銀行業が通貨を作り、国が通貨発行権を持たない仕組みのためだ。

    借金まみれの状況はシステムの結果、意図的に作り出されてきたのである。

    国が借金まみれになっている現在の資本主義経済の矛盾と、
    今後の予測される流れについてお伝えする。

    a1a4d2dd90eed966ed124d199aaf07aadc55e66a


    <参考記事>国の借金、民間超える 来年3月1143兆円 日本経済新聞 9月7日


    <以下有料>

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。