• このエントリーをはてなブックマークに追加
日本の不動産取引が活発になっている理由 中央銀行の金融政策の影響
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日本の不動産取引が活発になっている理由 中央銀行の金融政策の影響

2015-02-06 04:08

    =======================

    ■HP
    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


    ■無料セブンステップ

    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■本
    <リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Twitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論
      


    ========================

    【今回の記事】


    ・不動産取引 7年ぶり5兆円台 14年、低金利・先高観で  :日本経済新聞
    s.nikkei.com/1AuzVgU


    日本の量的緩和による円安とREIT、、FRBの量的緩和などで膨れ上がった
    海外勢の投資により不動産取引が活発化している。

    この背景と家計への影響について。


    cb87534afa450370a35bfb9339c42a3de1144455

    (以下有料)

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。