• このエントリーをはてなブックマークに追加
(有料)国際通貨マフィア欧州中央銀行がデフレ阻止の名目のために行う量的緩和政策。経済と家計への影響について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

(有料)国際通貨マフィア欧州中央銀行がデフレ阻止の名目のために行う量的緩和政策。経済と家計への影響について

2015-03-06 17:40

    =======================


    HP
    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■本
    <リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  



    =====================

    ee90ef2118899b45f5c0250553fa990173b84a47


    【今回のニュース】

     




    ・欧州中銀、デフレ阻止全力 物価見通し0%に下げ 量的緩和9日から 日本経済新聞
    2015年3月6日
    http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM05H7L_V00C15A3FF2000/

    5日に行われた欧州中央銀行(ECB)の定例理事会で
    域内に大量のお金を流す「量的金融緩和策」に関して
    国債などの買い入れを9日から始めると決めた。

    この量的緩和政策の経済への影響と、日本の家計への
    影響について解説する。

    ・量的緩和政策の意味

    ・一般が誤解している期待される効果

    ・実際にもたらされる効果

    ・金融の原理と、政治の動向から見た日本の家計への影響



    (以下有料)

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。