• このエントリーをはてなブックマークに追加
統一地方選に対する政党の政策評価について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

統一地方選に対する政党の政策評価について

2015-04-24 06:05



    =======================


    HP
    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■本
    <リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  



    =====================

    統一地方選について、どの政党を選ぼうか迷われている方は、
    以下の昨年の2014年に行われた総選挙の各政党の政策を
    参考にすると良い。

    今回の選挙も各政党の政策には殆ど変化はないからだ。

    主要政策の私の評価は一番右側に記しておいた。

    近いのは、共産党、社民党、生活の党である。

    逆にかけ離れているのは、自民党、公明党、維新の党である。

    今回の選挙は、TPP推進、貧富の格差を進める新自由主義、
    日本の軍事化、右傾化、米国の傭兵化、管理社会の強化、
    などを認めるかどうかが争点である。

    ご参考までに。



    f99241c66830a1d7d66f707a5f2af1cc08e23b34

     

    (2014年総選挙 2014年総選挙各政策への政党の態度 より以下転載)

    注0:改正手続きの用件緩和、注16:自衛権を行使するために必要な最小限度の「自衛力」として、自衛隊を保有することができる。国連の平和維持活動に自衛隊が参加する根拠となる規定を設ける。
    注1:日本維新の会として衆院採決では棄権
    注2:「責任ある避難計画がなければ再稼働すべきでない。(民主) 最終処分の解決なくして再稼働なし(維新の党)」 野田民主党政権時に大飯発を再稼働させた。
    注3:「即原発ゼロ。」 
    注4「将来的に原発ゼロをめざす」 
    注5「一日も早く原発ゼロ」 
    注6「市場原理によって原発, が自然になくなる仕組みづくり、原発フェードアウト」 
    注7「電源多様化による脱原発依存」 
    注8「原発は重要なベース電源」 
    注8 「脱原発基本法を提言」 
    注9「2030年代に原発ゼロ」
    注10:消費税増税の凍結
    注11:農産物の関税を守れなければ脱退すべきである。 
    注12:国益を確保するために、脱退も辞さない厳しい姿勢で臨む。
    注13:与党として法案を通そうとしていた。
    注14:国際観光産業振興議員連盟に所属議員がいる
    注15:現行憲法下で可能な自衛権行使の在り方を具体化し法整備する、
    注17:慎重に検討"
    注18:慎重審議
    注19:法人税は急がないでゆっくり議論

    (転載終了)
     

    <関連リンク>世界の脱原発はいつから? 今でしょ! ブログの引用はご自由に




     

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。