• このエントリーをはてなブックマークに追加
(有料)サウジとイランの対立は国際銀行権力によって意図的に作られたシナリオ 経済への影響
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

(有料)サウジとイランの対立は国際銀行権力によって意図的に作られたシナリオ 経済への影響

2016-01-07 12:10

    ef0086263852b52304214c300de676c802c2bb08e3363b6549b3856539b4d744ee6228c12c889cb1



    =======================



    HP
    <リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■本
    <リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



    ■Youtube
    https://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu



    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  



    ==============


    a9ef60e7993c3dfad008b3e6850d3ea6c8338208

    (上記図 米国国防省が2006年に発表した将来の中東地図)

    【今回のニュース】
    ・ロシアの元議員、「サウジは、対イラン関係の悪化を狙いナムル師の処刑を予め計画」
    イランラジオ 2016年1月6日
    http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/61253


    【内容】
    ・スンニ派国家サウジのシーア派指導者の処刑はイランを挑発するため

    ・中東を混乱させるための計画

    ・サウジの背後には欧米ユダヤの国際銀行権力

    ・あらかじめ予定された中東再編成の計画の一環

    ・経済への影響

    (以下有料)

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。