• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

動画「【幕末志士】ノスタル志士【実況プレイ】」をアップしました
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

動画「【幕末志士】ノスタル志士【実況プレイ】」をアップしました

2015-11-05 16:00
  • 93





あの頃を思い返すと、毎回胸が締め付けられるエピソードが蘇ります。
黒歴史動画ついでに、今日のブロマガは懺悔の一つも書いておきましょう。



当時、僕と西郷さんでお年玉を持ち寄り、ゲームソフトを一本買ってシェアしていました。
ゲーム機は買えなかったので他の友達から借りてました。
そのゲームを毎日のように2人で遊び、終わった後は交代で持ち帰って遊ぶ、というのを繰り返していました。



しかし、西郷さんはそのゲームソフトを無くしてしまったのです。



その日も、僕の家で2人で遊び、夕方になって西郷さんがゲームソフトを持って帰りました。
それから数時間して、西郷さんが落ち込んだ顔で僕の家に戻ってきました。
どうしたと聞くと、帰り道でゲームソフトを落としてしまったというのです。
落としたのに気づいてから、何度も帰り道を往復して探したが、見つからなかったというのです。
その日は吹雪で、時間が経って雪に埋もれたそれを見つけるのは明らかに困難でした。
(そもそも、見つかっても正常に動くかも怪しいものです)
西郷さんは泣きながら謝っていました。
寒さで出た鼻水と涙で顔がぐちゃぐちゃになっていました。



あろうことか、僕はそんな西郷さんを怒鳴り散らしたのです。



僕にとって、そのゲームソフトは楽しい思い出がつまった宝物でした。
それを不注意で無くした西郷さんに激しい憎悪の感情が湧いたのです。
ふざけるな、死んで詫びろ、金を返せ、などと聞くに堪えない罵詈雑言を西郷さんにぶつけました。
しかも、見つけるまで帰ってくるなと言い、再び西郷さんに探しに行かせたのです。



その夜、西郷さんの母親から無くしたゲームソフトを弁償させてほしいと電話がありました。
ずっと外で探していた西郷さんを、仕事帰りの母親が見つけて事情を聞いたようでした。
かくして、僕の手元には新品のゲームソフトが戻ってきました。
しかも、今度のそれは「僕と西郷のもの」から「僕だけのもの」となったのです。
僕は歓声をあげて喜びました。
さもしい性根でした。



その後、そのゲームソフトで西郷さんと遊ぶことはなくなりました。
遊ぶ友達がいないゲームソフトを一人でやっても楽しいはずがありません。
そのゲームソフトはほとんど遊ばれずに、押し入れの中に眠ることになりました。
結局、ゲームソフトだけが戻ってきても意味がなかったのです。
当時の僕は、それがわからないほど救えぬ馬鹿でありました。

                              (文:坂本)

チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
幕末志士
更新頻度: 不定期
最終更新日:
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

他83件のコメントを表示
×
文才あるなあ…
35ヶ月前
×
文才がすごい……
思わず涙が溢れました。
親友とは良いものですね、どちらの心情も鮮明に伝わってきますし坂本さんが長年の時を経て後悔と反省、そして今の幸せを噛み締めていることが素晴らしいと思います。
31ヶ月前
×
これまでのラジオを聴いたあとだと余計に胸にきますね
お二人の仲が本当に羨ましいです
31ヶ月前
×
胸が締め付けられるエピソードですね。お二人が今、笑い合えていて良かったと心から思います。
22ヶ月前
×
>>88

21ヶ月前
×
動画から飛ばされてきたけど、なんか純文学読まされて草
13ヶ月前
×
文才が凄すぎる
9ヶ月前
×
すみませんこの話ってどこかで言及されていましたか?
9ヶ月前
×
↑僕もどこかで聞いたような気がするんですがどうしても思い出せません。どなたかご存知ですか
8ヶ月前
×
>>100
幕末ラジオ第四回にて話されていますよ。
8ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。