• このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログでは明かさない!アカルクタノシク発達障害理解&発達促講座第4号
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ブログでは明かさない!アカルクタノシク発達障害理解&発達促講座第4号

2012-11-28 15:58

     

    ◆◇◆「ブログでは明かさない!アカルクタノシク発達障害理解&発達促講座」◆◇◆   

      201211月28(水)発行 vol.4 

     

     

    

ブロマガVol.4のお届けコンテンツ

     

    1)     アスペルガーとはなにか? ブログでは書かない!

    アスペルガーの特徴 専門的解説③ 視覚過敏

     

    2)これからの診断基準 何のための診断?

      

    

3)ブログでは書かない事例 

    「ボクと学習障害とiPhoneと」

第三話 子ども時代のボクの作文

     

    4)チャンネルクレフ プレゼント企画への応募方法



     

    <はじめに>

     

    ご購読登録いただき、ありがとうございます。

    当ブロマガは、発達障害理解と発達促進のための情報を専門的に発信することを目的としております。

     

    ご購読して下さっているみなさまは、発達障害の知識がほとんどない方から、

    ある程度の情報は既に知っているという方までいらっしゃいると思いますが、

    すでにある程度の知識はお持ちであると言うことを前提にスタート致します。

     

    

発達障害の知識がない方、これから学ぼうという方は、当ブロマガ内の
    「アスペルガーについて」から、リンク先サイトを参照までにご覧下さい。

     

    11月の放送のお知らせ

     

    今月はとうとう放送出来ませんでした!

    御陰さまで今までになく忙しい月で、放送枠がとれませんでした。

     

    音声のみのラジオ形式になるかもしれません。

    けれども12月の放送は新企画で再スタート!事例について語ります。

    12月から「大人のためのSST講座」や、「ブロマガ連動事例から(仮題)」

    等「ブログでは明かさない!ニコニコ特別講座」を開講いたします。

    真面目なワンコイン専門講座、無料会員はアクセス不可のプレミアム会員限定番組となります。

    準備のため、一時的にチャンネルへのアクセスが出来なくなりますこと、ご了承ください。 

    番組の配信については後日お知らせいたします。

    お楽しみにお待ちくださいませ。


     本編はココから*****************************

    

1)アスペルガーとはなにか?

     

    ブログでは書かない!アスペルガーの特徴 専門的解説③ 視覚過敏

    <前回のおさらい>++++++++++++++++++++++++++++++++++

    アスペルガーを含む自閉症の人は「感覚情報が認知に影響し、独特の世界観を持つ人たち」であり、
    感覚のスクリーニングチェック、
    日常の行動観察や聞き取りから、本人が気付かなかった
    「過敏反応」や「低反応」などが見つかります。前回は臭いの過敏性の事例をひとつ紹介しました。

    私達の五感(感覚受容器)の精度は、人により異なります。
    感覚に敏感な人がいれば鈍感な人もいるため、感じる情報には違いがあり、
    同じ現実世界でも100%の共有は難しい、生活のし辛さも感覚から来ることが多いのです。

    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

    今回は、視覚過敏の具体例。
    聴覚まで書くと長過ぎるので次回に分けます。

    映画館で映画を観ることを想定し、具体的な注意の向け方の違い、
    情報の優先順位の違いをみていきましょう。
    私達は、映画についての面白さは人によって違うことはわかっています。
    その面白さの個人差は、実は、どのように映画を観ていて、
    どんな認知の影があるのかに関係しています。

    ざっくりと3タイプに別れます。

    1)     画面の中心あたりを大体フォーカスして観るタイプ

    主に人の表情や会話の様子に注意を向けている。
    字幕映画の場合、字幕と人の表情や会話の様子を同時に追いかけることで忙しい。

    2)     画面の端から端まで全体が見えるタイプ

    主人公だけでなく、画面端の背景的な人やものの詳細も気になることがある。
    観た後、頭の中で映像を再現して楽しむことがよくある。

    3)     映画館で映画を観るのは苦手であるタイプ
    大きな音や突然の場面の変化、背景映像等に意識が奪われ、関係ない部分を見続けてしまう、
    あるいは観ることが出来なくなる。ストーリーを理解するゆとりを維持することが難しい。
    自宅で楽しめる
    DVD発売やテレビ放映されるまで待つ。

     

    1)は最も多いタイプ、標準的な認知による映画の見方です。
    映像美術より、ストーリーや対人関係性等文脈を重視しますから、一度観た映画を毎日観たい等とは
    思いません。2)と3)は、視野全体の隅々までよく見える、一度みただけで細かな所までクリアに
    覚えている等、視覚刺激に鋭敏なタイプです。光を駆使した映像美術、色味、不思議なキラキラ感等、
    映像効果や舞台美術等に目が奪われ、映画の世界に没頭(過集中)します。ですから、好きな場面、
    好きな映画については、飽きることなく何度でも繰り返し観ることを楽しむタイプが多いのです。
    反対にこのタイプは、映像が鮮明に残り過ぎるのでホラーや、衝撃的な場面は絶対観たくないという
    こともあります。光や影の加減、光のパターンによって、気分が悪くなってしまうこともあります。

    間違い探しが非常に得意であるとか、小さな違いに気がつきやすい等があります。
    コレクター癖がある人とは、わずかな違いを豊かに楽しんでいる人、と考えていいと思います。

    私達は、互いに相手がどう世の中を見ているかを知らないために、生活上のしんどさが生まれることも
    あるのです。好みが違う、というより認知が違うのかもしれないのです。

    語り始めると尽きることのない過敏性の話しですが、今日はここまで!

    次回聴覚過敏についての具体例を紹介します。

      

    ****今日のまとめ***********************

    視覚情報に鋭敏で生活に困る状態が、視覚過敏である。

    *********************************

     

    2)これからの診断基準    自閉症スペクトラム

    診断を受けたい、診断をうけると得がある、と思っていらっしゃる方は少なくありません。
    ご本人より周りの人程そう思っているケースが実に多い。他人事だから、という訳ではないのでしょうが、診断名も本人のためのものであり、まわりの人の利便性のために貰う訳ではありません。

    大事なのは「アスペルガー、若しくは自閉症スペクトラムかどうか」ではなく、「本人が自分のことに
    ついて理解し、将来にわたってどのように楽に生き方の選択肢を増やせるか」ということです。

    事例を幾つか書きたいところですが、内容の特性上、プレミアム番組枠内で話していきます。
    たった一人の視聴者様であっても、本気で聞きたい人に向けた内容として、ワンコイン講座化です。

    有料であっても観たい人、聞きたい人にむけ解説いたします。

     


    ****今日のまとめ***********************

     

    診断名は、本人が生き方の選択肢を増やすためのものである。

     

    *********************************

     

    

3)ブログでは書かない事例  「ボクと学習障害とiPhoneと」

第三話

     

    iPhoneを使って生活を変えていった印象深い「よく忘れる、メモを取るのも忘れ、せっかく取ったメモ
    も忘れて困っていたボク」の相談と生活の経緯の連載です。

    

さて、大人になってから自分が、もしくは配偶者や家族が発達障害ではないか?と思うケースの場合、
    子ども時代の成長の様子は重要です。自閉症スペクトラムは3歳未満で、
    ADHD7歳までにその行動
    特徴があること、とは文部科学省の定義。先天的な脳の器質障害であれば、子どもの頃に根拠となる
    情報があるはずなのです。

    さて、ボクは小学3年生、6年生の本人の自筆ガリ版印刷の学級文集、中学の通信簿を持ってやって
    きました。

    本人の書いた文集を見せてもらうと、小学3年生、小学6年生のどちらも、殆ど平仮名で書いてあり
    ました。筆圧は弱かったようで、所々がかすれ気味のふにゃふにゃとした歪んだ字、拗音(ゃ、ゅ、ょ等)や促音(っ)の表記も間違いだらけです。また全体的な作文力の未熟さ、助詞の使い分けのあやまり、言葉の覚え間違いなど、書いた学年に不釣り合いな言語力であることが際立って目立ちます。

    中学2年の通信簿の学力評価は全体的に低く、提出物や授業態度、掃除や班の活動等協調性、社会性に
    ついて求められていることが書いてあります。

    大人になってから大変になったのではなく、小学時代から既にボクには学習の困難があったのだ、と
    わかってきました。困難であったと気付いたのが、大人になってからだった、ということでしょう。

    続きは次回へ

     

     

    4)チャンネルクレフ 読者登録プレゼント



    応募頂いた方に抽選で3名、番組内でお知らせいたします。

     

    

それでは5号の配信を楽しみにしていて下さいね。



     

     

    アカルクタノシク公式サイト
http://akarukutanoshiku.net


     

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




    株式会社クレフ ーClef 

  
    アカルクタノシク編集部         

 
    
info@j-clef.co.jp
          

 

    広島県福山西深津町6−5−22

    


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。