• このエントリーをはてなブックマークに追加
超特集:游彩 / ロングインタビュー④、テーマ別インタビュー、フォトギャラリー #日刊ブロマガ!club Zy.チャンネル
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

超特集:游彩 / ロングインタビュー④、テーマ別インタビュー、フォトギャラリー #日刊ブロマガ!club Zy.チャンネル

2018-01-26 18:00
    Q.タイムマシンに乗れたら、いつの時代に行って何をしたい?

     僕は100年後の未来を見てみたいです。
    沙久 僕は高校を卒業してから音楽活動を始めたので、高校時代に戻って、もうちょっと早めに音楽をやってたい。
    大蛇 僕は、高校1年生。
    音楽を始めたのが高校2年なんですけど、音楽を始める前の自分にいろいろと話をして、お前はそれだけの覚悟があるのかと高校1年生のときの自分としゃべりたいですね。
    あと、当時自分が何を考えていたのかも知りたいです。

     1月に東名阪で行う単独公演巡業「音咲く頃に舞う」を持って游彩は解散する。
    何故、3人でのインタヴューなのか!? その理由も含め、バンドを終焉へと導いた理由を語っていただいた。

    撮影:菅沼剛弘 / インタビュー:長澤智典
    Photographs by Takehiro Suganuma / Interview by Tomonori Nagasawa

    慶にとっての游彩とは…。
    ――慶さんにとって游彩は、どんな存在のバンドになりましたか? 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。