• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

表紙特集:ナナ / ロングインタビュー①、テーマ別インタビュー、フォトギャラリー #日刊ブロマガ!club Zy.チャンネル
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

表紙特集:ナナ / ロングインタビュー①、テーマ別インタビュー、フォトギャラリー #日刊ブロマガ!club Zy.チャンネル

2018-06-28 18:00
    Q.もし明日死ぬとしたらどうする?

    Chiyu 実家帰るかな、弾丸で。多分今この時間なら新幹線ギリ間に合う(笑)。
    藤原章人(ZeeF) 死ぬほど酒呑むか。
    山沖怜 そうやな、意識なくなるまで呑むか。
    藤原章人(ZeeF) 普段我慢しているずっととってる酒があるねんけど、一気飲みするかな(笑)。
    高い酒を趣味で集めてて、しかもこのお酒は作ってた人が亡くなってしまってもう手に入らないんですよ。
    今では10倍くらいの値段になってて。それを多分一気飲み。
    AKI 何で死ぬかにもよるけど、それだったら今日自殺する。
    SARSHI あー、スロット行くかな。

     山沖怜、SARSHI(HERO、Flutter Echo)、Chiyu(ex SuG、GREMLINS)、AKI(亜季)(Sadie、AXESSORY)、藤原章人(ZeeF)(Flutter Echo)…。時代の急流の中、サバイブし続けてきた連中が、再集結。2002年-2006年に関西を中心に活動をしていたナナが、2018年に入り、再結成することを発表。先日、全17曲入りのアルバム『CALL US』を発売した。
      7月1日には新宿ReNYで活動再開を告げるワンマンライブを実施。9月より、ナナ主催イベント「七色会議」も全国9ヶ所で開催。ナナが何故ふたたび集結したのか、その事情も含め、ナナの周辺事情をいろいろと探ってみた。

    撮影:菅沼剛弘 / インタビュー:長澤智典
    Photographs by Takehiro Suganuma / Interview by Tomonori Nagasawa

    7月1日の新宿ReNY公演は、あくまでもナナの新たなスタートとしてのライブ。
    ――ナナが再結成するに当たっての経緯も聞きたいのですが、その前に、7月1日に新宿ReNYを舞台に行う始動ワンマン公演「UNLOCK THE FUTURE」が目前です。まずは、目の前にせまったワンマン公演へ向けての意気込みから聞かせてください。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。